« 『花岡ちゃんの夏休み』まんだらけ名古屋で発見 | トップページ | Yahoo!リサーチ謝礼150円 »

2005年5月12日 (木)

紅で染めた色

紅花(べにばな)の花弁から採った赤い色の色素。
紅花の花弁には「カルタミン」という紅色素と、「サフロール・イエロー」という黄色素が含まれる。黄色素を水で溶かしだし、アルカリ化して紅色素を抽出する。

詳細はメールマガジン『和服の基礎知識』2005年5月11日号にて。

■■ 一斤染め(いっこんぞめ)……紅花1斤で絹1疋を染めた、薄い紅色。
■■ 薄紅(うすくれない)……紅花で染めた薄い紅色。
■■ 退紅・褪紅(たいこう)……紅花で染めた薄い紅色。淡紅色。洗染・退紅(あらいぞめ)。「薄紅」よりくすんだ色。
■■ 紅色(べにいろ)……紅花で染めた赤色。
■■ 韓紅・唐紅(からくれない)……紅(くれない)の濃い色。深紅。あざやかな赤。
■■ 真紅・深紅(しんく)……濃いくれない色。正真のべに色。茜(あかね)や蘇芳(すおう)などの赤に対していう。
■■ 今様色(いまよういろ)……紅花で染めた、当世風の濃い紅梅色。平安時代に用いられた。
■■ 黄丹(おうに・おうだん)……紅花と梔子(くちなし)の果実とで染めた橙色。東宮の礼服の色。

※色見本は『新版 色の手帖』〈小学館〉のデータを使用しています。モニタなどの具合によって発色が異なる場合があります。
※関連サイト
 『彩識風信』バックナンバー
 http://homepage2.nifty.com/n-bunko/pc/mmbn/fushin-indx.html

|

« 『花岡ちゃんの夏休み』まんだらけ名古屋で発見 | トップページ | Yahoo!リサーチ謝礼150円 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/4096913

この記事へのトラックバック一覧です: 紅で染めた色:

« 『花岡ちゃんの夏休み』まんだらけ名古屋で発見 | トップページ | Yahoo!リサーチ謝礼150円 »