« 泉鏡花@岩波文庫(2005/08/16版) | トップページ | 小川洋子著作リスト(2005/08/24版) »

2005年8月21日 (日)

『ハチミツとクローバー』(8)

ハチミツとクローバー』(8)〈羽海野チカ/集英社クイーンズコミックス〉通常版を買いました。
オリジナルカルタのついている限定版は、田舎の書店の店頭では見つけられませんでした。まあ高いし、1回見たらそのまま仕舞い込んじゃうから、私には通常版で十分か。

「YOUNG YOU」9月号は「ハチクロ」オリジナルクリアファイルが付いていたので買いました。イラストのテーマは「ナウなヤング(笑)」。バブルなトレンディより少し前の浮かれた時代。花本先生や理花さんに近い世代なので、あれがカッコよかった時代を知っているからこそ、今見るといたたまれない気持ちがよくわかります。

『ハチクロ』連載はだんだん終局に向かっています。『エイリアン通り』でいうと、ルシフィンが去って翼くんのお母さんが来たぐらいのところかな。いつまでも仲間と過ごす楽しい日々は続かない、みんなそれぞれの将来を進んでいく寂しさの予感。

|

« 泉鏡花@岩波文庫(2005/08/16版) | トップページ | 小川洋子著作リスト(2005/08/24版) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/5570751

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハチミツとクローバー』(8):

« 泉鏡花@岩波文庫(2005/08/16版) | トップページ | 小川洋子著作リスト(2005/08/24版) »