« 『音楽の正体』その後 | トップページ | 座敷わらしが出た!! »

2005年3月19日 (土)

『向田邦子の手料理』

『向田邦子の手料理』向田和子:監修と料理〈講談社〉を読んで、「じゃが芋ドイツ風」を作ってみました。

ジャガイモを半分に切ってから厚さ6~7mmに切って、柔らかくゆでておく。その間にくし切りのタマネギと適当に切ったベーコンとサラダ油をフライパンで炒める。タマネギがしんなりしたらゆでたジャガイモを加え、塩コショウで味付けして、酢を少々まわしかける。

ジャガイモ・タマネギ・ベーコンだけでも美味しいですが、酢を加えるとドレッシングをかけたみたいでさらに美味しくなります。ポテトチップスのサラダ味が好きな人におすすめです。

『向田邦子の手料理』は、向田さんのエッセイ・小説から食べ物に関する文章を集めたり、向田さんが作ったり食べたりするのが好きだった料理をレシピとカラー写真で紹介しています。普通の家庭料理中心で、おかずを考えるのに参考になります。向田さんの写真や、ご友人の寄稿文も載っています。

|

« 『音楽の正体』その後 | トップページ | 座敷わらしが出た!! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/3358827

この記事へのトラックバック一覧です: 『向田邦子の手料理』:

« 『音楽の正体』その後 | トップページ | 座敷わらしが出た!! »