« [ダメ人間]の思考パターン | トップページ | 手笛(ハンドオカリナ)が吹けました »

2006年2月 5日 (日)

Google AdSenseの審査基準

ココログにGoogle AdSense(グーグル・アドセンス)の広告を入れるようにしました。

1ヶ月前に他のサイトで登録しようとしたら審査ではねられて落ち込みましたが、「右月左月」で申し込んだら3日で審査通過しました。

前のサイトの何が悪かったのでしょう。
『家にいながら月30万円!ブログで楽に儲かる方法』を読んで、ヒントが見つかりました。
Google AdSenseは「ドメインもしくはサブドメインまでのURLがないと申し込めない」のです。

審査ではねられたサイトのURLは
http://homepage2.nifty.com/n-bunko/

このうち「nifty.com」がドメイン、「homepage2」がサブドメインです。

「アット・ホームページ」という@ニフティの会員用ホームページ作成サービスを使っているので、サブドメインが他の人と共用になります。内容がよくても個別のサブドメインがないためにはねられたのです。

一方ココログのURLは
http://right-left.tea-nifty.com/

サブドメインの「right-left」が個別のものなのでこれは通過しました。
サイトの訪問者数や内容の審査は厳しくないらしいです。

Google AdSenseは、一つのサイトが登録できると自分の管理している他のサイトにも広告が貼れます。
審査にはねられたサイトにもちゃんと広告が表示できました。
広告のタグを貼るのが大変ですが、ひまをみて作業していきます。

|

« [ダメ人間]の思考パターン | トップページ | 手笛(ハンドオカリナ)が吹けました »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/8523963

この記事へのトラックバック一覧です: Google AdSenseの審査基準:

« [ダメ人間]の思考パターン | トップページ | 手笛(ハンドオカリナ)が吹けました »