« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月29日 (月)

清原なつの『千利休』買いました

清原なつの『千利休』〈本の雑誌社〉を、11月27日(土曜日)にアマゾンに注文して、本日11月29日〈月曜日)に佐川急便で届きました。
発送の早さに感心しました。アマゾンは日曜日も発送作業しているのですね。

アマゾンの大きな箱にもびっくりしましたが(中身はたった2冊の本なのに)、『千利休』のページ数の多さにびっくり。370ページ以上。ちょっと一日では読めないので、また週末にでも感想を書きます(今週発行のメルマガの原稿をまだ書いてないのです)。

ぱらっと見たら『光の回廊』っぽいかな。千利休の生涯に絡めて、三英傑(信長・秀吉・家康)など戦国時代の有名人がいっぱい出てきます。
表紙がホログラム箔押しで気合入っています。あとがきを読むと、やはり他社での出版計画が頓挫して、ご縁があって本の雑誌社に拾われた本のようです。

《追記》
感想はこちらに書きました。(2004/12/05)
夏貸文庫/清原なつの

| | トラックバック (0)

2004年11月28日 (日)

人名用漢字表の更新

11月19日に総務省行政管理局の「法令データ提供システム」が、平成16年10月1日現在のデータに更新しました。

これで9月27日に改正された「戸籍法施行規則」のデータが更新されました。つまり、新しい人名用漢字の正式なデータがネット上で検索できるようになりました。

「夏貸文庫」の【人名用漢字】のページも更新しました。
ついでに、「旧い漢字の使い方」番外編の新人名漢字の話もHTML文書にしてアップしました。

ところで、「法令データ提供システム」のデータで少し気になったのが「擣」の字。
『官報 平成16年9月27日 号外第213号』に示された字体は〔示壽〕。祈祷の「祷」の旧字体です。
「旧い漢字の使い方~旧字・異体字・俗字~」第248号/2004年9月24日(まぐまぐバックナンバー参照)で説明していますが、「擣」は「うつ、たたく」であり、「祷(いのる)」の旧字体とは関係ありません。
〔示壽〕がパソコンで表示できないため一見似ている「擣」を入れたのでしょうが、説明しないと知らない人は確実に混乱しますよ。だいたい、いまどきパソコンで表示できない漢字を人名漢字に入れるのが考えなしだと思います。

| | トラックバック (0)

ポイント換金に便利なネット銀行

現在、ネット銀行の大手と言うと、ジャパンネット銀行イーバンク銀行の二つが挙げられます。

ネット上のポイントサービスやアフィリエイト報酬をネット銀行の口座に振り込んでもらう場合、どちらが有利か比較してみました。

アフィリエイトはイーバンク不可、ポイント系はイーバンク有利な傾向のようです。

----------------------------------------------------------------------
ジャパンネット銀行有利

フルーツメール〔ポイント〕
郵便局・イーバンクは振込不可。

まぐクリック〔メールマガジン広告代行〕
振込手数料がジャパンネット銀行は52円、三井住友銀行は210円、他行は525円。

A8.net(エーハチネット)〔アフィリエイト〕
イーバンクは振込不可。

トラフィックゲート(Traffic Gate)〔アフィリエイト〕
ジャパンネット銀行は振込手数料無料。郵便局振込不可。

----------------------------------------------------------------------
イーバンク銀行 有利

Chance It!(チャンスイット)〔ポイント〕
現金振込がイーバンクのみ

ちょびリッチ.com〔ポイント〕
振込手数料がイーバンク無料・ジャパンネット銀行50円、郵便局および他金融機関150円。

ライフマイル〔ポイント〕
現金振込がイーバンク、みずほ銀行インターネット支店のみ

mp@ck〔アンケート〕
ジャパンネット銀行(最低交換/1000ポイント、2ポイント=1円単位)
イーバンク銀行(最低交換/500ポイント、2ポイント=1円単位)

Warau.jp(笑う懸賞生活)〔ポイント〕
現金振込がイーバンクのみ

yosoo.net(予想ネット)〔ポイント〕
イーバンクは即日、ジャパンネットバンクは翌月振込み

----------------------------------------------------------------------
◆同条件
ECナビ〔ポイント〕
ジャパンネット銀行/イーバンク銀行/みずほ銀行インターネット支店 ポイント交換手数料 50円

iMiネット〔アンケート〕

マクロミル〔アンケート〕

ネットマイル(Net Mile)〔ポイント〕

OPT CLUB〔ポイント〕
振り込み手数料/郵便局130円・銀行800円

プライズ・プライズ(Prize-Prize.com)〔ポイント〕

◇amazonアソシエイト〔アフィリエイト〕
銀行振り込み1万円以上/アマゾンギフト券1500円以上
トップページ下部にある「アソシエイト・プリグラム」のリンクより入る
amazonアソシエイト

----------------------------------------------------------------------
◆現金交換無し

★チャンス2メール(Chance 2 Mail)〔ポイント〕
賞品・金券と交換

So-net クリックモニター(ClickMonitor)〔アンケート〕
商品券・Gポイントと交換。So-netこんてんつコース(無料)登録が必要。

ドリームメール(Dream Mail)〔ポイント〕
賞品・金券と交換

Gポイント(G Point)〔ポイント〕
他サービスのポイントと交換

5050jp〔ポイント〕
ポイントで賞品・賞金抽選。

活力ネット〔アンケート〕
賞品交換。

たのしメール〔広告メール〕
〈Chance it!〉 の姉妹サイト。スピードくじつきのメールが届く。

MY DIRECTORY(MYD)
〔ポイント〕
賞品・金券と交換

マイポイント(My Point)
〔ポイント〕
Gポイントなど他サービスのポイントと交換

My Voice〔アンケート〕
金券と交換。 ※月初めに定期アンケートあり

ポイントメール〔ポイント〕
賞品・Gポイント・ネットマイルと交換

ポイン塔〔ポイント〕
賞品・Gポイントと交換

メールイン〔広告メール〕
ポイント無し。プレゼントの抽選あり。

Q-VOICE〔アンケート〕
金券・ネットマイルと交換

| | トラックバック (0)

2004年11月27日 (土)

フルーツメールビンゴ

フルーツメールのビンゴに当たりました。3ヶ月ほどやってて、フルーツメールのビンゴは初めて当たりました。
ビンゴに当たったら最低でも100ポイント、運がよければ10,000ポイントもらえます。抽選結果発表の12月6日が楽しみです。

フルーツメール……BINGO (月曜~金曜)

ほかにも、毎日サイトでビンゴゲームをしているポイントサービスがあります。

ちょびリッチ.com……BINGO(月曜~日曜)
懸賞ポイントサービス ちょびリッチ.comは、キャッシュバック(ポイントを現金に交換)をすぐにしてもらえます(1,000ポイント以上)。
Gポイントとポイント相互交換できます。

5050jp……BINGO (火曜~月曜)
サイトに毎日通うと、ビンゴのほかにスゴロクやアンケートで簡単にポイントが貯められます。
5050jpは、集めたポイントを利用してイベントに参加し、賞品や賞金を獲得するという懸賞サービスです。ポイントと現金・商品との直接交換しません。

| | トラックバック (0)

2004年11月26日 (金)

秋のスミレ

路傍で狂い咲きのスミレを見つけました。

スミレは、またに一輪だけ寒い季節に咲くことがあります。
去年の冬も2ヶ所で見かけましたが、カメラがなくて残念でした。

今年は携帯電話(Docomo FOMA N900iS)のカメラで撮影しました。
images/autumnviolet

さて、携帯電話で撮った画像はminiSDメモリカードに保存して、まとめてパソコンに転送しています。

そのとき便利なのが、miniSDメモリカードリーダライタ。
リーダライタにメモリカードをさして、パソコンのUSBスロットにさしこむと、すぐに外部記憶装置として認識され、データを一度に転送できます。

私が使っているのは maxell のminiSDメモリカードリーダライタ〈UA20-MINISD〉です。
あと、パソコンのUSBスロットが背面にあって使いにくいので、USBハブをつなげています。


USB対応・miniSDメモリカードリーダライタ〈UA20-MINISD〉maxell


【楽天市場】ワザあり買い物大事典


コンパクトUSBハブ(2ポート)〈USB-HUBN12CBL〉サンワサプライ


【楽天市場】サンワダイレクト

| | トラックバック (0)

2004年11月24日 (水)

安野光雅『石頭コンピューター』

安野光雅さんの新刊です。

石頭コンピューター』安野光雅:著/野崎昭弘:監修〈日本評論社〉

わが友石頭計算機』をもとに新たに編集した、コンピュータの原理についてのエッセイです。絵本のような大判ですが、文章がメインです。
もとの本に収録されている、ししおどしの話で二進法を説明する「ハードウェア」、魔女裁判プログラムの「ソフトウェア」、「ロボット」のほか、2000年問題を振り返る「コンピューターの時代」の4章からなります。かなり書き足しがあります。
監修の野崎昭弘さんは『赤いぼうし』で安野さんと一緒に絵本を作っていらっしゃいます。
その他の安野さんの著作については【夏貸文庫/安野光雅/絵本】参照

-----------------------------------------------------
2004/08/24の「小川洋子作品リスト」に3冊追加。
右月左月: August 2004 バックナンバー

今発売中の「日経エンタテイメント12月号」で『博士の愛した数式』の担当編集者のインタビューが載っていました。
小川さんが書いたエッセイに興味を持った編集さんが、その老人の話を小説にすることを勧めたのが『博士の愛した数式』執筆のきっかけだそうです。
優秀な編集さんの働きかけで、私たちがこんな素敵な小説を読むことができたのですね。

《2004/11/23追加/小川洋子新刊》
『まぶた』〈新潮社文庫〉2004.11初版/単行本 2001.03 新潮社
『やさしい訴え』〈文春文庫〉2004.10初版/単行本 1996.12 文藝春秋
『完璧な病室』〈中公文庫〉2004.11初版
※中公文庫版『完璧な病室』は、『完璧な病室』(単行本1989.09/文庫1991.12福武書店刊行)と『冷めない紅茶』(単行本1990.08/文庫1993.06福武書店刊行)を再編集。

| | トラックバック (0)

2004年11月23日 (火)

携帯電話紛失……2

11月20日に書いた「携帯電話紛失……」の続き。

落として紛失した、携帯電話(N900iS)の電池カバー(リアカバー)を、ドコモショップの修理窓口に取り寄せを頼んでおきました。

今日の午前中に品物が届いたと電話連絡があり、午後ドコモショップへ行きました。
先週の木曜日の午後に注文を出して、土日はさんで火曜日の朝到着なら思ったより早くてほっとしました。
代金は400円(+税)でしたが、たまっていたドコモポイントを使えたのでお金を払わずに済みました。

リアカバーがないと内部の基盤がむき出しで、うっかりぬれた手で触ったり、ほこりが入ったら故障するのではと心配していました。これで安心して携帯電話を持ち歩けます。

携帯電話に気軽に触れない期間、ひさしぶりに外出先で本を読んでいました。
携帯電話なら少々暗いところでも読めるし、好きなコンテンツをその場で選べる利点があります。紙の本は読みたいと思ったときに読みたい本を持ち歩いていなかったり、読みたい本が重くてバッグに入らなかったり不便な点があります。
でもやっぱり、紙面の読書は液晶画面より頭に入ります。

| | トラックバック (0)

2004年11月22日 (月)

ブログ増やしました

あたらしく別のブログを書き始めました。

縮緬雜魚~ちりめんじゃこ~
着物・和装小物・和風雑貨の懸賞情報

着物(きもの)・和服・和装小物・和風の小物・雑貨の懸賞情報。また管理人の気に入った商品の紹介などを書き散らしていきます。

◇料金が無料
◇アフィリエイトOK
◇そこそこ有名(検索に有利)
という条件で探したら、livedoor Blog になりました。

ネットショップの商品とかネットサービスの紹介って、「右月左月」では書きづらく感じていました。ここでは金儲けより、自分の好きなことを書きたいと考えていますから。私の書きたいものの読者と、ネットショップで買い物する客層とは違う気がしています。

「縮緬雜魚」は気兼ねなくお得情報をおすすめできる場にしたいと目論んでいます。

| | トラックバック (0)

2004年11月20日 (土)

携帯電話紛失……

携帯電話を街中で紛失しました。
翌日、落とした付近の交番に相談に行って、そこから本署に電話してもらい拾得されていることを確認しました。

生まれて初めて警察署の中に足を入れました。
「会計課」というところで、書類に住所・氏名・電話番号を書いて印鑑を捺して、身分証明書を見せたらすぐに返してもらえました。

印鑑と身分証明書をつねに持ち歩いていて正解でした。
運転ができないのに原付バイクの免許取った理由は、携帯できる身分証明書が欲しかったからです。(原付は学科試験ができれば実技試験なしで免許もらえるのです)

戻ってきた携帯電話は、電池カバーを紛失して表面に傷がつきましたが、中身と液晶は無事でした。

もし紛失したままだったら、電話回線を解約して、新しい電話を契約して電話機を買って、新しいアドレスを周囲に通知することになります。
手痛いほど労力と金銭がかかります。

少々の傷と電池カバー(取り寄せ数日+実費500円)で済むなら、ずいぶん運がよかったと納得しましょう。

| | トラックバック (0)

2004年11月13日 (土)

ギザ十アンケート結果

先週お願いしたアンケートの結果が出ました。
155名の方に回答いただき、ありがとうございました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
質問:ギザ十(周囲にギザギザが刻んである十円玉。昭和26年~33年に発行)をつり銭でもらったらどうしますか。

友達に見せびらかす …………………………( 6票) 4%
貯金する ………………………………………(47票) 30%
古くて気持ち悪いので早く使ってしまう ……( 2票) 1%
特別に気にしない ……………………………(89票) 57%
その他 …………………………………………(11票) 7%
結果を見る

協力:クリックアンケート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントボードのご意見で教わりましたが、ギザ十は自動販売機で使えないそうです。これははじめて知りました。

ギザ十を貯金していても、何かの機会に手放すことも多いようです。
今年は中越地震や台風被害の義捐金などに募金する人もいるでしょう。
そういう募金に出されたギザ十が市場に出回っているため、最近よく見かけるのかもしれません。

……………………………………………………………………………………………

貨幣を集めるといえば、五円玉をひもでつなげて作った鶴亀とか打ち出の小槌の置物が、銀行や郵便局の窓口に飾ってあったりしませんか。

その「五円玉手芸」の通信教育の講座があります。

◇【がくぶん総合教育センター】「開運・五円玉手芸」製作講座

他にもビーズアクセサリーや胡弓(二胡)の講座もあります。

◇【がくぶん総合教育センター】通信教育

| | トラックバック (0)

2004年11月 7日 (日)

ココログアフィリエイトとAmazonアソシエイト

「アフィリエイト」は自分のホームページやブログからリンクした商品が売れれば、売り上げの数%が報酬として支払われる広告プログラムのことです。
11月4日から、ココログでアフィリエイトを手軽にできる「ココログアフィリエイト」がはじまりました。

しかし、その説明文で少し悩まされました。
「ココログアフィリエイトで Amazon アソシエイト・プログラム を利用するには、事前にココログプラス/プロへのプラン変更が必要です。」
ココログ通信:アフィリエイト特集 STEP2
などと書かれていると、無料のココログベーシックではAmazonアソシエイトができなくなるのかとあせりました。
9月から「まぐまぐ」で発行するメールマガジンでAmazonアソシエイトのリンクを貼ると、http://~の ":" を抜いてhttp /~にされるといういけずをされているので、ココログベーシックの記事でAmazonアソシエイトのリンクを貼るとエラーにされるのかと思いました。

しかしよく読むと「ココログ」と「ココログアフィリエイト」は別物のようです。ココログベーシックでAmazonアソシエイトのリンクを貼ることに支障はないようです。

うちはずっとホームページとメールマガジンでAmazonアソシエイトをやっていますが、半年で紹介料が2000円もらえるかどうかぐらいです。月にすれば300円そこそこ。とてもココログプラス(税込473円/月)のもとはとれません。今までどおりAmazonアソシエイトがつかえるなら、それ以上楽をしようとは望みません。
「ココログアフィリエイト」は使えなくていいから、しばらくはココログベーシックでいきたいと思います。しかしココログの記事は意外と容量をとるので、いずれは容量の多い有料のココログプラス/プロに移るかもしれません。

| | トラックバック (0)

2004年11月 4日 (木)

清原なつの『千利休』11月下旬発売予定

「本の雑誌社」からのお知らせメールで、清原なつのさんのまんが『千利休』新刊予約のご案内が届きました。
数年前に雑誌「ダヴィンチ」で、千利休の伝記漫画を描くとおっしゃっていましたが、とうとう発売が決まりました。11月下旬に書店搬入だそうです。

数年ぶりの新作コミックスでとても楽しみです。近年ハヤカワ文庫から過去の作品が文庫化されたり、今年の夏に「野性時代」に短編を描いたりしていましたが、『千利休』は話が流れたのかとあきらめかけていました。本の雑誌社から出すとは意外でした。「本の雑誌」には以前「今年のベストテン」か何かで文章を寄せたことがあるので、おつきあいはあったはずです。

私が最初に買った清原さんのコミックスは『飛鳥昔語り』で、彼女の描く歴史物がものすごくつぼに入ってファンになりました。
清原さんのこれまでの作品については【夏貸文庫/清原なつの】のページでご紹介しています。

《追記:2004/11/13》
「本の雑誌」12月号P19に『千利休』の広告が載りました。

本の雑誌社のサイトにも紹介ページができました。
本の雑誌社 最新刊のご紹介

| | トラックバック (0)

2004年11月 2日 (火)

「ギザ十」をもらったらどうする?

最近、気がつくとギザ十(ぎざじゅう)が財布に入っています。
私はギザ十が手に入ると珍しくて貯金箱にためているのですが、いい年してギザ十を集める人は少ないだろうなと、ふと気づきました。

というわけで、アンケートを用意しました。
おひまでしたら下のリンクから「クリックアンケート」のサイトで回答してください。
----------------------------------------
ギザ十(周囲にギザギザが刻んである十円玉。昭和26年~33年に発行)をつり銭でもらったらどうしますか。
Powered By クリックアンケート
----------------------------------------
「ギザ十(ギザ10)」は、昭和26年から33年まで発行されていた十円玉(10円青銅貨幣)のことです。
現在の十円玉とほぼ同形ですが、周囲のふちにギザギザが刻んであります。
昭和34年以降は現在のギザ無に変更されました。

【年銘別貨幣製造枚数】ギザ付10円青銅貨幣
(独立行政法人 造幣局 データ)
http://www.mint.go.jp/data/page01-1.html

昭和26年/101,068 枚
昭和27年/486,632 枚
昭和28年/466,300 枚
昭和29年/520,900 枚
昭和30年/123,100 枚
昭和31年/ 0 枚
昭和32年/ 50,000 枚
昭和33年/ 25,000 枚
────────────
合計   1,773,000 枚

| | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »