« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月24日 (土)

ヤマハ チューナー/メトロノーム購入


YAMAHA TDM-70 チューナー&メトロノーム
【楽天市場】イシバシ楽器 WEB SHOP
ヤマハ/デジタルメトロチューナーTDM-70
【楽天市場】楽器de元気

電子キーボードを弾いていて指がもたもたしてリズムが揃えられないので、メトロノームを導入して正しいリズムを覚えることにしました。

名古屋パルコの島村楽器(東館5階)で買ってきたのがヤマハ(YAMAHA)の「TDM-70」。デジタルメトロノームとチューナーが一体になった機種です。
メトロノームのリズムは、電子音と、液晶画面に表示される振り子の針が左右に動くアニメーションと、液晶画面の左右にある赤いランプの3種類で表示されます。
チューナーは自分には不要でしたが、振り子の画面が気に入ったのでこれにしました。

島村楽器は楽器の他に、楽譜も多数置いてあります。一般の書店で見かけない全音のピアノ楽譜や、大人向けや子ども向けのピアノ教本もいろいろ見比べることができました。

ここで『ドラマ 「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブック 』月刊ピアノ2006年12月号増刊〈ヤマハミュージックメディア〉を2冊も見つけました。まだ残っているって、ここに来るお客さんはドラマののだめには興味が薄いのかな。
昨年秋放映のテレビドラマ「のだめカンタービレ」の出演者・関係者インタビューやクラシック音楽の雑学、登場曲のスコア(楽譜)などが掲載されています。放送途中の発行なのでドラマの写真が(11話中)4話までしか載っていませんが、非常に読み応えある内容です。
昨年末に発行されてから書店で探していたのですが、見つからないうちに版元在庫なしになっていました。のだめの原作マンガは好きだけど、ドラマは興味ないから読めなくても別にいいかなと思っていましたが、ドラマ放映が終わってからも熱の冷めないファンの大好評に感化されてドラマにも興味がわいてきました。
定価1000円が現在アマゾンで2000円以上の値段がつけられています。それを今頃定価で購入できるとは本当に運がいい。神様からの誕生日プレゼントですね。誕生日おめでとう、自分。

| | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

『ハ調で弾くクラシック やさしいクラシック名曲ピアノ曲集』

ハ調で弾くクラシック やさしいクラシック名曲ピアノ曲集
水野 薫:編集〈ドレミ楽譜出版社〉

初心者向けのクラシックピアノ楽譜です。
「別れの曲」「月の光」「悲愴ソナタ」「ラカンパネラ」「亜麻色の髪の乙女」「英雄ポロネーズ」など有名なピアノ曲を、初心者でも弾けるようにやさしく編曲しています。
演奏技術の目安は、バイエル後半からツェルニー30番程度。
収録曲はアマゾンの商品ページ参照。
曲や作曲者について簡単な解説が付いていて、曲の理解の参考になります。

これは2005年刊行の新装版ですが、私が持っているのは古本屋で買った1993年版の『ハ調で弾くクラシック 珠玉のピアノ名曲50選』。収録されている曲は同じようです。

| | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

小山実稚恵のピアノ演奏によるバイエル練習曲

「バイエル 練習」をキーワードにGoogleで検索したら、NHK名曲アルバムのページがヒットしました。
2003年3月に「バイエル練習曲」を放送したらしいです。

NHK『名曲アルバム』トップページ
『名曲アルバム』2003年3月の放送予定

「バイエル練習曲」 バイエル 作曲/南 安雄 編曲
 小山 実稚恵(ピアノ)十束 尚宏(指揮)東京フィルハーモニー交響楽団
 取材地:マインツ(ドイツ)

小山実稚恵さんは1985年の第11回ショパン国際ピアノ・コンクール(ショパン・コンクール)4位入賞の実績を持つ、日本でも指折りのピアニストです。
初心者向けの練習曲も、人気ピアニストが日本有数のオーケストラをバックに演奏したら名曲になるのですね。ぜひ聞いてみたいものです。再放送をしないでしょうか。

| | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

バイエル後半程度、ツェルニー30番程度


古本屋で『標準バイエルピアノ教則本』と『ツェルニー30番練習曲』(全音ピアノライブラリー)を入手しました。鉛筆の書き込みがあるのですごく安く買えました。実に運がいい。
バイエルはつまらないし最近のピアノ教室では使われないとも聞きますが、試しに買っても悪くないでしょう。愛想の無い楽譜なので、独習だと途中で飽きそうな気がしますが。

市販の初心者向けの楽譜は、バイエルなどの有名なピアノ教本・教則本・練習曲の習得レベルで難易度を示すことが多いです。

「バイエル前半程度(バイエル上巻程度)」「バイエル後半程度(バイエル下巻程度)」が初歩・初級レベル。
バイエルが終わって「ツェルニー(チェルニー)百番(100番)程度」または「ブルクミュラー(ブルグミュラー)25程度」でやっと初級卒業。
「ツェルニー(チェルニー)30番程度」「ソナチネアルバム」ぐらいで中級レベルらしいです。

前回紹介した『おとなのためのピアノ教本(1)』はバイエル前半程度、続編の『おとなのためのピアノ教本(2)』はバイエル後半程度のグレードになっています。

◆『標準バイエルピアノ教則本
◇『ツェルニー百番練習曲 解説付
◆『ツェルニー30番練習曲
◇『ブルクミュラー25の練習曲
 (全音ピアノライブラリー)全音楽譜出版社

| | トラックバック (1)

2007年2月17日 (土)

『おとなのためのピアノ教本(1)』

『おとなのためのピアノ教本(1)』
編著:橋本晃一〈発行:ドレミ楽譜出版社〉

アマゾンで初心者向けピアノ教本を探して買った本です。
ピアノを始める導入・入門クラスの内容です。右手でメロディ、左手でコードを抑えて伴奏できる基礎レベルを丁寧に教えてくれます。
この本でアルペジオ(分散和音)がやっと理解できました。
左手で〔ドソミソ〕を繰り返す「アルベルティ・バス」ができなくてつまづいていたところなので、名前がわかっただけで親しみがわいてきました。

音楽・スコア・音楽書 Amazon.co.jp
ピアノ初心者向け教本 Amazon.co.jp

ピアノレッスンのヒント
 ピアノの練習の参考になる読み物がいっぱいあるサイトです。
 初心者・初級から中上級まで、ピアノの教材・教則本について難易度や内容解説が頼りになります。
 バイエルとかツェルニーとか、どれから始めればいいのかわからない方にオススメ。

| | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

『アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに』

『アッチュム!フランスのかわいい古書を探しに』
著:畠井真里〈発行:青山出版社〉

著者はフランス在住の日本人の方。
1960年代から1970年代に発行されたフランスの子ども向けの絵本や雑誌、ビジュアルブックを取り扱っているオンライン古本屋「アッチュム・ポワン・コム」を運営なさっています。

この本では「アッチュム・ポワン・コム」で売られている童話、教科書、少女向け雑誌、家庭雑誌、童謡のレコードなどの内容をカラーで紹介しています。簡単な解説文付き。
表紙は地味ですが、中のページはものすごくカラフルでかわいい本です。
私も70年代に子ども時代を送ったので、この時代の子ども向けの本には懐かしさを覚えます。
フランスの本は教科書でも楽しそうでうらやましい。イラストもかわいいし、女の子たちがおしゃれさんです。現在より印刷技術は劣りますが、多色刷りの特性を生かした色使いが素敵です。見て楽しいし、デザインの勉強の刺激になります。

出版元のサイトで中身の一部を見ることができます。
青山出版社

著者のサイト
アッチュム ポワン コム

| | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

『あけるな』谷川俊太郎/安野光雅の絵本

『あけるな』
文:谷川俊太郎/絵:安野光雅〈発行:ブッキング〉
※この本はこちらから購入できます。

アマゾン『あけるな』
楽天ブックス『あけるな』
bk1『あけるな』
セブンアンドワイ『あけるな』icon
復刊ドットコム『あけるな』

長い間絶版状態だった『あけるな』が、「復刊ドットコム」を運営されているブッキングから2006年11月に復刊されました。
ふと立ち寄った書店でたまたま立ち読みできました。「あけるな」と書かれた扉を開けて進むと……。子どもが読んでも不思議な絵本ですが、大人が読むとラストがギョッとさせられます。

復刊ドットコムから通販できますが、2月11日現在在庫なしのようです。多分増刷中だと思いますが、お急ぎの方は在庫のある書店からお買い求めください。版元在庫なしなので、お取り寄せの書店ではかなり待たされると思います。

私はビーケーワン(bk1)から通販しました。2月8日(木)未明に注文して8日の午前中に東京からヤマト運輸のメール便で発送、10日(土)に愛知県に配送されました。メール便は宅配便より遅くなるので心配していましたが、思ったより早く連休中に届いて喜んでいます。

うれしい勢いで夏貸文庫の安野光雅さんの絵本のリストを更新しました。
夏貸文庫/安野光雅リスト

ついでにオンライン書店のリンクも一部見直しました。
見直したら、昨年末に安野さんの『旅の絵本II(2)』の改訂版が出たことに気づきました。表紙が変更になり、巻末に著者解説が付されたようです。ちょっと気になります。

| | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

名古屋駅前のバベルの塔

St02名古屋駅前の笹島交差点角に建設中の「モード学園スパイラルタワーズ」です。

近年、名古屋駅(名駅)前は超高層ビルの建設が盛んです。
数年前JRセントラルタワーズが開業したのを皮切りに、今年1月オープンのミッドランドスクエア、名古屋ルーセントタワーに続いて建設中なのがこのスパイラルタワーズです。

名駅前でスパイラルタワーズが際立って高いわけではないのですが、建設途中の様子をぱっと見て、ブリューゲルの描く「バベルの塔」の絵を連想しました。

バベルの塔は旧約聖書の『創世記』に出てくる伝説上の巨大な塔です。
内側の建物を先に作りらせん状(スパイラル)・階段状の外周を建設しているところとか、上に行くほど小さくなるところがブリューゲルの絵を思い出しました。

グーグルのイメージ検索で「バベルの塔」を検索すると、ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」の画像が見つかります。
Google イメージ検索

名古屋三井ビルディング南館・東館の建替事業に関する計画案策定
 ニュースリリース:三井不動産株式会社
 (スパイラルタワーズ完成予定図あり)

| | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

ラフマニノフ、ガーシュインの演奏を収録したCD

現在発売中の「ぴあ」2月15日号(表紙がチェロを弾くペ・ヨンジュン)を買いました。立ち読みで済まそうと思ったら、クラシック特集がかなり面白くてじっくり読みたかったので。

クラシック特集の中で『のだめカンタービレ』に出てくる曲12曲を選んで、オススメ盤CDを紹介しています。楽曲の説明もCDの推薦理由も丁寧で興味深いです。

ラフマニノフの「ピアノ協奏曲 第2番」については、ラフマニノフ自身がピアノを演奏しているCDを紹介しています。ラフマニノフが亡くなったのは1943年。既にレコードや映画のあった時代ですから録音が残っていても不思議ではないですね。

『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番・第3番』
〔レーベル: BMG JAPAN〕
演奏:セルゲイ・ラフマニノフ、フィラデルフィア管弦楽団

ガーシュイン(ガーシュウィン)の「ラプソディ・イン・ブルー」はガーシュイン本人が残したピアノロールにオリジナル版のジャズバンドの演奏を付けたCDを紹介しています。
ピアノロールとは、演奏情報を記録したロール状の記録用紙です。長いロール状の紙に穴を空けて演奏を記録し、記録したロールを自動ピアノやオルゴール式オルガンなどに取り付けて再生演奏させるものです。コンピュータの記録データのご先祖様です。19世紀末から20世紀初頭、まだテープやレコードの録音の音質が悪かった時代に使われました。

『ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー/パリのアメリカ人 他』
〔レーベル: ソニーミュージックエンタテインメント〕

「電子チケットぴあ」ではアニメ版『のだめカンタービレ』と連動して、放映されたストーリーの紹介と楽曲の解説をアップ。その曲を演奏するコンサートやリサイタルの情報とリンクしてチケットを購入できます。
「のだめ」現象は実際に音楽を聴きに行きたくさせる力があるからすごいです。特にドラマ化から連動イベントが多く、しかも成功しているから感心します。

チケットぴあ[電子チケットぴあ|チケット情報・販売]
チケットぴあ/のだめカンタービレ特集/クラシック

| | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »