« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月28日 (金)

鳥の名を持つ色たち

◆鳥の名を持つ色たち

詳細はメールマガジン『旧い漢字の使い方~旧字・異体字・俗字~』2005年1月28日号にて。

 ときいろ(鴇色・朱鷺色)……明るい紫みの赤。紫がかった薄紅色。
■■ すずめちゃ(雀茶)……くすんだ黄赤。茶褐色。
 とびいろ(鳶色)……暗い黄みの赤。茶褐色。
 たまごいろ(卵色・玉子色)……明るい赤みの黄。
 とりのこいろ(鳥の子色)……黄みの白。淡い黄色。
 うぐいすいろ(鶯色)……くすんだ黄緑。暗い萌黄色。
 うぐいすちゃ(鶯茶)……暗い灰みの黄。褐色がかった黄緑色。
 ひわいろ(鶸色)……つよい黄緑。黄色のつよい萌葱(もえぎ)色。
 はとばいろ(鳩羽色)……くすんだ青紫。紫がかった灰色。
■■ やまばといろ(山鳩色)……黄緑みの灰色。青みのある黄色。
 ぬればいろ(濡羽色)……つやのある黒。青みのあるつややかな黒色。
 るりいろ(瑠璃色)……こい紫みの青。紫みをおびたあざやかな青。
■■ ひすいいろ(翡翠色)……くすんだ青みの緑。深みのある青緑。

《外来語由来の色名》

■■ フラミンゴ(flamingo)……明るい黄みの赤。黄みをおびた薄紅色。
■■ レグホーン(leghorn)……やわらかい黄。黄みをおびた白色。
■■ カナリーイエロー(canary yellow)……明るい緑みの黄。わずかに青みをおびた黄色。
■■ ピーコックグリーン(peacock green)……あざやかな青緑。
■■ ピーコックブルー(peacock blue)……濃い青緑。
■■ ダックブルー(duck blue)……あざやかな青緑。
■■ ダブグレー(dove grey)……紫がかった灰色。

※色見本が2種類提示してあるものは、前者は『新版 色の手帖』〈小学館〉、後者は『和の色手帖』〈グラフィック社〉のデータを使用しています。

※関連サイト
 『彩識風信』バックナンバー

| | トラックバック (0)

2005年1月23日 (日)

アクアッシュ〈日本の伝統色〉

地元のデパートが2月に完全閉店するので、今棚ざらえをしています。いろんな商品が割引価格からさらに3割引とかになっています。
そんななか、文具売り場で「アクアッシュ(日本の伝統色)12色セット」を買いました。

アクアッシュはぺんてるから発売している水彩色鉛筆です。
普通の色鉛筆のように描き込むほか、付属のみず筆でにじませたり、水彩絵の具のような使い方もできます。

色は全24色の「スタンダード」と、全12色の「日本の伝統色」があります。
(セット売り、ばら売りあり)

スケッチセットはアクアッシュのほか、みず筆、鉛筆削り、鉛筆、筆ペン(顔料インク)、パレット、スポンジが入っています。このセットで手軽に絵手紙が描けます。

定価3,200円(税抜)の品が、叩き売りで1,455円(税込)。
数年前から買おうか迷っていましたが、この値段なら大満足です。

ぺんてる-アクアッシュ日本の伝統色
メーカーの商品紹介

アクアッシュ 日本の伝統色12色 GSK2W-12
http://www.rakuten.co.jp/voice/498972/499073/518059/#475178
【楽天市場】色工房 voice

| | トラックバック (0)

2005年1月21日 (金)

君のために強くなる

私のテーマ曲というか、応援歌です。

「緑の日々」。小田和正さんのオフコース時代の名曲です。
(小田さんのソロアルバム『自己ベスト』にも収録されています)

自分の未熟さ、至らなさに落ち込んで何も手につかなくなるとき、この歌のサビの部分を頭の中で繰り返しています。

♪ 君のために 強くなる
  僕には もうなんの迷いもない ♪

大切なものを守るために強くなる。迷っている暇はない。
今はまだ未熟でも、全てを任せてもらう信頼に足る力をつける。

シンプルだけど力強い言葉に励まされます。

| | トラックバック (0)

2005年1月17日 (月)

豊川稲荷の霊狐塚

reikoduka 今年の初詣で、初めて愛知県豊川市の豊川稲荷に行きました。

写真は豊川稲荷境内奥にある「霊狐塚(れいこづか)」です。
信者の方々が奉納した狐の石像が、うっそうとした木々の間にいっぱい並んでいてちょっと壮観でした。

他にも、高さ2mぐらいある大きな石碑や、道の両脇に狛犬のように並んでいるお狐さんなどもかなりたくさん奉納されていました。

| | トラックバック (0)

2005年1月16日 (日)

『新雛形ぽち袋―しゃれ紋・歌舞伎・変わり折り』

『和服の基礎知識』 2004/12/23号で紹介した『新雛形ぽち袋―しゃれ紋・歌舞伎・変わり折り』 マール社編集部〈マール社〉(2004年12月新刊)を買いました。

メルマガで紹介した時点では実物を見ていませんでした、年が明けてから書店で実際に手にとって早速購入しました。
マール社は美術・デザイン関係でいい本を出しているので大丈夫だと思っていましたが、実際に読んでみると予想以上に私好みです。

日本の伝統的な家紋・文様、江戸時代の版画、歌舞伎の舞台写真などを素材にして新しくデザインしたぽち袋を紹介しています。それぞれの素材について解説文がついています。
ぽち袋はすべて実際に切り取って使えますが、使うならもう一冊買わないと。

「しゃれ紋」は家紋に色をつけたり他の要素を組み合わせた遊び用の紋。主に女性向け。
「歌舞伎」では江戸時代の役者絵や現代の舞台写真などと組み合わせ、歌舞伎の有名な演目のストーリーやヒロインを紹介しています。
他に歌川国芳の擬人化した動物の版画、文様など、ぽち袋の裏まで遊び心が入っています。

このぽち袋のデザインがすごく素敵です。うちの左上に置いてある「むかいうさぎ」がかわいいと思う人なら、とても気に入ると思います。
解説文も面白く読ませていただけます。歌舞伎俳優の中村芝雀さんによる「歌舞伎デザイン」という小文もあります。

本の装丁は、手を広げたぐらいの大きさのちょっと変わった版形。色使いも素敵だし、ぱらぱら見るだけでも楽しい絵本になっています。

| | トラックバック (0)

2005年1月15日 (土)

ハンズ文具券が使えるのは今年3月まで

東急ハンズの文具売り場では、1000円買い物をすると50円の割引券がもらえました。しかし平成16年3月で割引券の発行を終了し、今年平成17年3月31日で使用も終了すると、東急ハンズのサイトハンズWebで広報されていました。

私も100円分の割引券がまだ残っているので、JR名古屋高島屋の東急ハンズで使ってきました。
買ったのはハンズセレクト「クロッキー帳S」(税込み325円)。212×242mmというB5に近い大きさで、紙質は厚手のコピー用紙みたいで書きやすくて気に入っています。これに0.9mm芯の製図用シャープペンシルや、筆ペンなどで描き散らします。

ふだん気づいたことはパソコンに文章で書き留めますが、たまに手書きでスケッチするのも楽しいです。
何か特別なものでなくても、目の前にある箱を鉛筆で陰影を付けて描くだけでも面白いです。自分の思った線が引けるのはなかなか快感です。

いろいろなペン先
【楽天市場】ペン:コミック画材通販 Tools楽天shop

『スーパー鉛筆デッサン』 わかりやすい基本の基本徹底ガイド
絵画技法研究会:著〈グラフィック社〉
物を線でなく質感で捉えるデッサンの基本を教えてくれます。石膏、静物、人物など。

『やさしい人物画』 人体構造から表現方法まで
A・ルーミス:著/北村孝一:訳〈マール社〉
人間の骨格・筋肉を理解して人物画を描く基本を教えています。スケッチの実例多数。モデルがアメリカ人なので日本人よりメリハリがついています。

『誰でも描ける20分間人物スケッチ勉強法』 鉛筆と淡彩で身近な人を楽しく描こう!
服部久美子:著〈日貿出版社〉
日本人による、着衣の人物をすばやく的確にスケッチするコツ。鉛筆の線と淡い水彩絵の具で素敵な作品が描けそうな気になれます。

| | トラックバック (1)

2005年1月10日 (月)

「左○右○」、「右○左○」

先日書いた「左見右見」に関連して、「右」と「左」を使う四字熟語を『広辞苑 第五版 CD-ROM版』から拾ってみました。

《左○右○》
◇さていゆうけつ【左提右挈】
[漢書張耳伝]手をひいて互いに助けあうこと。協力しあうこと。

◇さぶんゆうぶ【左文右武】
(→)右文左武に同じ。

◇さほうひつ【左輔右弼】
[孔叢子論書]君主の左右にあって政治をたすける臣。輔弼(ほひつ)の臣。

《右○左○》
◇ゆうぶんさぶ【右文左武】
文と武の両方を重んずること。文と武とを兼ねそなえること。

◇うこさべん【右顧左眄】
(右をふりむき、左をながし目で見る意)
人の思わくなど周囲の様子を窺ってばかりいて決断をためらうこと。左顧右眄。

◇うおうさおう【右往左往】
(ウオウザオウとも)
秩序なくあちらへ行ったりこちらへ行ったりすること。混乱の状態などにいう。

----------------------------------------------------------------------

「左右」の読み方には、「さゆう」「みぎひだり」のほか「そう」「もとこ」という読み方も載っていました。

◇さゆう【左右】
(1) ひだりとみぎ。
(2) ひだりやみぎ。はっきりしないこと。「言を左右にする」
(3) 身のまわり。そば。また、そば近く仕える者。側近。
(4) 能や狂言の動作の一。左手をさし出して左へ、右手をさし出して右へ出る。歩数が多いのを大左右という。
(5)(年齢などが)それに近いこと。ばかり。

◇ひだりみぎ【左右】
(1) 左と右。さゆう。
(2) 左と右と位置の転倒していること。

◇そう【左右】
(1) みぎとひだり。さゆう。かたわら。
(2) とかくのしらせ。たより。
(3) かれこれと言うこと。とやかく言うこと。
(4) 決着。決定。
(5) さしず。命令。

◇もとこ【左右】
(「許処(もとこ)」の意)
もと。かたわら。側近。

▽もとこひと【左右人】
もとこに侍る人。侍者。

「右左」の読み方には、「みぎひだり」のみです。

◇みぎ‐ひだり【右左】
(1) 右と左。
(2) 即座にやりとりすること。右から左。
(3) 右と左とを取り違えること。「靴が右左だ」

| | トラックバック (0)

2005年1月 9日 (日)

パソコンで使えない人名用漢字

人名用漢字に関して興味深い資料をネットで見つけました。

◆人名用漢字に対するJIS漢字コード表の対応状況の公表について(JISC-日本工業標準調査会)
http://www.jisc.go.jp/tpk/041221kanjicode.htm

戸籍法施行規則に規定される人名用漢字に対する、JIS漢字コード表の対応状況について経済産業省からの報道発表です。(平成16年12月21日)

2004年に改訂された人名用漢字(983字)と、現在のJIS漢字コード表(JIS X 0213)の水準との関係についてまとめてあります。

JIS第1水準中の人名用漢字…685字
 〃 第2水準   〃   …191字
 〃 第3水準   〃   …107字
 〃 第4水準   〃   …  0字

※現行のJIS漢字コード表
◇JIS X0208「7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化漢字集合」
……第1水準漢字及び第2水準漢字(合計6,335文字)1978年制定。現在一般に普及している。

◇JIS X0213「7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化拡張漢字集合」
……JISX0208に、第3水準漢字及び第4水準漢字を加えた拡張規格(第1~第4の総計10,050字)。2000年制定、2004年2月改正。

現在はまだJIS X0208(第1水準及び第2水準漢字)しか使えない情報機器(パソコン・携帯電話など)が多いので、第3水準に含まれる107字の人名用漢字は情報のやり取りがすんなりできないことになります。(メールマガジンで使うと機種依存文字扱いされて「?」マークに文字化けすることがあります)
つまり、パソコンで使えない(正しい字体を表示できない)人名用漢字が107字もあるということです。

さらに詳細な資料はこちらからPDFファイルがダウンロードできます。

◇人名用漢字に対するJIS漢字コード表の対応状況の公表について報道発表(METI/経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/20041221008/20041221008.html

こちらからリンクしているPDFファイル(49ページ分)には、具体的な人名用漢字の字体の違い、人名用漢字を情報機器で使う場合に予想される疑問に対する経済産業省の回答が掲載されています。

※JIS漢字コードは工業規格なので経済産業省、人名用漢字は戸籍法によるので法務省の管轄です。

| | トラックバック (0)

2005年1月 8日 (土)

キーワード「人名用漢字」

私の管理する『夏貸文庫』内のアクセス状況を見たら、最近は「人名用漢字」のページのアクセスが非常に多いのが目に付きました。

2005年1月8日現在、「人名用漢字」で検索すると、Google ではうちの「夏貸文庫」が13位ぐらいに来ます。

ふと、他の検索エンジンで調べてみたら、ヤフーの《ページとの一致》と、フレッシュアイで「人名用漢字」をキーワードに検索すると、『夏貸文庫』が2位に来ます。

少し前はGoogle以外の検索エンジンでは『夏貸文庫』はあまりひっかからなかったのに、驚きました。

11月の末にページの更新をして、自分のメールマガジン(『旧い漢字の使い方~旧字・異体字・俗字~』)とブログ(右月左月)で宣伝しただけですがね。

参考になるサイトの記事が検索エンジンでヒットするのはありがたい。
役に立たないブログの記事ばかりひっかかる、使えない検索エンジンもありますからね。

| | トラックバック (0)

2005年1月 7日 (金)

カルビーのじゃがりこ、カロリー減らしました。

最近買った〈カルビー〉じゃがりこ・サラダ味のパッケージを見たら、「1カップ200Kcal」と書いてありました。
あれ、前は1カップ300Kcalぐらいあったはずですが、量を減らしたのでしょうか。

調べてみたら、以前は1カップ63g入で315kcalだったようです。
(参考サイト:ダイエットをするなら - gooダイエット

それが新しく1カップ40g入で200kcalになりました。
量もカロリーも3分の1減とはずいぶん大胆ですね。

おやつとして食べるには200kcalの方が気軽に手が出せますが、これが以前と同じ値段で売られているのはなんか損した気分になります。

じゃがりこ・サラダ味はコンビニだと128円ぐらいするので、いつも100円ショップで買い置きしています。
量が減ったのならコンビにでも100円ぐらいで買えたらいいのにと思います。

《追記:2005/01/07》

コンビニで売っているじゃがりこを確認してきました。
65g入145円になっていました。
「New」の表示とともに、微妙に増量されてます。

パッケージは似ていますが、100円ショップ向け商品は量を減らして包装しているのですね。

| | トラックバック (0)

2005年1月 3日 (月)

ロングライフデザイン賞の電池チェッカー

グッドデザイン賞のサイトを見ていたら、私も使っている黄土色の電池チェッカーが2004年度の「ロングライフデザイン賞」を受賞していました。

グッドデザイン賞(2004年度)
ロングライフデザイン賞(2004年度)

 受賞番号:93C0274
 電池チェッカー
 National FF-991P
 松下電器産業株式会社

商品の販売時期は1993年2月。
私が買った日付は1998年で、まだブランドは「Panasonic」でした。

 ※松下電器産業の商品のうち、家事・調理・空調などには「National(ナショナル)」、
  映像・音響・通信などには「Panasonic(パナソニック)」のブランド名が使われています。

お気に入りが立派な賞をもらってうれしいので、楽天市場かアマゾンの商品を紹介しようと探したのですが、どうも現在は市販していないようです。
「National FF-991P」でくぐっても、「GOOD DESIGN AWARD(グッドデザイン賞)」のページしか引っかかりません。

いまどき、電池チェッカーなんて100円ショップの安物で十分なのかもしれません。
「FF-991P」は見た目がかっこいいし、使い勝手もよくてずっと愛用しているのですが、売れないのですか。ちょっとがっかりしました。

| | トラックバック (0)

2005年1月 2日 (日)

左見右見(とみこうみ)

「左見右見(とみこうみ)」。
『こんなにも微妙な日本語』日本語表現能力研究会:編〈学習研究社〉で見つけた言葉です。うちのココログのタイトルが「右月左月」なので、「右」と「左」が並んだ言葉にはつい目を止めます。

◆とみ‐こうみ【と見こう見】
(トミカクミの音便)
あちらを見たり、こちらを見たり。(一説に、ミは並列を表す接尾語)
『広辞苑 第五版 CD-ROM版』より)

広辞苑では「と見こう見」という見出しになっていますが、多くの辞書では「左見右見」という表記が使われています。
「左見右見して歩く」などの使われ方をします。

似た言葉で「ためつすがめつ」があります。

◆ためつ‐すがめつ【矯めつ眇めつ】
(ツは助動詞)
いろいろの向きから、よくよく見るさま。とみこうみ。

「ためつすがめつ」の説明に「とみこうみ」が入っていますが、微妙に使い方が違います。

「左見右見」は自分を中心に周囲をいろいろ見回す。(外へ向かう)
「矯めつ眇めつ」は見る対象をいろんな角度からじっくり見る。(内へ向かう)
古い言葉ですから、だんだん使い方が変化しているのかもしれません。

ところで私は「ためつすがめつ」が言えません。「ためすがめつ」で覚えてしまいました。そうか、「つ」を入れないといけませんね。

| | トラックバック (1)

2005年1月 1日 (土)

プロフィール画像変更

明けましておめでとうございます。

新年になって気分を変えようと、ココログ左上のプロフィール画像を変更しました。

私の中で「右月左月(うづきさつき)」はこういう双子の兎をイメージしています。

もとになる画像は『日本の家紋』〈青幻舎〉の「363 向イ兎」。読みは「むかいうさぎ」。「向い兎」「向かい兎」「対い兎」と書くこともあります。
これに『常用字解』白川静〈平凡社〉からスキャンした「右」と「左」の篆文を重ねて、色をつけました。

《追記 2005/01/04》
「むかいうさぎ」は「対い兎」が正しいようです。

紋で言う「対い(むかい)」は二つの模様がむかいあう形で、「真向き」(正面から見た形)と区別するために「対」の字を使う習慣があるそうです。
(参考文献:『家紋の話-上絵師が語る紋章の美-』泡坂妻夫〈新潮選書〉 P203)

泡坂妻夫氏は直木賞も受賞したプロのミステリ作家である一方、家業の「紋章上絵師(もんしょううわえし)」(家紋を紋服に書き入れる仕事)を数十年続けていらっしゃる方です。『家紋の話』は文章は巧いし、知識は確かだし、家紋の図版もきれいです。

| | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »