« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月25日 (土)

ファミリーマートでメール便取り扱い開始

今週の6月21日よりファミリーマートで、クロネコヤマトメール便の取り扱いが始まりました。

うちの近所はセブンイレブンがなくて、ファミリーマートなら自転車で行ける範囲にあるので非常に助かります。
メール便は厚さ2センチまでの荷物なら冊子小包より安く送れるのですが、コンビニやヤマトの営業所などで受付してもらう手間がかかります。朝の忙しい時間など出している暇はありませんし、通勤経路に受付しているコンビニがないので、平日は出しにいくのが面倒です。
冊子小包や定形外郵便ならポストに投函すればOKですが、厚さ3cmを超えるとポストの口に入らないので郵便局に持っていくことになります。

今日、ファミリーマートでメール便を出してきました。まだレジの人が慣れてなくてすごくまごついていました。これならセブンイレブンで出してきたほうがよかったかなと少し後悔(今日は遠出をしてセブンイレブンの近くを通ってきました)。
でもファミリーマートのサイトで、メール便の問い合わせ番号でプレゼント(ファミマ用プリペイドカード1,000円分)が当たるキャンペーンを見つけたので、プレゼント目当てに辛抱強く待ちました。キャンペーンが終わる頃にはレジの人も作業に慣れることを祈ります。

| | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

キャッシュカード即時発行

UFJ銀行の口座のキャッシュカードを作ってきました。

休日や夜も窓口営業している「UFJプラス」だと、キャッシュカードの即時発行をしてくれるというので、名古屋の栄にある「UFJプラス 栄店」に行ってきました。
栄の交差点のUFJ銀行の地下1階、地下街のクリスタル広場から一段上がったところにありました。

通帳と届出印鑑と身分証明書(運転免許証)を持っていって数分待ちでキャッシュカードを作ってもらえました。あとで住所確認として「お礼状」が郵送されるそうです。

ところで一緒にもらった注意書を読むと、カードの登録手続きが終わる1週間ぐらいの間はUFJダイレクトやYahoo!ウォレット口座振替申し込みなどはできないそうです。ネットバンキングへの道はまだ遠い。

おまけにUFJのATMは営業時間内(平日8:45~18:00)以外の夜間や土日は、引き出しも振り込みも預け入れも手数料105円取られます。自分の金を預けるのに手数料取られるのは嫌な話です。

| | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

spoon. (スプーン) 2005年4月号 [『ハチミツとクローバー』のすべて]

『spoon. (スプーン) 2005年4月号 [雑誌]』特集:フリーエイジ・コミック(角川書店)定価660円

『CONTINUE SPECIAL』のハチクロ特集がまんが好き男子から見たハチクロとすれば、『spoon. 』はお洒落な女子から見たハチクロ。
大判のきれいな誌面にハチクロの名場面とハチクロに出てきそうなアイテムをスクラップ。まさにリアルはぐノート。とくにごちそうノートが美味しそう。柏水堂のプードルケーキ、すごいかわいいです。

spoon.のサイトでバックナンバーの通販をしています。代金は1冊送料込みで800円(郵便振替)。在庫についてはサイトへお問い合わせください。

| | トラックバック (0)

2005年6月16日 (木)

再発行の通帳届く

再発行を申し込んだUFJ銀行の通帳が、配達記録郵便で届きました。
月曜日(13日)の午前中に支店の窓口で申し込んで、UFJ銀行の大阪諸届センターというところから14日に発送され、木曜日(16日)に自宅に届きました。
思ったよりすばやい処理でありがたく思います。
口座には3万2千円入っていました。

UFJダイレクト(ネットバンキング)を申し込もうとしましたが、キャッシュカードの暗証番号が必要のようです。やはりキャッシュカードを作ってからでないとだめですか。来週あたり時間を作ってキャッシュカードを作りに行きます。はじめてカードを作るなら窓口ですぐ発行してもらえるはずですから。

| | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

『コンティニュー・スペシャル』ハチクロ特集号

『CONTINUE SPECIAL』〔コンティニュー・スペシャル〕(太田出版)A5版144P

ゲーム雑誌『CONTINUE』の増刊号。『ハチミツとクローバー』全60ページの大特集。カラーの写真やイラストがきれいで、コラムが読み応えあります。
原作者やアニメのスタッフ・声優へのインタビュー。ハチクロファンの大槻ケンヂへのインタビュー。原作者のコミックエッセイ(押井守『イノセンス』について)。キーワードを集めた『ハチクロ』大辞典は、作者もびっくりの読み込みの細かさが笑えます。
すごいのが、竹本君の自分探しの旅のルートを本当に自転車で走行したレポート(写真多数)。『ハチクロ』の舞台の浜田山って本当にある地名なのですか。井の頭線に「浜田山駅」ってちゃんとありました。てっきり架空の土地だと思っていました。

ハチクロ以外の記事は、押井守インタビュー、庵野秀明二足歩行ロボットに乗る、実写ドラマ『アストロ球団』、『エウレカセブン』など。

| | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

休眠口座の通帳再発行

3年前にUFJ銀行から「長い間取引のない口座がありますよ」とお知らせのハガキが来ました。たぶん子供のころに東海銀行で作った口座だと思うのですが、親に聞いても知らないと答えます。どうも探す気がないらしい。
今年の7月に支店の店番が変わるとお知らせが来たのを機会に、通帳の再発行をしようと決意しました。

まず取引支店の窓口に行って、通帳の紛失届けをして再発行手続きをしてもらいました。
届印は親が持っているはずだけど貸してくれそうもないので、ついでに印鑑も変えました。
一応3年前のお知らせはがきも持っていきましたが、口座番号と住所氏名生年月日電話番号を自分で書いて、身分証明書として原付の運転免許を見せて窓口の人が免許証の番号控えたらそれでOKのようです。もっとごちゃごちゃ聞かれるかと身構えていたら、わりとすんなり手続きできてほっとしました。

手続きして1週間ぐらいしたら、通帳を郵送してくれるそうです。キャッシュカードもついでに申し込もうかと思いましたが、とりあえず通帳ができてからでないとキャッシュカードを作れないようです。あと、インターネットで残高確認とかできるようにしたいが、これも通帳ができないと始まりません。
通帳の再発行に手数料が1,050円かかりました。口座から手数料を引き落とすそうですが、残高が1,050円あるか心配です。たぶんお年玉を貯金した口座だと思いますが、1万円入っているかどうか微妙です。

| | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

古本を売ってきました

雨降りでしたが、ブックオフに古本を売りに行ってきました。コミックスを中心に41冊で1,020円。はっきり言って安いけど、部屋のスペースを空けないとストレスで何も手につかない状態なのでざくっと手放しました。
売れない古本をちまちまネットオークションに出品するより、もっと値段がつきそうな不用品が出品待ち中です。とりあえず永谷園の浮世絵カードセットを7セット発見。ここ数年ぜんぜん手をつけていないプレステゲーム発見。写真撮りだけでもめんどくさい。

| | トラックバック (0)

2005年6月 7日 (火)

タオルのサイズの規格

もらいもののタオルをネットオークションに出品しようとして考えこみました。品名は「何タオル」になるのでしょう。

タオルのサイズの規格を調べると、「浴用タオル」のみJIS規格(日本工業規格)がありますが、それ以外のタオルは各メーカーごとに名前もサイズもばらばらのようです。

タオル製品を大雑把に分類してみました。浴用タオルを基準に考えるとわかりやすいです。

◆ハンドタオル
1辺が約35cm以下の正方形。小さめのものは「タオルハンカチ」。

◆おしぼりタオル
幅35cm以下×長さ40㎝前後(幅が浴用タオルと同じで、長さが半分)
お手ふき、テーブルふきに使う、薄手で小型のタオル。

◆浴用タオル(※JIS規格)
幅33.5~35.5cm×長さ83cm以上。他にも品質などいろいろ規格が決まっている。
もともと日本手ぬぐい(幅約35×長さ約90cm)を基準に作られたらしい。

◆フェイスタオル
幅33~40cm×長さ80~90cmくらい
一般的なタオル。浴用タオルとほぼ同じサイズだが、JIS規格ではないので厳密ではない。

◆スポーツタオル
幅35cm前後×長さ110cm前後。
浴用タオルより長くて厚手。

◆バスタオル
だいたい幅50cm以上×長さ100cm以上。
浴用タオルより幅も長さも大判。特に大判のものは「ワイドバスタオル」。

◆タオルケット
毛布サイズ。幅150cm前後×長さ200cm前後。

※浴用タオルの規格は「日本工業標準調査会:データベース検索-JIS検索」で「L4105」を検索してください。

| | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

『ガラクタ捨てれば自分が見える 風水整理術入門』

『ガラクタ捨てれば自分が見える 風水整理術入門』
カレン・キングストン/田村明子:訳〈小学館文庫(黄き-4-1)〉

自分の部屋がゴミだらけで足も動かせない上、思考も堂々巡りになって居心地が良くないので、片付けるきっかけに評判の本を読んでみました。
非常に面白かったです。風水は占いですが、どちらかというと心理カウンセリングに近い内容です。
せっかくお金を出して買っても邪魔だと思うようになったら、その物からもらうエネルギーはなくなったのだという解釈で、手放すのが楽になりました。要らない物を捨ててスペースを空ければ、新しく価値のある物が流れ込むそうです。上手くいった実例を読んでいるとその気になってきます。さっそくためこんだ雑誌の切抜きを資源回収に出しました。

『ガラクタ捨てれば……』が理論編とすると、実践編はこちら2点。

『気持ちのいい生活空間のつくり方』 アメリカ流モノの捨て方・残すこだわり
ジェフ・キャンベル/アントラム栢木利美:訳〈ジャパンタイムズ〉
掃除のプロによる不用品の処分の仕方。モノをあふれさせないためのルール。

『いつか片付けようと思いながらなかなかできないあなたへ』
ハリエット・シェクター/早野依子:訳〈PHP研究所〉
整理整頓のワークショップ(研修会)。ゴミを処分する実践的プログラム。

本を整理していたら、ずっと行方不明だったゲームボーイ用ソフト「ドラクエI・II」のカセットが見つかりました。これでソフトのパッケージとゲームボーイ本体もオークションで処分できます。さっそくいいことがありました。

| | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土)

ハチクロポーチ&サブバッグ到着

『ハチミツとクローバー(7)』応募者全員サービスのポーチ&サブバッグが届きました。トートバッグから半月遅れでした。

サブバッグは折りたたみ式でビニール製(白地に黄緑でハチミツとクローバー柄)。ポーチの内側はサブバッグと同じ布で、ふたの裏側に細かいポケットが付いています。なかなかかわいい。

| | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »