« 『ピアノの誕生―楽器の向こうに「近代」が見える』西原稔 | トップページ | 快適なウィンドウズXPパソコンを求めて »

2006年9月26日 (火)

『〈講談社ノベルス〉京極夏彦全作品解説書』非売品

Kyogoku01_1

『邪魅の雫』【楽天ブックス】
『邪魅の雫』【アマゾン】

本日発売の京極夏彦〈妖怪シリーズ〉最新刊『邪魅の雫』〈講談社ノベルス〉を買いました。800ページ超の長編です。
買ったときに、書店のレジで「講談社ノベルス 京極夏彦全作品解説書(平成十八年度版)」という素敵な小冊子をおまけでつけてもらいました。

講談社ノベルスから出ている京極夏彦の小説〈妖怪シリーズ〉、つまるところ古本屋兼陰陽師・京極堂、欝の小説家・関口、規格外れの探偵・榎木津、堅物の刑事・木場を中心とした面々が奇怪な事件に巻き込まれる人気シリーズミステリ。この〈妖怪シリーズ〉で起きた事件の概要、事件年表、登場人物の相関図などをビジュアル的に紹介しています。シリーズでタイトルとして登場した妖怪たちを京極氏自身の筆によるカラーイラストで解説。
新書サイズ/36ページ/中とじ/オールカラー。
おそらく『邪魅の雫』の宣伝用と思われますので、どこの本屋でも必ず付けてもらえるとは限りません。店頭で新刊を見かけたので買ったのですが、運が良かった。

|

« 『ピアノの誕生―楽器の向こうに「近代」が見える』西原稔 | トップページ | 快適なウィンドウズXPパソコンを求めて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/12048357

この記事へのトラックバック一覧です: 『〈講談社ノベルス〉京極夏彦全作品解説書』非売品:

« 『ピアノの誕生―楽器の向こうに「近代」が見える』西原稔 | トップページ | 快適なウィンドウズXPパソコンを求めて »