« 電話勧誘嫌い | トップページ | ミルリトンのつくりかた »

2004年9月11日 (土)

美少年を描いた挿絵画家・伊藤彦造、100歳で大往生

<訃報>伊藤彦造さん100歳=画家

 伊藤彦造さん100歳(いとう・ひこぞう=画家)9日、老衰のため死去。
[Yahoo!ニュース - 人 - 毎日新聞]2004/09/10
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040910-00000091-mai-peo

大正から昭和40年代まで、『少年倶楽部』『少年画報』等で活躍した挿絵画家です。
時代劇の妖艶な美少年を細密ペン画で描いて大人気を博されました。
伊藤一刀斎の末裔で、自ら刀を振るったそうで、剣戟の描写は鬼気迫るものがあります。

つい最近まで生きていたことに驚きました。最初新聞記事を見たときは、同姓同名の画家がいるのかと思いました。

『伊藤彦造イラストレーション』伊藤彦造〈A&Aパブリッシング〉
(在庫切れ)表紙画像が見られます。

『昭和美少年手帖』中村圭子:編集〈河出書房新社/らんぷの本〉
表紙画像(高畠華宵「刺青」)が見られます。
伊藤彦造のほか、高畠華宵、山口将吉郎、山川惣治、石原豪人らが、昭和期の少年・少女雑誌で描いた耽美な美少年画を紹介。弥生美術館で2003年7月~9月に開催した展覧会の図版・解説を収録。

|

« 電話勧誘嫌い | トップページ | ミルリトンのつくりかた »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/1409417

この記事へのトラックバック一覧です: 美少年を描いた挿絵画家・伊藤彦造、100歳で大往生:

« 電話勧誘嫌い | トップページ | ミルリトンのつくりかた »