« 100円ショップで買った手ぬぐい | トップページ | ハチクロ原画展 in 名古屋パルコ(~8/1) »

2004年7月19日 (月)

手ぬぐいで米屋かぶり

メールマガジン『和服の基礎知識』第44号 2004/07/15発行で書いた〈米屋かぶり〉について補足説明します。

手許の資料では〈米屋かぶり〉について文章で説明したものがなくて、絵で見て判断したので勘違いしました。

ようやく見つけた説明文が、goo辞書およびinfoseek辞書の国語辞典『大辞林 第二版』ではこう書かれています。

こめやかぶり 【米屋冠り】 米屋・搗(つ)き屋などの手ぬぐいのかぶり方。頭の前方をすっぽり包み、両端を後ろに回して留める。

しかし、資料の挿絵では〈米屋かぶり〉は手ぬぐいの端が前にきているように見えて、国語辞典の説明文と食い違います。

いろいろ調べてみると、ほとんどの本では〈米屋かぶり〉の説明に「守貞謾稿」の挿絵を使っています。
「守貞謾稿(もりさだまんこう)」は江戸末期の風俗考証家、喜多川守貞(きたがわ・もりさだ)の著作です。江戸と上方を比較し、図版が多く、近世風俗考証の集大成・決定版として現代もなお引用が絶えないそうです。
「守貞謾稿」は現在、『近世風俗志(守貞謾稿)』(喜多川守貞:著/宇佐美英機:校訂)の題名で岩波文庫に収録されています(全5巻)。

近世風俗志(二)』P419に〈米屋かぶり〉の説明がありました。

komeya02.gif
komeya01.gif

手拭のあるひは左あるひは右の端より頭に巻き、上の方を寄せて巻き終りの端前隅を挟むなり。京坂は初め眼を覆うばかりに巻き、被り終りに隅を額に出し、眼を覆ひたるを上に引き返し挟むなり。すなわち上図のごとし。 江戸は初めより目上に巻き被り、終りに前隅を下図のごとく額に挟む。 米屋と云ふことは、図のごとく被りて埃を除くをもっぱらとし、米屋は特に埃多き賈なる故に、専らこれをなす故に名とす。その他にも業に応じてこれをなすなし。

つまり、手ぬぐいの端を頭の前からぐるっと巻いて、終りを前に挟み込む。上方(京都・大阪)では前を眼に被るぐらい深く巻いて、巻き終わったら外に折り返す。江戸では巻き終わりを内側に挟み込む。ということですか。

というわけで『和服の基礎知識』の〈米屋かぶり〉の項目を訂正します。
-------------------------------------
◇米屋かぶり(こめやかぶり)
手ぬぐいの右または左端を額から頭に巻き、巻き終わりを前に挟み込む。上方(京都・大阪)では前を眼に被るぐらい深く巻いて、巻き終わったら外に折り返す。江戸では巻き終わりを内側に挟み込む。
米屋・搗き屋(つきや)などが、精米作業中に頭に糠(ぬか)がかかるのを防ぐためにする手ぬぐいのかぶり方。
米屋冠(こめやかむり)。

|

« 100円ショップで買った手ぬぐい | トップページ | ハチクロ原画展 in 名古屋パルコ(~8/1) »

和服」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/1004350

この記事へのトラックバック一覧です: 手ぬぐいで米屋かぶり:

« 100円ショップで買った手ぬぐい | トップページ | ハチクロ原画展 in 名古屋パルコ(~8/1) »