« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月30日 (月)

ネットアンケートで図書券500円分

A・roundアンケートから、アンケートの謝礼で図書券500円分を郵送していただきました。
今月は「本の雑誌」のアンケートで図書券2500円分(+掲載誌)いただきましたし、Yahoo!リサーチからぱるる口座に150円振り込まれましたし、適当に作ったミルクゼリーが美味しかったし、ちまちまといいことがあってうれしいです。
このところ、自分の要領の悪さにちょっとへこんでいました。でも、自分の書いたものや作ったものが小さな成果を出しているのを見て、立ち直る気力が出てきました。

| | トラックバック (0)

2005年5月24日 (火)

『清原なつの忘れ物BOX(1)(2)』

『清原なつの忘れ物BOX(1) サボテン姫とイグアナ王子』
『清原なつの忘れ物BOX(2) 二十歳のバースディ・プレート』
清原なつの〈本の雑誌社〉A5判サイズ

清原さんの新刊コミックス出ました。本日24日、名古屋駅地下の三省堂書店にどんと平積みされていました。
お知らせメールでは取次搬入が5月25日の予定でしたので、店頭に並ぶのは26日以降かと思いましたが意外と早かったですね。
単行本未収録作品をコンプリート。1990年代に雑誌に掲載された作品と、1970年代に描いた同人誌掲載の作品では絵柄にすごい差があります。(古いのは原稿がなくて掲載誌から複写したため画面が粗いこともありますが)(2)の巻末に「清原なつの作品リスト&単行本リスト」付き。
収録作品や詳細な感想は、じっくり読んでから夏貸文庫の方で更新します。

| | トラックバック (0)

2005年5月23日 (月)

『値段の明治大正昭和風俗史(上・下)』朝日文庫

『値段の明治大正昭和風俗史(上)』
『値段の明治大正昭和風俗史(下)』
週刊朝日:編〈朝日文庫/朝日新聞社〉

明治・大正・昭和(昭和五十年代後半まで)の物価の変遷がわかる値段表と、それに関連する有名人のエッセイ。
値段表はいろいろな書物で引用される定番の歴史資料です。
(上)109編。(下)109編。

《上・目次》
江戸前寿司/うな重/天どん/カレーライス/そば/
ラーメン/牛肉/鶏肉/缶詰/やきとり/
とんかつ/豆腐/乾海苔/小豆/納豆/
コロッケ/わさび漬/塩/味噌/醤油/
砂糖/かつおぶし/バター/マヨネーズ/ソース/
調味料/白米/小麦粉/食パン/アンパン/
カステラ/キャラメル/金太郎飴/あんみつ/しる粉/
大福/たいやき/まんじゅう/最中/日本酒/
ウイスキー/ビール/焼酎/水割り一杯の料金/ジョッキ一杯の料金/
サイダー/ラムネ/牛乳/アイスクリーム/乳酸飲料/
コーヒー/茶/駅売りのお茶/駅弁/汽車賃/
特別急行料金/寝台車料金/国鉄入場券/時刻表/鉄道時計/
赤帽の料金/定期旅客運賃/山手線の運賃/都電乗車賃/都バス乗車賃/
京都市電乗車賃/私鉄旅客運賃/地下鉄乗車賃/空港旅客運賃/定期旅客船の運賃/
水上バスの運賃/ケーブルカーの乗車賃/タクシー/乗用車/駐車場料金/
ホテル宿泊料金/民宿料金/山小屋宿泊料金/郵便料金/外国郵便料金/
電報料金/電話料金/公衆電話料金/全国高校野球・甲子園入場料/後楽園球場の入場料金/
映画館入場料/劇場観覧料/歌舞伎座の観覧料/博物館観覧料/動物園入場料/
ストリップ劇場入場料/相撲/大相撲の懸賞/麻雀場の遊戯料金/パチンコの貸玉料/
宝くじ/勝ち馬投票券/遊女の揚代/芸者の玉代/総理大臣の月給/
巡査の初任給/教員の初任給/公務員の初任給/都知事の給料/国会議員の報酬/
銀行の初任給/日雇労働者の賃金/消防士の出場手当/国家公務員の賞与

《下・目次》
鉛筆/クレヨン/ランドセル/弁当箱/ハーモニカ/
絵具/羽子板/三輪車/自転車/半紙/
学帽/学生服/万年筆/インキ/目覚まし時計/
背広/注文ワイシャツ/ポマード/週刊誌/たばこ/
フィルム/レコード/認印/地図/ガソリン/
長靴/地下足袋/和文タイプライター/オルガン/ピアノ/
指輪/桐箪笥/花嫁ふとん/蚊帳/蚊取線香/
江戸風鈴/歯磨/化粧石鹸/おしろい/ナイロンストッキング/
ゆかた/桐下駄/足袋/草履/扇子/
蛇の目傘/弓張提灯/裁ち鋏/亀の子たわし/包丁/
マッチ/炭/練炭/ローソク/電球/
懐中電灯/乾電池/目薬/傷薬/スキン/
胃散/朝鮮人参/野球ボール/グローブ/バット/
ラケット/ゴルフボール/英和辞典/百科事典/岩波文庫/
総合雑誌/辞典/芥川賞・直木賞/新聞購読料/放送受信料/
幼稚園の保育料/都立高校授業料/大学の受験料/予備校の授業料/大学授業料/
東京大学の授業料/丸ビルの賃料/銀座の地価/家賃/下宿料金/
ガス料金/電気料金/入浴料/理髪料金/パーマネント料金/
クリーニング料金/靴みがき料金/写真撮影料/名刺印刷料金/大工の手間賃/
畳表の裏返し/案内広告料金/ゴルフ料金/貸衣装代/入院料金/
葬儀料/霊園の永代使用料/質屋の利息/定期預金利息/おみくじ/
熊手御守初穂料/戸籍手数料/金/ダイヤモンド

| | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

『ミニコミのつくり方』近藤恵

『ミニコミのつくり方』近藤恵〈情報センター出版局〉
副題:あなたにしか作れない”最小&最強のメディア”の楽しみ方

アマゾンのマーケットプレイスで購入。今までマーケットプレイスで何冊も本を売りましたが、自分で買うのは初めてでした。

1997年発行の本ですが、2年ぐらい前にはもうアマゾンで「在庫なし」でした。図書館で読んですごく気に入って、手元に持っていたいとずっと探していました。
最近ふと思い出してアマゾンでデータを検索したら、マーケットプレイスで何冊か出品されていました。ありがたいことに手数料(340円)込みで定価以下で買えました。マーケットプレイスは売る側も便利ですが、買う方も手軽に探せて重宝します。

『ミニコミのつくり方』の著者は 『VANDA』『縦横』などの有名ミニコミ誌を発行しているイラストレーター・デザイナーさんです。
小学校で壁新聞、中学校でコピー誌と個人で本を作る楽しみをすくすくと覚え、高校生・社会人となるにつれ同人誌・ミニコミとレベルアップする姿を、実際の本作りの作業手順を交えながら追っていきます。仲間を増やしながら本を作る様子が本当に楽しそうです。
シンプルでかわいいイラストが目を引き、本文も重要な語句は太字にするなど読みやすい誌面になっています。

| | トラックバック (0)

2005年5月19日 (木)

ハチクロトートバッグ到着

YOUNG YOU『ハチミツとクローバー』応募者全員サービスのトートバッグが届きました。

すごい大きな封筒(約42×44cm)入りでカンガルー宅配便(西濃運輸)で配送されました。
ポーチ&サブバッグも同時に申し込みましたが、本日はトートバッグのみです。
バッグはなかなかいい出来でうれしいです。

| | トラックバック (0)

2005年5月17日 (火)

ユリイカ〈特集:人形愛〉2005年5月号

「ユリイカ」2005年5月号〈特集:人形愛 あるいは !, DOLL〉 (第37巻第5号)(青土社)

・恋月姫(人形作家『人形姫』)×金原ひとみ(小説家『アッシュベイビー』)の対談
・四谷シモン(人形作家『人形作家』)、押井守(映像作家『GHOST IN THE SHELL~攻殻機動隊~』)へのインタビュー
・津原泰水の短編小説
ほか、コラム、写真(カラーあり)
青土社-ユリイカ 2005年5月号のページ

人形といっても、小さいお子様のためのかわいいものではありません。
球体関節人形。ハンス・ベルメール。ゴシック・ロリータ。生き人形。
ぶっちゃけ、死体写真のような背徳的な雰囲気の少女人形です。

怖くて魅惑的でとっても高価な人形のご主人様は、20歳過ぎた現役〈少女〉たち。
一昔前に比べると球体関節人形もメジャーになりましたね。十数年前は澁澤龍彦『少女コレクション序説』を本屋で買うのも恥ずかしかったですが、今では大事なところまでリアルに作ったこの手のお人形を愛好するのは女性が中心ですからね。

女性向けの人形の他、オタク向けフィギュア、ラブドール(ダッチワイフ)にも話を広げ、現代日本のサブカルチャーの中で知的レベルの高い人々から崇拝されている〈人形〉を論じています。

お人形そのものより、いい大人が稚い存在に愛を注ぎ右往左往する様子を観察するのが興味深い。
川原由美子『観用少女(プランツドール)』、山尾悠子「チョコレート人形」(『オットーと魔術師』所収)とかね。そういえば、ミルクと砂糖菓子と愛情で育つプランツちゃんたちと、「チョコレートちょうだい」しか言えないアンドロイドの辰砂(しんしゃ)は似てますね。

どうでもいいけど、今アマゾンで『オットーと魔術師』のデータ見たらすごい値段ついてますね。発売当時に定価(300円ぐらい?)で買った人間には驚きです。

| | トラックバック (0)

2005年5月16日 (月)

シャチハタXスタンパー〈冊子小包〉スタンプ

stamp02オークションの荷物の発送で冊子小包をよく送るので、封筒に印字する浸透印(スタンプ台の要らないスタンプ)を買ってしまいました。

◆シャチハタXスタンパー【ビジネス用】 B型-2 〈冊子小包〉
 印面(外枠)がたて42×よこ13mm。縦書き。枠付き。赤色インク。
東急ハンズで1,050円(税込)でした。

ずっと封筒に手書きで「冊子小包」と書いていたのですが、下手な字を書くのが面倒で、スタンプでぽんぽんと処理できたら楽だろうと考えていました。
実際使うと力を入れなくてもきれいに印字できて、すごく快適です。スタンプ好きなら買いだと思います。

いろいろ探しましたが、市販のスタンプで「冊子小包」はこのシャチハタXスタンパーしかないようです。
定価が1000円で、ネット通販だと800円ぐらいで販売していますが、送料が別にかかります。売っている店は少ないので、交通費を思えば通販でも安上がりかもしれません。

シャチハタXスタンパー【ビジネス用】 B型
【楽天市場】えんぎのいいはんこや

| | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

国HP、人名用漢字の一覧表に誤字掲載

人名用144字に誤り 国HP、出生届け不受理も

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 政治ニュース - 5月13日(金)19時25分

>各省庁の情報を調べることができる国のホームページ(HP)「電子政府の総合窓口」に掲載されていた人名用漢字の一覧表に、コンピューターの「文字化け」で144字もの誤字が掲載されていたことが、13日までに分かった。



国のホームページ(HP)とは「法令データ提供システム」のことです。
2005年5月15日現在では、戸籍法施行規則の人名用漢字の一覧表はテキストファイルから画像ファイルに差し替えてあります。間違いはないですが、はなはだ使いにくい状態です。

夏貸文庫の「人名用漢字」のページ修正しました。これまでの誤字は青字、異体字は茶色字で示してあります。
パソコン表示用のJIS漢字と印刷活字の書体の違いで異体字しか使えない字は仕方ないですが、完全な誤字が9字もあるのは問題でしょう。素人でも半日あればチェックできるのに。

| | トラックバック (0)

2005年5月13日 (金)

Yahoo!リサーチ謝礼150円

郵便貯金(ぱるる)の通帳の記入をしたら、10日付で「ヤフー調査謝礼」から150円入金されていました。
Yahoo!リサーチでアンケートに回答した謝礼です。
アンケートの案内メールに「謝礼:アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で000名様に000円をお振り込みいたします。」と書いてありますが、抽選に当たることは期待していませんでした。本当に謝礼を出しているのですね(←失礼な発言)。
アンケートは好きなので無料でも参加しますが、ジュース代ぐらいの小額でもきちんと謝礼をいただけるのは素直にうれしいです。

| | トラックバック (0)

2005年5月12日 (木)

紅で染めた色

紅花(べにばな)の花弁から採った赤い色の色素。
紅花の花弁には「カルタミン」という紅色素と、「サフロール・イエロー」という黄色素が含まれる。黄色素を水で溶かしだし、アルカリ化して紅色素を抽出する。

詳細はメールマガジン『和服の基礎知識』2005年5月11日号にて。

■■ 一斤染め(いっこんぞめ)……紅花1斤で絹1疋を染めた、薄い紅色。
■■ 薄紅(うすくれない)……紅花で染めた薄い紅色。
■■ 退紅・褪紅(たいこう)……紅花で染めた薄い紅色。淡紅色。洗染・退紅(あらいぞめ)。「薄紅」よりくすんだ色。
■■ 紅色(べにいろ)……紅花で染めた赤色。
■■ 韓紅・唐紅(からくれない)……紅(くれない)の濃い色。深紅。あざやかな赤。
■■ 真紅・深紅(しんく)……濃いくれない色。正真のべに色。茜(あかね)や蘇芳(すおう)などの赤に対していう。
■■ 今様色(いまよういろ)……紅花で染めた、当世風の濃い紅梅色。平安時代に用いられた。
■■ 黄丹(おうに・おうだん)……紅花と梔子(くちなし)の果実とで染めた橙色。東宮の礼服の色。

※色見本は『新版 色の手帖』〈小学館〉のデータを使用しています。モニタなどの具合によって発色が異なる場合があります。
※関連サイト
 『彩識風信』バックナンバー
 http://homepage2.nifty.com/n-bunko/pc/mmbn/fushin-indx.html

| | トラックバック (0)

2005年5月10日 (火)

『花岡ちゃんの夏休み』まんだらけ名古屋で発見

ミュシャ展に行ったついでに松坂屋のある久屋大通をテレビ塔方向に歩いて20分ほどのところにある「まんだらけ名古屋店」を覗いたら、『花岡ちゃんの夏休み』が2冊ありました。1冊は表紙が少し汚れていて300円ちょっと、もう一冊は500円ちょっと。ビニールかけてあって中身は確認できませでした。
花岡ちゃんは20年前から持っているので私は買いませんでした。名古屋近辺の人で探している人は行ってみるといいかもです。
ちなみに『花岡ちゃんの夏休み』収録の作品は、今のところハヤカワ文庫に再録されていません(清原なつの作品リスト参照)。花岡ちゃんシリーズは、清原さんの代表的作品でファンも多いのですが。

| | トラックバック (0)

2005年5月 9日 (月)

「ミュシャ展」松坂屋美術館

松坂屋美術館(松坂屋 名古屋本店・南館)で2004年4月27日から5月22日まで開催中の「ミュシャ展」を見に行きました。
入館料は一般1,000円で、高校・大学生は800円、中学生以下は無料なので、学生さんは学生証を持っていくといいですよ。松坂屋美術館のサイトで「特別ご優待割引券」を印刷して、名前とメールアドレスを書き込んで窓口に渡すと、200円引きになります。

アルフォンス・マリア・ミュシャ。19世紀のアール・ヌーヴォーの代表的な画家。
美しい女性と植物をモチーフとした装飾で飾られた華やかなポスター、晩年の故郷のチェコ、ひいてはスラブを題材にした壮大な絵画。人々に愛された多くの作品群とその下絵、作品の資料としてミュシャ自身が写した風景やモデルの写真、ミュシャがデザインした装飾品、図案集などをミュシャ財団の協力で多数展示しています。すごくきれいで感動しました。

展示会の図版は大きすぎて保存しにくいので、市販の大A5判の画集を購入。『アルフォンス・ミュシャ』〈六曜社アートビュウシリーズ〉。華やかなポスターのほか、展示されていた下絵や写真も載っています。コラムが充実しています。

| | トラックバック (0)

2005年5月 7日 (土)

「良く晴れた微風の日」清原なつの

清原なつのさんの新作読みきりマンガが「YOUNG YOU」6月号に掲載されました。
清原さんのまんがをB5サイズで読むのって何年ぶりだろう。

タイトルは「良く晴れた微風の日」。「花図鑑」シリーズっぽいお話です。ローンで自分のマンションを買えるぐらい経済的に自立しているOLが実家の事業の処理で田舎に帰るなどでごたごたするうち、会社の同僚(♂)と「友達→恋人として同棲→結婚する or 友達に戻る?」と関係が変化していく過程。話としてはありがちな話ですが、細かいネタが笑えます。嫁入り支度のはずの高価な着物をお稽古事や友達の結婚式でさんざん着ちゃうとか「なめこ線」とか。実家のDOS/Vパソコン、パソコン本体の上にCRT(モニター)が乗ってて、本体の正面にFDDが2つ並んでいるって20世紀最後の年でも相当の中古品のはずですねよ。

羽海野チカ『ハチミツとクローバー Official fan book』が5月19日に出ます。羽海野さんの本はおまけページがすごく楽しいから、ファンブック期待しています。

| | トラックバック (0)

2005年5月 4日 (水)

「デザインの現場」特集:グッズデザイン

不用品を処分するために、せっせとヤフオクとアマゾンに出品しています。

「人形の国のアリス」シリーズ食玩10点をばら売りに出しました。いちいち写真を撮るのが面倒でなかなか手がつけられなかった品物です。まだこの手の食玩が部屋にごろごろしています。なんとかせねば。

本はもう要らないと思っても、中身を読んでしまうと惜しくなって手放せなくなる危険性があります。

◆手放せなくなった雑誌。
「デザインの現場」2001年8月号〈美術出版社〉
特集:グッズデザイン

主に販促(販売促進)に使うような小さな雑貨をオリジナルデザインで特注すると、どのくらいの予算や期間が必要かまとめています。袋やガムテープから金太郎飴やTシャツまで。金型を作るものは高いし、印刷するだけのものでも最小ロット(製造する最小の単位)が決められていたりいろいろ制約があるのですね。デザイナーやアーティストが展示会のために作った小物や、広告やイベントのために実際に配布された販促グッズを見ると、自分も何か作りたくなってわくわくします。

◇似たテーマの本(小単位のオリジナル雑貨を生産する方法)
『雑貨のつくりかた―暮らしのなかでものづくりを楽しむ本 みづゑのレシピ』みづゑ編集部 (編集)/セキ ユリヲ〈美術出版社〉
『雑貨のつくりかた (2) みづゑのレシピ』中島 ゆうこ〈美術出版社〉

| | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »