« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

たまごから雪うさぎ

昨日描いたたまご形から、ちりめんで雪うさぎのお手玉を作りました。

たまご形を長辺10cm×短辺8cmに拡大して本体の型紙に使い、とがった方を頭にしました。
もう少しとがらせてもいいぐらいかな。

yukiusa02


| | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

コンパスを使ったたまご形の描き方

egg4
自分の古いスケッチブックに「たまご形のかき方」という図解を見つけました。
コンパスを使ってきれいなたまご(卵)形を描く方法です。
中学校ぐらいのときにイラストの描き方の本に載っていた方法を書き写したものです。
ほかにも多角形の描き方などあります。

これを参考に、たまご形をパソコンの画像処理ソフトで描いてみました。(右図)

egg01


| | トラックバック (1)

2006年2月24日 (金)

『人名字解』人名漢字の辞典

 

『人名字解』白川静・津崎幸博〈平凡社〉2006年1月新刊
2004年9月までに制定された人名用漢字983字の成り立ちと意味を、漢字研究の第一人者が解説。
『常用字解』と合わせれば、現在日本で名前に使える漢字の全てがわかります。

『常用字解』白川静〈平凡社〉

本日が誕生日の自分へのプレゼントに『人名字解』を楽天ブックスで買いました。誕生月のプレゼントなどで貯めた楽天のポイントで400円ほど割引できました。

自分の誕生日の「2.24」は、きれいな数字なので昔から好きです。
「2+2=4」で「2×2=4」。割り切れて安定する偶数ですし。

| | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

ヤフオクの18歳以上参加に不安

Yahoo!オークションガイドラインを改訂し、参加資格年齢をこれまでの20歳以上から18歳以上に変更しました。(2006年2月22日)
http://auctions.yahoo.co.jp/phtml/auc/jp/notice/20060222.html

未成年者がきちんと取引ができるか、正直言って不安です。
だれでもはじめは初心者なので、評価数による参加制限はしたくありませんが、年齢制限はつけたいところです。

ネットオークションは売り手も買い手も素人ですから、店(ショップ)のような四六時中万全の対応ができるとは限らないことが大前提。
店の「客」だからといって甘えることなく、オークションの「参加者」という意識で慎重に対応していれば、無駄にトラブルを起こさないと思いますが。
20歳過ぎていても、対応が大人気ない参加者もいますけどね。

| | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

お手玉うさぎのカップル

usa03

ひな飾りのつもりで、ちりめんのはぎれで雪うさぎの形のお手玉を作りました。
グレイとピンクで夫婦・カップル・ペアです。
グレイは地味かなと思いましたが、赤い柄を足してやるとけっこうかわいくなりました。

もう半年ぐらい前から作ろうと型紙や材料を集めて、2月になってやっととりかかりました。材料を揃えるのが意外と手間ですが、簡単な形なので1個1時間もあればできます。
中身にペレットをつめています。ぬいぐるみやお手玉につめるプラスチック樹脂の粒です。大きい手芸洋品店に行かないと見つかりません。参考までに通販できる楽天のショップを紹介します。

【楽天市場】ペレット1kg:手芸の山久

【楽天市場】樹脂ペレット:手芸の店ラヴリー

| | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

バナナチップを求めて

最近はバナナチップに熱をあげています。
きっかけは無印良品の「チョコがけバナナチップ」。歯ごたえと適度な甘さで病みつきになりました。

口当たりがいいのでつい食べ過ぎてしまいますが、これがけっこうカロリーが高い。栄養価のあるバナナを油で揚げているのですから。
控えなきゃなと思いながら、ドラッグストアや100円ショップに行くとつい探してしまいます。ドライフルーツは袋菓子かおつまみのコーナーに置いてあります。置いていない店も多いし、店によってメーカーがまず違います。探すのがまた楽しみになっています。

◆ブログ:ココログ:トラックバック野郎:
 『私がハマった一押しスイーツ!』

| | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

手笛(ハンドオカリナ)が吹けました

tebue02一般に「手笛」と言われているようですが、正式にはなんと言うのでしょう。
両手を組んでほら貝の形を作って息を吹きかけて音を出す手遊びです(図参照)。
「手笛」で検索しても画像が見つからないのでいまいち確信が持てません。
あと鉄道の乗務員が使う金属製のホイッスルも「手笛」と呼ぶようです。

今日の午前中「笑っていいとも増刊号」を見ていたら、テレフォンショッキングのゲストの人が司会のタモリさんに手笛(ハンドオカリナと言っていました)の吹き方を教えていました。
ハンドオカリナの吹き方を覚えるため、吹き口にストローを当てて息を吹き込む方法を教えていました。ストローで吹けば簡単に音が出るそうです。タモリさんはすぐにコツをつかんで、ストローなして音が出せるようになりました。

家にストローがないので、ストローを吹く要領で息を吹き込んでみたら音が出るようになりました。まだ完璧に出せるわけではありませんが、60%ぐらい成功するようになりました。今までまったく吹けなかったのに、ヒントがつかめたらわりとすぐにできたので驚きました。

コツを忘れないように、手笛(ハンドオカリナ)の吹き方をまとめます。

(1) 親指以外の4本の指を揃えて、両手を重ねる。小指の外側を反対の手のひらの筋に沿わせる。
(2) 親指を伸ばし、手の外側をくっつけてほら貝の形を作る。手の内側に空間を作り、外周はすきまを空けないように。
(3) 親指の付け根を少し空けて吹き口を作る。このとき手首にすきまができてもOK。
(4) 吹き口の手首側に口をつけて息を吹き込む。吹き口を完全にふさがず、空気が抜けるように指先側は空ける。息を吹き込むときは腹式呼吸で、親指の先に空気を送るように、息をするどく集中させる。

手の中で空気が振動するのがわかるので、音を手でつかんだみたいで面白いです。
ハンドオカリナを教えてくださった米村でんじろう先生、ありがとうございます。

| | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

Google AdSenseの審査基準

ココログにGoogle AdSense(グーグル・アドセンス)の広告を入れるようにしました。

1ヶ月前に他のサイトで登録しようとしたら審査ではねられて落ち込みましたが、「右月左月」で申し込んだら3日で審査通過しました。

前のサイトの何が悪かったのでしょう。
『家にいながら月30万円!ブログで楽に儲かる方法』を読んで、ヒントが見つかりました。
Google AdSenseは「ドメインもしくはサブドメインまでのURLがないと申し込めない」のです。

審査ではねられたサイトのURLは
http://homepage2.nifty.com/n-bunko/

このうち「nifty.com」がドメイン、「homepage2」がサブドメインです。

「アット・ホームページ」という@ニフティの会員用ホームページ作成サービスを使っているので、サブドメインが他の人と共用になります。内容がよくても個別のサブドメインがないためにはねられたのです。

一方ココログのURLは
http://right-left.tea-nifty.com/

サブドメインの「right-left」が個別のものなのでこれは通過しました。
サイトの訪問者数や内容の審査は厳しくないらしいです。

Google AdSenseは、一つのサイトが登録できると自分の管理している他のサイトにも広告が貼れます。
審査にはねられたサイトにもちゃんと広告が表示できました。
広告のタグを貼るのが大変ですが、ひまをみて作業していきます。

| | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

[ダメ人間]の思考パターン

「週刊SPA!」の今週号(2月7日号)の記事「[ダメ人間]の思考パターンから脱却せよ!!」は、自分に思い当たる節がありすぎで気が滅入ります。

特に自戒しなければと思った思考パターン。
◇理由がつけば何でも許される。
◇変化、不意打ちという意外性を考慮できない。

そして、
◆ダメ人間はダメ人間であることを望む。

現実から目をそむければ、ぬるま湯のように居心地がいいのです。現状が永遠に維持できればね。

| | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

いい傘があると雨の日も軽快

太平洋側に住んでいるので冬はあまり傘を使いませんが、今日は久しぶりに本格的な雨降りです。
今使っている折りたたみ傘は、無印良品の2005年秋の新作です。

[ポリエステル水玉柄折りたたみ傘 55cm・茶色] 《無印良品ネットストア》

木製の持ち手も石突(傘の先端部分)も長傘並にしっかりしています。
開くときれいなドーム型で女性らしいフォルムになります。
それでいて二つ折りにすればバッグに入る持ち易さ。
傘袋は閉じたときと開いたとき両方で使えます。店に入るときいちいちビニール袋を使い捨てにするのがもったいないので、長いままの傘を入れられる傘袋は便利です。
色はシックなブラウン(他に紺色など)。細かい水玉がまた女らしい上品なかわいらしさ。
かなり気に入っています。




| | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »