« 「燃えよドラゴンズ!」が世に出るまで | トップページ | 阪田寛夫詩集〈文庫〉 »

2004年10月 7日 (木)

寺山修司トリビュートアルバム

古いCDを整理したら、こんなものが出てきました。

◆寺山修司トリビュート『失われたボールをもとめて』

1993年にソニーレコードから出た企画アルバムです。
1983年に寺山修司が亡くなってから10年後に、彼に影響を受けたアーティストが作品・歌唱・演奏・朗読を提供して作りました。

◇寺山作詞の歌
「山羊にひかれて」「時には母のない子のように」ほか
片桐麻美・戸川純ほか

◇寺山の短歌・詩の朗読
鈴木惣一朗・辻仁成・大槻ケンヂ・タモリほか

◇寺山に捧げて作られた歌・曲
サエキけんぞう・あがた森魚・山崎ハコほか

----------------------
寺山修司の作品を知らない人は、まずは寺山の書いた言葉を拾い集めた詞華集はいかがでしょう。

◆寺山修司『寺山修司名言集 身捨つるほどの祖国はありや』(PARCO出版)2003年初版

私が好きなのはP108の短歌です。

〈海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手をひろげていたり〉

|

« 「燃えよドラゴンズ!」が世に出るまで | トップページ | 阪田寛夫詩集〈文庫〉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/1619185

この記事へのトラックバック一覧です: 寺山修司トリビュートアルバム:

« 「燃えよドラゴンズ!」が世に出るまで | トップページ | 阪田寛夫詩集〈文庫〉 »