« Amazonギフト券で安野光雅の絵本を買う | トップページ | SEO対策してないけど »

2005年12月18日 (日)

『すうがく博物誌』をマケプレで買う

アマゾンのマーケットプレイスで注文した『すうがく博物誌』(童話屋)が届きました。
以前マケプレで買った本が説明と違って状態が悪かったので心配していましたが、今回はきれいな本でよろこんでいます。

これで童話屋の〈美しい数学〉シリーズが1~7まで揃いました。
『すうがく博物誌』は最初は上下2冊に分かれていた本が新装版として1冊にまとめられたものです。だから番号が〈美しい数学2+3〉になっています。
シリーズのほかの本は大型絵本なのと異なり『すうがく博物誌』はA5判の単行本です。今までこの本が見つけにくかったわけです。
本の大きさが違うと本屋で並べてもらえませんし、たとえ並べていても同じシリーズとは気づきませんね。

本の内容は数学者の森毅先生が数学に関する項目に1ページの短いコラムを書き、画家の安野光雅さんがさし絵を付けています。
「証明」「自乗」など数学の用語、「ガロア」「オイラー」など数学者など素直に数学関係の項目から、「がまの油」「安部晴明」などひねった項目もあります。

|

« Amazonギフト券で安野光雅の絵本を買う | トップページ | SEO対策してないけど »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『すうがく博物誌』をマケプレで買う:

« Amazonギフト券で安野光雅の絵本を買う | トップページ | SEO対策してないけど »