« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

猫のカレンダー

今年は気に入るカレンダーが買えなかったので、ネットで無料のカレンダーを探して印刷しました。

◆キヤノン株式会社 インクジェットプリンタ - クリエイティブパーク
http://cp.c-ij.com/japan/index.html
ここで猫の写真のカレンダー(はがきサイズ)と千代紙のイラストのカレンダー(FDサイズ)をダウンロードしました。

◆テンプレートBANK カレンダー無料ダウンロード!!
http://www.templatebank.com/calendartemplate/default.htm
シンプルですが、サイズが豊富(A4、はがき、FD、リフィル(ミニ・バイブル))。日曜始まり・月曜始まりの曜日設定ができます。wordファイルとpdfファイルが選べます。
ダウンロードにはテンプレートBANKの無料会員登録が必要です(メールアドレスを登録するだけです)。

◇プリントゴッコ 印刷用紙はがき100
プリントゴッコ 印刷用紙はがき100 【楽天市場】色工房 voice
定価 300円 (税込315円) 送料別
試し刷りに便利なハガキサイズの上質紙。官製はがきより少し薄いぐらいの厚さです。1箱100枚入り。両面無地で、郵便葉書のほか、いろいろなカードや紙工作に使えます。
これにカレンダーを印刷しました。

| | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

SEO対策してないけど

現在「漢字 部首」でGoogle検索すると、うちのサイトの「夏貸文庫」のページが1位です。
こつこつ漢字のメールマガジンを発行している努力の成果が見えてうれしいです。この頃メールマガジンの発行がおっくうなので、成果が見えるとやる気が出ます。
ちなみに「漢字部首」ならトップですが、「漢字の部首」ではなかなか引っかかりません。

「不思議の国のアリス 文庫」ではAmazonに次いで2位。ビーケーワンに勝ちました。
そういえば夏休みに入った頃、「不思議の国のアリス」の文庫本が何冊か売れたっけ。

今日ふと気づいたのですが、ネットで検索するときキーワードに「文庫」を加えると「夏貸文庫」のページがひっかかりやすくなるのですね。
うちのサイトのページは全部タイトルにサイト名「夏貸文庫」を入れて作りましたから、ますます検索にひっかかるのですね。
サイトを命名するときSEO 対策(検索エンジン最適化)など全然気にしていませんでした。そうか、一般に検索に使うキーワードをサイト名にすると有利なのですか。今後の参考にしますわ。

数日前に「わかつきめぐみ」「清原なつの」「安野光雅絵本」のページにカウンターのタグを仕込んだのですが、今のところ「わかつきめぐみ」が頭一つリード。意外です。アマゾンアソシエイト(アフィリエイト)では「安野光雅絵本」「清原なつの」の方が売り上げいいのですけど。
ページを見てもらえる=売り上げ、というわけではないのですね。

| | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

『すうがく博物誌』をマケプレで買う

アマゾンのマーケットプレイスで注文した『すうがく博物誌』(童話屋)が届きました。
以前マケプレで買った本が説明と違って状態が悪かったので心配していましたが、今回はきれいな本でよろこんでいます。

これで童話屋の〈美しい数学〉シリーズが1~7まで揃いました。
『すうがく博物誌』は最初は上下2冊に分かれていた本が新装版として1冊にまとめられたものです。だから番号が〈美しい数学2+3〉になっています。
シリーズのほかの本は大型絵本なのと異なり『すうがく博物誌』はA5判の単行本です。今までこの本が見つけにくかったわけです。
本の大きさが違うと本屋で並べてもらえませんし、たとえ並べていても同じシリーズとは気づきませんね。

本の内容は数学者の森毅先生が数学に関する項目に1ページの短いコラムを書き、画家の安野光雅さんがさし絵を付けています。
「証明」「自乗」など数学の用語、「ガロア」「オイラー」など数学者など素直に数学関係の項目から、「がまの油」「安部晴明」などひねった項目もあります。

| | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

Amazonギフト券で安野光雅の絵本を買う

 

12/15にココログに書いたAmazonギフト券で、安野光雅さんの絵本を買いました。
在庫ありの商品を15日の夜に注文して、16日アマゾン発送、17日にペリカン便で受け取りました。

安野さんの絵本が昔から好きですが、刊行点数が多いので一度に買えないので、古本屋で見つけたときとかお金に余裕があるときに少しずつ買い集めています。
今回は2004年~2005年の新刊2点。絵本コーナーはあまり覘かないので出ていたことに気づきませんでした。『旅の絵本IV(6)』はデンマーク編〈アンデルセンの世界〉。『安野光雅のいかれたカバン』は倉庫から出てきた30年前の昔の絵の著者解説。
勢いで他に安野さんの絵本をアマゾンのマーケットプレイスで1点、ヤフオクで1点落札しました。
詳しい感想は「夏貸文庫安野絵本」のリストにそのうち収録します。

| | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

年内有効の【Amazonギフト券】プレゼント

ネット書店のアマゾン(Amazon.co.jp)からメールが届きました。
有効期限2005年12月31日までの、250円分の【Amazonギフト券】をいただきました。
2004年12月~2005年5月までにAmazon.co.jpを利用した客に、ランダムに送っているそうです。
今年最後の当たりでしょうか。ちょっとうれしいです。
1,500円以上の本・洋書が対象です。ギフト券はマーケットプレイスには使えません。
さあ、何を買いましょう。

| | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

『サルビア歳時記』と3月の謎

『サルビア歳時記』
セキユリヲ:図案/徐美姫:写真/木村衣有子:文/中尾亜衣子:料理

日本の四季折々の美しい花と風景と言葉、ゆかしい伝統行事や習慣、美味しい料理を紹介しています。13×17cmという小柄さと、カバーの手触りが良くて、手中の珠のようなかわいらしい本です。
日本の新学期である4月に始まり3月までの12ヶ月それぞれに、風景写真、自然をイメージした色のパターン「かさねいろ」、料理、季語を集めています。
セキユリヲさんはモダンでいながら和の伝統を取り入れた図案(パターン)で人気のグラフィックデザイナー。彼女を中心に「ささやかだけど生活をたのしくするもの」を作る活動している人が集まった集団が「サルビア」です。

ところでこの本、写真や図案のカラーが美しいのですが、なぜか最後の3月の項はモノクロページです。
印刷ミスかと悩みましたが、発行元のピエブックスの出版物データではこの本〔分類:ライフスタイルブック〕は「Pages:144 (128 in color)」。つまり144ページ中128ページカラーになっています。確かに129ページ以降はモノクロで正しいのです。
この3月のモノクロページだけが残念です。133ページの「かさねいろ」などカラーでないと意味がありません。「サルビア」のサイトの「おしらせ」ページに新刊情報として『サルビア歳時記』を紹介していますが、特にモノクロページについて言及ありません。

| | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

大掃除の年末進行

仕事納めが終わってから大掃除をしていたら、ゴミと一緒に正月を迎えることになるので、今から少しずつゴミを処分しています。

今日は雑誌と切抜きを資源回収に出して、オークションで売れそうにない本を古本屋に持っていきました。
はじめブックマーケットに持っていったところ、値段が付いたのが14冊で200円、他はお持ち帰り。あまりにも安すぎるし持ち帰る本が多すぎるので、買取を断りました。
ブックオフに持っていったところ24冊全部値段付いて610円+サービス券50円分。よかった。不用品を処分できました。

ところでブックオフ全店舗で、12月16日(金)~25日(日)は買取キャンペーンを行い、20点以上持ち込みの方は買い物券が当たるくじがひけるそうです。本の処分を考えている方はご参考までに。

ブックオフが遠いという方は本・CD・DVDが合わせて30点以上あれば送料無料買取サービスもあります。
下記のバナーからイーブックオフのサイトに飛んで、買い取り申し込みをして下さい。自分で箱詰めしたら、自宅まで集荷してもらうか、「クロネコヤマト宅急便」取扱のコンビニや営業所に持ち込んで料金着払いでイーブックオフへお送り下さい。



イーブックオフのサイトで調べたら、買い取りサービスの送り先はヤマト運輸の安城営業所でした。自分の家からだと、ブックオフの店舗に行くよりここが一番近いです。メール便など荷物を送るのにここの営業所をよく使っています。直接持って行ってもどっちみち送料無料か。

そろそろ年賀状受付の時期になると、郵便配達にバイトが増えて郵便事故も増えます。オークションは今出品しているので年内は終了。年明けは金融機関が休みになるので、その時期を見計らいながらオークション出品準備をします。

| | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

未成年者がオークションに参加しないでよ

このあいだの日曜日の朝、10時近くまで惰眠をむさぼって幸せな時間を過ごしていたところを電話でたたき起こされました。
ネットオークションがどうとかで、何かミスがあったかと緊張しました。
本当にこの値段でいいのかとか聞いてきます。値段からして昨夜オークション終了した商品です。
ただでさえ安く落札されて不愉快なのにわざわざ電話で確認か、そういうことはメールで連絡しろ、パソコンを立ち上げてからでないと確認できないこともあるんだ、メールと違って電話は時間をとられるから嫌いなのだと思いながら、そうとう不機嫌な声で対応しました。

電話を切ってからパソコンを立ち上げて、メールをチェックするとその取引相手からメールが来ていた。
……「中1です」と名乗ってやがる。

Yahoo!オークションの参加資格は「20歳以上の方で、日本語を理解し、読み書きできる方」なんですけど。
ガイドラインに明記してあるし、ID登録するとき年齢確認しているはずですけど。
さっきの電話も「○○の母です」なんて変な名乗り方といぶかしく思いました。値段の確認というより、取引相手の確認だったのね。
先にメールを読んでいたら振込みを止めさせたのに。代金を振り込まれてしまったのでしょうがないから商品は送りましたけど。

どうして子どもって年齢を自己申告するのかな。自分が規約違反しているという自覚は無いのか。
やりとりがめんどうなのでたいていファーストメールで口座番号とか教えるのですが、個人データ保護に無頓着な相手に自分のデータを渡したことを悔やみます。
未成年だと商取引自体取り消しにされる危険性があるので、トラブルになったとき大人のほうが法律上不利ですから対等な取引が成り立たないのです。そもそもヤフオクの規約違反をしている時点で、信用できる商取引相手ではありません。

たかが340円振り込むのに親がわざわざ電話確認してくるような取引の評価なんて「非常に悪い」をつけたいくらいですが、年末の忙しい時期にけんかをしている精神的余裕はありません。
取引評価は付けないことにしました。未成年者とわかってて「非常にいい」は付けるのは、他の出品者さんに迷惑です。これから先、この子がトラブルを起こしたときに巻き込まれるのはごめんこうむります。

これからは、自己紹介欄も書いていない新規は警戒します。あまり取引相手の評価は気にしないのだけど。

| | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

FOMA N902iに機種変更

N902i-01

携帯電話の機種変更をしました。
ドコモのFOMA N902i。
ドコモショップで数千円分ポイント割引して、3万円ちょっとで買いました。

色はダークワイン。携帯電話の色はいつもシルバーとかブルーとか地味な色なのですが、N902iはシルバー系がなくて、ブルーは暗すぎ、ラヴェンダーやオレンジは可愛すぎで、一番しっくりきたダークワインにしました。

帰ってからいろいろ設定をやり直していますが、一番びっくりしたのが待ち受け画面の下部にテロップが勝手に流れることでした。
「iチャネル」という有料サービスで、1週間のおためし期間で無料配信しているらしいです。
目障りなので解除しました。携帯電話を開くたびに殺人事件のニュースが流れているのを見るのはすごい不愉快でした。

今の回線はパケ放題を契約していて、iモードをいくら使っても定額なのですが、N902iで使える「フルブラウザ」でパソコン用サイトを見るときはパケ放題の適用外で、パケット料金が別にかかるそうです。窓口の人に説明してもらってよかった。知らなかったらばんばんフルブラウザ使っちゃうところでした。


| | トラックバック (1)

2005年12月 2日 (金)

意気沮喪(いきそそう)

◆いき‐そそう【意気沮喪・意気阻喪】
物事に取り組む気力を失ってしまうこと。意気込みがくじけること。意気消沈。


虫歯の治療で、歯の根元の膿(うみ)を摘出しました。
ばんばん麻酔をかけて、歯茎から穴を開けて機械でゴリゴリ。麻酔が切れたらものすごい痛いだろうなと緊張しながら治療してもらいました。治療が終わった後もしびれが残りました。
穴を開けた跡を縫合して、1週間後に抜糸。食後に飲む抗生物質や痛み止めの錠剤を1週間分もらいました。
治療した部分は痛くは無いけど違和感あり。歯を磨くと縫合した糸に引っかかりそうで怖い。これが気になって、昨日からずっと気がふさいでいます。いつも以上に言葉が出てこなくて落ち込みます。

せっかくヤフオクで商品が予想以上に高値で落札されたのに、やる気が出ません。ようよう入金確認して確認メール出しました。明日は梱包して発送しなくては。

平日が仕事で疲れているので、ネットオークションの発送作業と出品作業は土日に頑張っています。
年末年始は金融機関の休みがあるし、郵便・輸送事故が起こりやすいから、なるべく年末にオークション終了しないように早めに出品するよう努力しています。
オークションで売れそうも無い本は古本屋や資源回収に出しましょう。来年の正月はガラクタの無い部屋で迎えたいと願っています。

| | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »