« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

パワーアップする@niftyメールとGmail

@nifty(アット・ニフティ)のメールサービスにて、6月4日からメールボックスの容量と保存期間が大幅に拡大します。

◇メールボックス容量
現在100MB → 5GB(6月4日から)

◇保存期間
現在最大360日 → 無制限(6月4日から)

セカンドメールなどの有料サービスも容量・保存期間が拡大します。

Google(グーグル)が提供する無料メールサービス「Gmail」を意識しているんでしょうね。

Gmail

そういう私は今月で@niftyセカンドメールを停止することにしました。
サイトで公開するメールアドレスに使っていましたけど、迷惑メールが多すぎて使いにくいので前々からやめようと思っていました。有料(月200円)だけど本来のメールアドレスが守れてシステムが安定しているので、ついつい何年も使い続けていました。

最近、Gmailを使い始めて、思ったより使いやすいので公開用メールアドレスはGmailに移行することにしました。
既存の無料フリーメールは保存期間が短くて使いにくかったのですが、Gmailはアドレスの取得もログインも簡単で、フィルタが強力で保存期間が無制限など非常に楽しいメールサービスです。既存のメールアドレス(フリーメール可)があればアカウントが登録できます。
以前は招待制でしたが、現在は誰でも自由にアカウントを作れます。

メールの内容を解析して広告を表示しているというので、Googleに個人情報を握られるのが嫌な人にはオススメしません。でも、いまどきそこらじゅうのサイトにGoogleの広告が貼られているので、そんなに気にすることも無いと思います。

| | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

サンボンネット・スー/パッチワークの少女

最近本屋で『サンボンネット・スー―パターン70』(改訂新版)〈パッチワーク通信社〉というパッチワーク手芸の本を見つけました。

アメリカの西部開拓時代の服装である、大きなサンボンネット(日よけ帽子)をかぶってエプロンドレスを着た横向きの女の子。
30年ぐらい昔の手づくりアップリケやパッチワークの図柄でよく見かけました。
このパターン(図案)に名前があったことに驚きました。
この本には「サンボンネット・スー」の歴史、パッチワーク・キルトのタペストリーや小物の作り方、図案の型紙などが載っていました。
2006年11月の改訂新版だそうです。
元の本は2002年06月刊行の『サンボンネット・スー パターン70』〈パッチワーク通信社〉(上記右の画像付きリンク)。そんな旧い本ではないのにもう改訂新版ですか。

「サンボンネット」でアマゾン検索すると、いくつか型紙付き図案集が出ているようです。
刊行年を見ると21世紀になってから刊行された本が結構あります。19世紀末から20世紀初頭に生まれたパターンがいまだに愛されているのはすごいです。
パッチワーク入門 サンボンネット・スー大好き―大きな日よけ帽の女の子』〈日本ヴォーグ社〉(2003/01)
サンボンネット・スーの12か月120パターン』〈主婦と生活社〉(2002/12)

| | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

水彩画技法書『水彩スケッチ』透明水彩絵具付き

水彩スケッチ~透明水彩絵具セット~
―イラストレーター佐々木悟郎がすべてを解説 ―
―ウィンザー&ニュートン透明水彩絵具で描く―
みづゑ編集部 (編さん) 〈美術出版社〉

色をにじませた独特の画風で知られるプロのイラストレーター・佐々木悟郎さんが透明水彩絵具の描き方を解説する絵画技法書。
イギリスの有名画材メーカー・ウィンザー&ニュートン社の水彩絵具を使っています。
ウィンザー&ニュートン社の「コットマン ハーフパン12色スケッチャーズ ポケットボックス」(固形絵具携帯セット)が付属しています。
このポケットボックスがものすごくかわいらしい。片手でつかめる大きさでシンプルな白いプラスチックケース。その中に鮮やかな絵具が整然と並ぶ美しさ。眺めているだけでうっとりします。
本と絵具のセット価格は4,000円(税抜)。本の単体売りは1,800円『水彩スケッチ』。絵具の定価は2,200円(WN CWC 12HP スケッチ ポケット ボックス)。
どっちかだけ欲しい人は単体で買えば大丈夫です。
私は本も絵具も以前から欲しかったので、一度で買えて喜んでいます。

ウィンザー&ニュートンのコットマン水彩絵具についてはこちらを参照。(商品リンク有)
W&Nコットマン@夏貸文庫水彩絵具01a 

| | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

これからはYahoo!オークション取引ナビ

Yahoo!オークション落札後の出品者と落札者の取引連絡が変更になりました。突然ですね。

Yahoo!オークション - 取引ナビの使いかた

今までは落札終了後、オークションの商品詳細ページに取引相手のメールアドレスが表示されて、出品者と落札者が直接メールでやり取りしていました。
これからは、Yahoo!オークションの商品詳細ページから非公開の掲示板形式のツール「取引ナビ」を使って連絡を取り合うようにしろということです。
次点取引詐欺などの対抗策のようです。

事故でメールが届かないことはたびたびありますし(最近もありました)、相手が携帯メールだと長い文章を送るのに気を使うので、利用者としては掲示板形式は便利かなと思います。
しかし住所や金融機関口座番号をサイト上でやりとりして、非公開とはいえ何かの拍子に情報漏洩したら怖いなと心配です。
安心してオークションするために、Yahoo!のシステム管理をしっかりして欲しいところです。

| | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

『まんがキッチン』少女マンガとお菓子

まんがキッチン』福田里香(アスペクト)

アマゾンのおすすめ商品で見つけた本。
早速買おうとしたら、入荷まで3~5週間。つまり版元在庫なし、増刷待ち状態。
他のネット書店も在庫なしでした。
でも3月末発売の本ならまだ一般の書店ならあるだろうと思い、連休明けてやっと大きい本屋に行ったらありました。お菓子作りの本のコーナーに第1版第1刷が5冊もありました。

著者はマンガ好きのお菓子・果物専門の料理研究家。
内容は少女マンガに関するエッセイとその作品をイメージしたお菓子の写真とレシピ。
お菓子はおいしそうだし、エッセイも昭和40年代から現代までの少女マンガ好きのつぼを押さえた美味しい本です。欄外の豆知識コラムまで読み応えあります。
表紙イラストは羽海野チカさん。

福田さんと羽海野チカ・くらもちふさこ・よしながふみ・萩尾望都 各先生との対談付き。

羽海野さんとの対談が雑誌「Girlie」に掲載された時に、『ハチミツとクローバー (1)』の表紙は『キッチンへおいでよ―小林深雪のお菓子の本』(講談社X文庫 ※本文中の『キッチンにおいでよ』は誤植)に影響を受けたというエピソードを読んで、早速古本屋で『キッチンへおいでよ』を買ってきました。少女小説家の小林深雪さんの本ですが、友人の福田里香さんも協力しています。以前は大きいブックオフなら105円コーナーに2、3冊ありました。今、アマゾンでデータを見るとかなり在庫が減っているみたいです。やはり雑誌より単行本の影響は大きいかな。

| | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

自分の家で植物を育ててみませんか

あざやかな緑や花が目にまぶしい季節になりました。
それが自分で育てた植物なら、なおさら愛しくなります。
植物を育てたことがない人も、この機会にガーデニング(園芸)を始めてみませんか。

ホームセンターや園芸店で本格的に準備しなくても、100円ショップでも園芸用品を扱っています。
でも初心者は何を揃えたらいいか判らなくて困ってしまいます。
そこでこんな解説ページをオススメ。

◆マイルが貯まる情報生活サイト《よくばり生活「趣味」
はじめてのガーデニング~準備編~:よくばり生活

初めて挑戦するガーデニングの手順について4回に分けてご紹介します。
「準備編」では準備する園芸用品を紹介しています。
シャベルなどの道具を選ぶポイントをやさしく教えてくれます。

| | トラックバック (0)

「春夏秋冬」を部品に使う漢字

ふと気になって、「春夏秋冬」を部品に使う漢字を表にまとめてみました。

春夏秋冬漢字@夏貸文庫日本語12

並べてみると、春夏秋冬が4つとも揃っている漢字の仲間は木偏だけですね(椿榎楸柊)。
なんでもありの魚偏が意外に夏の魚がありません。夏は魚が腐りやすいからかな。

春の心が乱れて「惷(おろか)」で秋の心が寂しく「愁(うれい)」なら、夏の心が情熱で、冬の心が気鬱(きうつ)とか。
夏の口が「嗄(かれる)」で秋の口が「小さいなきごえ」なら、春の口は「雄弁は銀」の「おしゃべり」で、冬の口は「沈黙は金」の「無口」とか。
無い漢字を創造してみるのも面白いですね。

| | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »