« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月26日 (火)

アマゾンでお買い物(2006年12月)

12月末使用期限のアマゾンギフト券500円分を使うためにお買い物。
先週水曜日注文で本日火曜日到着。(出版社取り寄せの本があったから)
今年中に荷物が届いてよかった。もうそろそろ年末年始は配達トラブルの増える時期だから通販は控えねば。

『新しい国語表記ハンドブック【第五版】』〈三省堂〉は、『すぐに稼げる文章術』で参考文献に挙げられていた本です。常用漢字や現代仮名遣い、同音異義語などを見やすくまとめてあります。読みやすい文章を書く手引きに。

『城-夢想と現実のモニュメント』澁澤龍彦〈河出文庫〉
『暗黒のメルヘン』澁澤龍彦:編〈河出文庫〉
『〈言葉の標本函〉オブジェを求めて』澁澤龍彦:編〈河出文庫〉

シブサワタツヒコ三連発。夏貸文庫/澁澤龍彦文庫リストのために。

河出文庫は2005年ごろからカバーの背表紙が黄色に変更になりましたが、『オブジェを求めて』は変更以前の旧カバーの初版でした。よかった。既に持っている同じアンソロジー〈言葉の標本函〉3部作の『夢のかたち』『怪物から天使まで』が旧カバーだったので、3冊とも背表紙がお揃いになりました。

| | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

上海のローソンが、日本メーカーの猫舎招き猫グッズ類似商品販売

招き猫グッズ類似商品やめて 上海のローソンを提訴へ
Infoseek ニュース > ニューストップ > 経済・ビジネス > 経済
(共同通信)[ 2006年12月22日19時38分 ]

>名古屋市のインテリア雑貨メーカー、ナガヤが販売している招き猫グッズに酷似した商品を、中国上海に展開するコンビニ「ローソン」が販売しているとして、ナガヤ側は近く、損害賠償を求め上海で提訴する構えだ。

ナガヤが販売している招き猫グッズというのは「猫舎道楽堂本舗」というブランドの和風雑貨です。
目を細めて笑っている招き猫をモチーフにした、かなり特徴のあるかわいいデザインです(↓下記の商品写真参照)。
ナガヤの直売ショップのほか、全国の雑貨屋でも広く販売しています。

私もこの「猫舎道楽堂本舗」のグッズが好きなので、ナガヤさんには頑張ってほしいです。

【楽天市場】ナガヤアイショップ(直販ネットショップ)


猫舎道楽堂本舗 金運バンク

■猫舎道楽堂本舗 バンク「花」両手招き(小)


| | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

Googleアドセンス100$突破

Google AdSense(グーグル・アドセンス)の収益が100$(米ドル)突破しました。
支払いが留保されていたので、税務情報の送信をして支払いを可能にしておきました。
税務情報といってもアメリカ合衆国内で税金を払う義務が無いことを申告して署名を添えてGoogleに送信するだけです。

アドセンスを2月に始めて11ヶ月。なんとか一年以内に初振込ありそうです。
9月に50$超えて、10月に個人識別番号 (PIN) が郵送にて届きました。
50$超えたあたりからクリックが増えました。

気の向くままにいろんな方向に書き散らしているブログより、テーマを決めた記事を書いているホームページ(サイト)の方が、読む人の興味をそそる広告が表示されているような気がします。
自分ががんばって作ったページで収入が上がるのは本当に励みになります。
正月休みはサイトの更新をがんばりたいです。
色鉛筆のリストにアフィリエイトリンクを付けたら数万円の色鉛筆のセットが着々と売れているので、画材のページにも力を入れたいです。

夏貸文庫画材置場

| | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

大みそかはNHK FMで「きょうは一日“みんなのうた”三昧」

今年の年末大みそか12月31日(日)にラジオのNHK FMで「きょうは一日“みんなのうた”三昧」と題して、約10時間の生放送を行います。(一部は衛星第2でも放送)
時間は午前9時から午後6時50分。

番組ラストの午後6時から50分間は“リクエストアワー”として、視聴者からの希望の多い曲が紹介されます。リクエスト方法は放送当日、番組内と「みんなのうた」ホームページ上で告知されます。

「みんなのうた」大好きなので、たくさん曲が聴けるのが楽しみです。
FMラジオをかけっぱなしにしながらMDに録音しましょうか。
放送された曲のリストを作って、収録CDや音楽ダウンロードサイトのアフィリエイトリンクをつければけっこう儲かる気がします。

個人的に聴きたいのは、さそり座の「最後のシュート」。部活の最後の試合で負けたくやしさ。学生時代を思い出してじんわり泣けてくる歌です。

みんなのうた
「きょうは一日“みんなのうた”三昧」

| | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

アマゾン・アソシエイト第3四半期分紹介料が再振込

今日、仕事から帰宅後メールをチェックしたら、ジャパンネット銀行から「振込入金のご連絡」のメールが入っていました。
ジャパンネットの口座を確認したら、今日の昼の12時にアマゾンから入金されていました。
金額から、11月に受け取り失敗したアマゾンアソシエイトの第3四半期分(7~9月分)の紹介料のようです。

紹介料の振込に失敗した話は11月18日の記事に書いています。

右月左月: アマゾン・アソシエイト紹介料振込エラー

三菱東京UFJ銀行で受け取ろうとして失敗した後、11月後半に紹介料受け取り口座をジャパンネット銀行に変更しました。
次回の第4四半期分(10~12月分)支払いと一緒になるかと思ったら、新たに振り込みなおしてくださったようです。お手数おかけしました。

| | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

『すぐに稼げる文章術』『2週間で小説を書く!』『海』


『すぐに稼げる文章術』日垣隆〈幻冬舎新書〉
『2週間で小説を書く!』清水良典〈幻冬舎新書〉
『海』小川洋子〈新潮社〉

「本の雑誌」のアンケートの謝礼で2500円分の図書カードをもらったので、景気よく本を買いました。

このブログの左コラムに置いているアマゾンの広告スペースは「日本語」をキーワードにした本がランダムに表示されるように設定しています。
『すぐに稼げる文章術』はそこで見かけて興味を持ちました。
今年の11月に創刊した〈幻冬舎新書〉の1冊です。
ネットオークションの連絡メール、ビジネスの企画書や社内文書など必要に迫られて書く実務文から、ブログやメールマガジンで読者をひきつけるエッセイなどの書き方を、軽快な語り口で指南します。
ブログなどのネットコミュニケーションの発展で、アマチュアでも文章で稼げる時代だからこその本ですね。
今日のところ(12月17日)アマゾンに在庫が無いらしく、定価720円の本がマーケットプレイスで2000円近い値段をつけられています。でも大きい書店に行けば黄色い新書が山積みになっていますし、他のネット書店でも扱っています。あわててマケプレで買うことないですよ。

『2週間で小説を書く!』は『すぐに稼げる文章術』と同じ幻冬舎新書の黄色い山でタイトルに興味が湧きました。
素人が2週間(14日)で短編小説を書き上げるための実践練習プログラムです。
著者は高校の国語教師から大学の教授になった文芸評論家で、若い人に文章を書かせる指導に長けています。
シミズヨシノリといっても名古屋出身の小説家(清水義範)ではなく、名古屋の大学の先生のほうです。

『海』は小川洋子さんの単行本。大ヒット作『博士の愛した数式』前後に書かれた7編の短編小説を収録しています。装幀は吉田篤弘・吉田浩美(クラフトエヴィング商會)。
数ヶ月前から買おうか迷っていましたが、「本の雑誌」1月号の私のベスト3でほめている人がいたのでやっと決心しました。
新潮社が付けたオビの「この世界の素晴らしさを優しく伝えてくれる短編集」というコピーにも期待させられます。

| | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

川原由美子『愛蔵版 観用少女〈明珠〉』その他のマンガ

名古屋のアニメイトで『愛蔵版 観用少女〈明珠〉(めいじゅ)』(川原由美子/朝日ソノラマ)、『金魚屋古書店(4)』(芳崎せいむ/小学館)、『のだめカンタビーレ(1)~(6)』(二ノ宮知子/講談社)買ってきました。
新しいポイントカードになって1円からポイントが付くのでありがたい(以前は1000円ごとだったので)。

『愛蔵版 観用少女〈明珠〉』の詳細については後日夏貸文庫/『観用少女』作品リストにて。
文庫未収録の「”プレゼント”」(単行本4巻収録)と、6月のネムキ増刊に収録された「オーロラ姫」「ユメデアウマナザシ」が目新しいところです。
単行本・増刊未収録の作品は次の〈夜光〉までおあずけです。

本が上製本(ハードカバー)だと重たいかと心配したら、表紙の紙は厚くないボール紙で軽く仕上げてすっきりしています。
中のカラーページがマットな紙。単行本のつるつるしたカラーページより好印象です。
カバーの紙は汚れそうだけど手触りもよいです。カバーに小窓が開いていて、カバーをめくると、描き下ろしカラーイラストの本体の表紙の全体が見られます。

| | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

森永 甘酒〔缶/フリーズドライ〕かんたんに本格的甘酒


森永 甘酒ドリンク缶 190g 1本
(【楽天市場】イージャパンアンドカンパニーズ)

森永 甘酒フリーズドライ 98g(14g*7袋)
(【楽天市場】ケンコーコム)

『クロワッサン 2006年 12/25号』を掃除特集目当てで買いました。頑固な汚れの取り方や生活家電の手入れなどを写真やイラスト入りで丁寧に解説しているので、自分でもきれいにできそうな気になります。

その雑誌の中で「森永の甘酒」の広告ページに目が惹かれました。
喜多川歌麿の美人画「難波屋おきた」をメインビジュアルに使った上品できれいな画面です。甘酒のかわいい和風の商品パッケージと似合っています。

森永の甘酒の赤い缶はコンビニのホットコーナーで見かけます。
インスタントのフリーズドライタイプもあるのですね。
甘酒のもとを鍋で煮るとなると大変です。寒い冬を暖かく過ごすため、家で温かい甘酒を手軽に飲むならフリーズドライの甘酒は便利です。冬休み・お正月のおもてなしに。

◆森永 甘酒
「酒粕」「米麹」の米から作られた栄養素の高い発酵食品原料で美味しく仕上げた本格的な甘酒です。
冷たいお水、温かいお湯でも簡単に溶け、いつでも美味しく飲める甘酒です。

森永 甘酒(公式サイト)

◇森永 甘酒ドリンク 缶入り 190g×30缶〔ケース販売〕
森永 甘酒ドリンク 缶入り 190g×30缶
【楽天市場】ケンコーコム
森永 甘酒ドリンク 缶入り 190g×30缶
【楽天市場】イージャパンアンドカンパニーズ

◇森永 甘酒フリーズドライ 56g(14g×4袋)
森永 甘酒フリーズドライ 56g(14g×4袋)
【楽天市場】ケンコーコム

◇森永 甘酒フリーズドライ 98g(14g×7袋)〔お徳用〕
森永 甘酒フリーズドライ 98g(14g×7袋)
【楽天市場】ケンコーコム
森永 甘酒フリーズドライ 98g(14g×7袋)
【楽天市場】イージャパンアンドカンパニーズ

◇森永 甘酒フリーズドライ 98g(14g×7袋)×10箱〔お徳用ケース売り〕
森永 甘酒フリーズドライ 98g(14g×7袋)×10箱
【楽天市場】イージャパンアンドカンパニーズ

| | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

ドコモ携帯電話FOMA「D902i」用の電池パック発熱・破裂の恐れで回収

携帯電話 電池、ドコモ130万個回収…発熱、破裂の恐れ
 Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 社会ニュース - 12月8日(金)10時5分

<携帯電話>電池、ドコモ130万個回収…発熱、破裂の恐れ
 Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 社会ニュース - 12月7日(木)20時49分

三菱電機が製造しドコモが販売している携帯電話FOMA「D902i」の電池パックが発熱・破裂の恐れがあるとして、約130万個の電池パックを回収、無償交換することになりました。

12月7日の記事のほうに電池パックの品番について詳しいことが書かれています。

>回収対象の電池は三洋電機の子会社「三洋ジーエスソフトエナジー」(京都市)が製造し、三菱に供給している「D902i」用のリチウムイオン電池。06年5月以前に製造されたもので、電池パックの側面に「OKA」、「OLA」、「PAA」、「PBA」、「PCA」、「PDA」、「PEA」のラベルが添付されている。

記事によると、今年3月上旬から「電池が熱くなる」といった苦情が寄せられ、製造工程を改善して以後に出荷した電池ではトラブルは起きていないらしいです。
暑い夏を過ぎた8月以降から、改善前の製品の破裂や高温発熱など深刻なトラブルが持ち上がったため、苦情を申し出ていたお客さんには個別で電池交換していました。11月末にはとうとう火傷の被害者が出たため、公表して回収に踏み切ったようです。

うちのブログで2006/08/27に「ドコモFOMA、電池パック膨張で無償交換」という記事を書きました。
この記事を書いたあと、訪問者が一気に増えて、携帯電話のトラブルに対する世間の関心の高さがうかがえました。

ドコモ、昨年から無償交換 FOMA12機種で電池パック膨張
 Yahoo!ニュース - フジサンケイ ビジネスアイ - 8月26日(土)8時32分

>交換の対象としている機種は、パナソニックモバイルコミュニケーションズ製の電池パック「P-06」を搭載している7機種、シャープ製の「SH-04」「SH-05」を搭載する計4機種、NEC製の「N-09」を搭載する1機種。

8月に記事になった電池と、今回回収騒動になった電池は別機種です。でも、今回の問題の電池も8月には既に複数の苦情が寄せられていたわけです。
トラブルが公表されていない機種でも、異常を感じたらドコモの窓口に相談に行ったほうがいいですね。こっそり電池パックを交換してくれるかもしれません。

私も9月にドコモの窓口へ高熱を発する電池パックの相談に行きましたが、無償交換はしてもらえませんでした。ドコモクラブのポイントで新品の電池パックを購入して、交換して使っています。ポイントが減ったのは損した気分ですが、電池切れにおびえたり発熱で火傷の心配するよりは心の安定が得られます。

| | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

『読んでおきたいクラシック♪』「のだめ」等クラシック音楽マンガガイド


『読んでおきたいクラシック♪』〈英知出版〉

今日、コンビニで立ち読みして衝動買いした本です。
ドラマ化などで話題の二ノ宮知子『のだめカンタービレ』を中心に、『神童』『いつもポケットにショパン』など、クラシック音楽演奏のプロ、音楽学校・音楽大学の学生など本格的に音楽に青春を捧げている若者を描いたマンガの名シーンを紹介しながら、クラシック音楽のウンチクをかたむける本です。
マンガに登場する曲や作曲家のエピソードが初心者にもわかりやすく面白く語られています。
『のだめ』原作者の二ノ宮先生やヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんのインタビューや、初心者向けの音楽基礎講座や雑学コラムがあって、非常に読み応えがあります。

最近になって『のだめカンタービレ#0キャラクターBOOK』二ノ宮知子〈講談社〉を買いました。2005年10月初版で、私が買ったのは2006年11月の第8刷でした。本当に売れてますね。
『キャラブック』読んでいたらコミックス読み返したくなりました。ずっと雑誌連載の立ち読みで済ませていたけど。現在コミックス16巻刊行済みです。
最近の人気で既刊16巻一気買いしている人も多いようですけど、私はマンガ単行本って10巻超えると新規には手を出しづらいです。今買うとドラマに影響されたみたいで恥ずかしいし。でも年末なら読む暇あるしな。


のだめカンタービレ特集
 セブンアンドワイ(セブン-イレブンで受け取れば送料無料)


| | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

「明月記」に記録された大客星(超新星)の今の姿

千年前に藤原定家が記録の「超新星」、すざくが観測
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 社会ニュース - 12月9日(土)12時44分

>鎌倉時代の歌人・藤原定家(1162~1241)が日記「明月記」に出現の記録を残している超新星「SN1006」の現在の様子を、エックス線天文衛星「すざく」がとらえ、宇宙航空研究開発機構が画像を公開した。

「明月記」は1180~1235年(鎌倉時代)に書かれたもので、公的な政治や古い記録、和歌などの見聞を記し、鎌倉時代の史料として有名なものです。

「明月記」の中に天文・気象分野を司る陰陽寮の古い記録から客星(彗星・超新星)の記録がいくつか書き写されています。その中に3つの超新星の記録があります。
その3つのうち一番有名なのが1006年に現れた超新星で、当時はマイナス6・3等(満月の約半分の明るさ)と非常に目立つ星で特に「大客星」と書かれていました。日本だけでなく、中国・欧州・アラビアにも記録が残っています。

※参考資料
『星の古記録』
斉藤国治〈岩波新書〉

詳しい報告と映像は宇宙科学研究所X線天文グループ の「すざく」ホームページに掲載されています。

すざく観測速報12: すざくが観測したSN1006
「すざく」ホームページ(2006/07/11)
宇宙科学研究本部|JAXA「すざく」公式ホームページ

この記事、Yahoo!ニュースのサイトに掲載されたのは12月ですが、実際に「すざく」ホームページで公表されたのが7月なのですね。

それで思い出したのが清原なつのさんのSF短編マンガ「ふたなり姫ととりかえばや皇子」。この話の中に藤原定家と「大客星」が出てきました。今年の7月末に発売の雑誌『月刊 flowers (フラワーズ) 2006年9月号』に掲載された作品です(コミックス未収録)。
作品の発表時期を考えると、「すざく」の観測速報でこの「大客星」が取り上げられるのを見越して描いたのでしょうか。観測の予定は数ヶ月前からホームページで発表されていたのでできない話ではありません。
流石は清原さん。作品に時事ネタを合わせるのも、SFネタを少女マンガに消化するのも素晴らしいお手並みです。それに数ヶ月気づかなかったとはファンとして不覚です。

