« 『ぼくらのなまえはぐりとぐら』絵本「ぐりとぐら」のすべて(CD付) | トップページ | ココログの「リンク」リストにバナー画像を貼る方法 »

2006年10月 9日 (月)

中国・韓国・日本合作の歴史アクション映画『墨攻』と原作

【中華芸能】劉徳華主演『墨攻』11月公開前に北京で記者会見
Yahoo!ニュース - サーチナ・中国情報局 - エンターテインメントニュース - 10月9日(月)18時25分

>この作品は日本の漫画家・森秀樹の同名コミックを映画化したもの

そしてそのコミックは酒見賢一の小説『墨攻』(新潮文庫)を漫画化したものですが、小説のことには触れていませんね。
コミック版は途中から原作を離れたオリジナルの展開になって、映画はコミックに沿っているから小説は直接原作とは言えませんが、ちょっと哀しい。
酒見さんは1989年に第1回日本ファンタジー小説大賞受賞作『後宮小説』(新潮文庫)でデビューした小説家です。中国の戦国時代を舞台にした『墨攻』も1991年に第104回直木賞候補作にあがり、1992年には中島敦記念賞を受賞した、酒見さんの代表作です。
最近の日本のテレビドラマはマンガ原作の作品が多いようですが、映画も小説よりマンガ原作の方がとっつきやすいのでしょうか。

|

« 『ぼくらのなまえはぐりとぐら』絵本「ぐりとぐら」のすべて(CD付) | トップページ | ココログの「リンク」リストにバナー画像を貼る方法 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/12216956

この記事へのトラックバック一覧です: 中国・韓国・日本合作の歴史アクション映画『墨攻』と原作:

« 『ぼくらのなまえはぐりとぐら』絵本「ぐりとぐら」のすべて(CD付) | トップページ | ココログの「リンク」リストにバナー画像を貼る方法 »