« 古本が売れませんね | トップページ | 重曹+酸→《炭酸ソーダ》 »

2005年8月 9日 (火)

ミカ・ワルタリ『エジプト人』と田中芳樹

『エジプト人(上・中・下)』(ミカ・ワルタリ/角川文庫)を田中芳樹が誉めている文章を読んだ覚えがあります。たぶん小説のあとがきだったよなと『アルスラーン戦記(6) 風塵乱舞』(角川文庫)を古本屋でぱっと開いてみたら1発で当たり。
<フィンランド人の作家が書いた波乱万丈の歴史ロマンで、皆さんにご一読をおすすめします。>
田中氏におすすめされると、この短い文章だけでわくわくしてきます。

以前には『鬼平犯科帳』の文庫版の解説で中島梓が、和田誠の文体パロディ集『倫敦巴里』(話の特集)を引き合いに出しながら池波正太郎の文章を論じているのを読んで、『倫敦巴里』を読みたくなりました。そして翌日、古本屋を回ったら2冊も見つけたことがあります。

私は、読みたい本を探し出すことだけは得意なようです。

|

« 古本が売れませんね | トップページ | 重曹+酸→《炭酸ソーダ》 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミカ・ワルタリ『エジプト人』と田中芳樹:

« 古本が売れませんね | トップページ | 重曹+酸→《炭酸ソーダ》 »