※清原さんの過去の作品リスト
夏貸文庫/清原なつの作品リスト

| | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

川原由美子【愛蔵版】『観用少女』【完全版】〈明珠・夜香〉

川原由美子『観用少女』〈朝日ソノラマ〉が全2巻の愛蔵版・完全版(A5判ハードカバー)になって刊行されます。
刊行準備中の仮タイトルは『観用少女【完全版】(1)(2)』でしたが、正式タイトルは『愛蔵版 観用少女<明珠>(めいじゅ)』『愛蔵版 観用少女<夜香>(やこう)』に決定しました。

◇単行本未収録作品を含む「観用少女」シリーズ全作品を収録。
◇雑誌掲載時のカラー原稿を完全収録。
◇一部原稿に加筆・修正・彩色。

読めなかった作品を読めるのはうれしいですが、新作が出ないのが残念です。読みきり連作シリーズなので、続きが出ないと困る作品ではありませんが、まだまだ新しい話が読みたいです。
原稿に加筆・修正・彩色や、カラー原稿完全収録は非常にうれしいですが、描き下ろしで新作短編が載っていたらもっとうれしかったのに。

第1巻〈明珠〉は12月18日ごろ発売予定。早ければ来週末には発売されます。
第2巻〈夜香〉は来年1月中旬発売予定。

ネット書店で予約受付中です。

『愛蔵版 観用少女 <明珠>』
【アマゾン】(1500円以上送料無料)

『愛蔵版 観用少女 <明珠>』
『愛蔵版 観用少女 <夜香>』
【楽天ブックス】(完全送料無料キャンペーン中)

『愛蔵版 観用少女<明珠>』icon
『愛蔵版 観用少女<夜香>』icon
【セブンアンドワイ】(お近くのセブン-イレブンで受け取れば送料無料)

朝日ソノラマ/愛蔵版「観用少女〈明珠〉〈夜香〉」発売のお知らせ
朝日ソノラマ/今月の新刊

夏貸文庫/『観用少女』作品リスト

| | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

三菱鉛筆ユニ・ウォーターカラー(水彩色鉛筆)36色セット

 

三菱鉛筆ユニ・ウォーターカラー36色セット
(【楽天市場】横浜文具ミュージアムAZ)

迷った末に『色えんぴつを楽しむ本―色えんぴつ全12ブランド40種/誰でも簡単!色えんぴつアート』〈木世出版社〉を買いました。
ファーバーカステルのアートグリップ水彩色鉛筆3本おまけ。一般的な子供用色鉛筆に比べれば格段に上質です。でもポリクロモス(色鉛筆の王様と呼ばれる最高級品)と比べると劣りますね。

いろんなブランドの色鉛筆のカタログを見ているうちに、新しい色鉛筆が欲しくなりました。
色鉛筆・60色でぬりえをしても、思う色が出せないのでこんどは水彩色鉛筆が欲しいです。
楽天スーパーポイントが貯まっているので、楽天市場のネット通販で買ってしまいました。

□水彩色鉛筆
□ばら売りで1本ずつ買い足せる
□36色以上
□芯が軟らかい
□水溶けがよい
□5000円前後

という条件で吟味した結果が三菱鉛筆のユニ・ウォーターカラー36色セット(【楽天市場】横浜文具ミュージアムAZ)。

ファーバーカステルのポリクロモス(油性色鉛筆)の書き味が好きなので、同社のアルブレヒト・デューラー水彩色鉛筆が欲しかったけど、ため息が出るほど高いです。全120色缶入りが3万円します。完全に予算オーバー。
ダーウェントの今年発売の新作のインクテンス(水彩色鉛筆)とカラーソフト(油性色鉛筆)の書き味も気になります。

買えないのが悔しいので、いろいろなブランドの色鉛筆のデータを集めてサイトで公開して自分を慰めています↓。

夏貸文庫画材置場

| | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »