« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

2回目のGoogleアドセンス100$突破

2007年1月からのGoogle AdSense(グーグル・アドセンス)の収益が100$(米ドル)いきました。
前回は100ドルためるのにが11ヶ月かかりました。今回はなんとか7ヶ月で貯まりました。

今回は途中大きなブランクがありました。3月にメインサイトをプロバイダ提供の無料スペースからレンタルサーバーに移行したり、6月にパソコンをバージョンアップして1週間ネット落ちしていました。
ブランクの分、新しいサイトに人を集めるようにリンクやコンテンツを増やす努力をしました。
今月はサイトの更新やメールマガジンの発行をサボっていますが、今までの努力のおかげでグーグル・アドセンスもアマゾン・アソシエイトも他のアフィリエイトも予想以上に成果が上がっています。
まだまだネット収入だけで生活するには程遠いですが、本代の足しになるようがんばりたいです。

| | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

『急に売れ始めるにはワケがある~ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則』

急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 [SB文庫]
マルコム・グラッドウェル:著/高橋啓:訳〈ソフトバンククリエイティブ/ソフトバンク文庫〉

先々週(7月12日)発売の週刊文春の書評欄で坪内祐三さんが取り上げていた本。大きい本屋で探しても見つからないのでネット書店で購入。
2000年3月に飛鳥新社から刊行された単行本『ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか』を改題・再編集して文庫化。

原著の題名にもなっている「The Tipping Point(ティッピング・ポイント)」とは、あるアイディアや流行もしくは社会的行動が、敷居を越えて一気に流れ出し、野火のように広がる劇的瞬間のこと。
実際の感染病や社会現象、ヒット商品の動きから、あるときを境に多くの人が流行に乗るメカニズム(構造)を考察します。
同じ情報を持っていて他の人に影響を与える人と与えない人の違い、人の感情に影響を与える背景・方法などが面白い。商売だけでなく教育にも深く関係する技術です。
具体的な事例やインタビューが多く、非常に興味をそそります。
よく言われる「落書きや無賃乗車を取り締まったら、ニューヨークの地下鉄の凶悪犯罪が劇的に減少した」話の経緯が詳しく書かれています。

私もブログやサイトで自分が好きなものを紹介するのが好きだから、口コミの伝染力を利用する技術に興味があります。
最近の「ビリーズ・ブート・キャンプ」も口コミから話題になり、どこかでティッピングポイントを超えてマスコミを巻き込んだ劇的な大ヒットになったはずです。
アフィリエイトやネットショップをしている人にお勧めする本です。

| | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

傑作テレビアニメ主題歌コレクション(1) タツノコプロ作品集

Ttnk02
『傑作テレビアニメ主題歌コレクション(1) タツノコプロ作品集』

VC CD-ROM MOVIE Library
発売:株式会社ズームパブリックネットワーク
   株式会社ダイナミックプロダクション
販売:株式会社ビレッジセンター/1995年
定価:6,8000円
CD-ROM2枚組

SFアクションから日常ファンタジーまで子供向けテレビアニメを数多く送り出した「タツノコプロダクション(タツノコプロ)」より昭和40年代から昭和50年代前半の作品のオープニング映像と主題歌を、ノンテロップ版(スタッフ名などの文字テロップが入ってない映像)でお送りします。

《収録作品》19作品
宇宙エース/マッハGO GO GO/おらぁグズラだど/ドカチン/紅三四郎/ハクション大魔王/昆虫物語みなしごハッチ/樫の木モック/科学忍者隊ガッチャマン/けろっこデメタン/新造人間キャシャーン/破裏拳ポリマー/宇宙の騎士テッカマン/タイムボカン/ゴワッパー5ゴーダム/ポールのミラクル大作戦/ヤッターマン/一発貫太くん/風船少女テンプルちゃん

CD-ROM1枚目はWin3.1/Macハイブリッド版。1995年当時の一般的なパソコンで再生できるハイブリッド形式(WindowsとMacintoshに対応)。ウインドウズ用はAVI(Windows用動画)ファイルは16bit、5コマ/秒で収録。
2枚目はMPEG版。AVIファイルより画質の良いMPEGファイルで収録。映像は元のフィルムの傷・劣化が見られます。
AVIファイル・MPEGファイルともにWindows Vista +Windows Media Player 11 にて動作確認済み。
同封の拡張子「INF」のファイルは作品情報・歌詞などの入ったテキストファイルになっています。

=========
という商品を十数年前に新品で購入しました。
中身と外装の紙ジャケットを別に保存しておいたら、外装の保管場所を忘れてしまいました。
半年ぐらい悩んだ後、中身だけヤフオクに出品して、落札者から入金されたとたん、紙ジャケットの保管場所を思い出しました。自分でもびっくりです。
発送前に思い出せてよかった。それと落札者さんがスムーズに連絡・入金してくれて気持ちよく取引できてよかった。相手の態度が気に入らなかったら、付属品を見つけてもわざわざ送りたくないですからね。

外装は幅15×縦21×厚さ1.2センチメートルのA5判サイズ。厚紙の箱だと思っていたら、紙ジャケット(単行本の表紙カバー状)でした(写真参照)。

1970年生まれの私はこのCD-ROM収録の19作品中、14作品の主題歌が歌えます。タツノコ作品は子供時代に非常に楽しませていただきました。

| | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

『HTMLタグ辞典 第6版』2007年4月初版

HTMLタグ辞典 第6版 XHTML対応
(株)アンク:著/翔泳社(2007/04)

最新版HTML辞典を購入しました。
最新のOS(Windows Vista)、最新ブラウザ(IE7、Firefox2)、XHTML対応。

今まで2001年初版の第4版を使っていたのですが、Firefox(Fx)での表示で気になる点があったので購入。

具体的には「表(テーブル)の列をグループ化」(P255)が Internet Explorer(IE)だと指定できるのですが、Firefoxはやっぱり対応していませんね。列のグループ化(colgroup)を使うとタグ表記がすっきりするのですが。

2001年頃は代表的なブラウザといえばInternet Explorer(IE) 5.5 とNetscape Navigator(NN)6の時代でした。
2007年現在 IE7.0 とFirefox2.0 がHTMLブラウザの代表格です。他にNetscape7.1 Safari 2 の対応状況が載っています。

第4版は捨てようかなと思ったら、第4版後半のiモード用HTMLの説明が最新版ではカットされていました。まだiモード用サイトも作っているので、しばらく捨てるのは保留します。

| | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

「夏のリビエラ」大滝詠一

大滝詠一さんの曲なら「カナリア諸島にて」「夏のペーパーバック」など有名な歌がたくさんありますが、あえて知る人ぞ知る「夏のリビエラ」を取り上げます。

「夏のリビエラ(SUMMER NIGHT IN RIVIERA)」は森進一さんに提供した「冬のリヴィエラ」の英語ヴァージョン。
原曲の作詞は松本隆さん、英訳はMARTHA LAVENDERさん。作曲と歌唱は大滝詠一さん。
冬にちなんだ大滝さんの曲を集めたオムニバスアルバム『SNOW TIME(スノウ・タイム)』に収録されています。

対訳を別途掲載しますが、「冬のリヴィエラ」とは微妙に内容が違います。
夏の夜、海に旅立つ男が残していく恋人を慰めるように友人に頼むメッセージです。
「冬のリヴィエラ」の男はやたら格好付けていますが、「夏のリビエラ」の男は彼女のことを本当に心配していて、こっちのほうが好感が持てます。

ブログ:ココログ:トラックバック野郎
 7/17のお題:夏といえばこの一曲!


| | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

『捨てるな、うまいタネ』『ひみつの植物』

前回(『まいにち植物 ひみつの植物愛好家の一年』)言及した『捨てるな、うまいタネ』『ひみつの植物』(藤田雅矢/WAVE出版)、ネット書店で通販しました。期待以上に満足しています。

捨てるな、うまいタネ』(藤田雅矢/WAVE出版)は日本で日常的に食べられる野菜や果物の種を自分で育ててみようという実用書+エッセイ。実用的な実際の種の育て方から、品種改良、日本の食料自給率、砂漠緑化など植物育成にかかわる広範囲な話題を素人にわかりやすく書いています。
本編の執筆は門馬説子さん、藤田さんは全体の監修とコラム執筆担当。

ひみつの植物』(藤田雅矢/WAVE出版)は日本で見ることができるちょっと変わった植物を、きれいな写真と読みやすい文章で紹介。ぱらぱら眺めるだけでも楽しい本です。
植物園でしかお目にかかれない珍しい外国の植物、品種改良の進んだ園芸種の朝顔やバラ、日本在来の野の花まで。
植物園でよく見かけるオオオニバスが見栄えのよくする(大きい+葉の縁が高い)ため人工交配で作り出した品種など面白い話がいっぱい読めます。
それぞれの植物について、実際に栽培している植物園、種を扱っている業者、愛好家のホームページのURL、実際に育てるときのポイントなどをまとめています。
「青いバラ」に関係する本として中井英夫『虚無への供物』(ミステリ小説)、清原なつの『アレックス・タイムトラベル』(SF少女マンガ)、最相葉月『青いバラ』(ドキュメンタリー)を取り上げている、著者のセンスの良さが好きです。

| | トラックバック (1)

2007年7月12日 (木)

『まいにち植物 ひみつの植物愛好家の一年』

まいにち植物―ひみつの植物愛好家の一年』 藤田雅矢〈WAVE出版〉

久しぶりに古本屋に行って買った本。こういう思いがけない本に出合えるから古本屋は面白い。

研究所勤めの農学博士と小説家の二足のわらじをはく著者が、自宅で育てている植物や、植物園や野原などに出かけて見に行った植物、また植物に寄ってくる虫たちを、写真と文章で紹介するエッセイ+写真集。

珍しい姿の植物や、あまり図鑑では見かけない成長途中の様子の写真が目を楽しませてくれます。
本文紙がマットな手触りで、写真の色が落ち着いていてきれいです。
理科系らしい冷静な観察眼と博識ぶり、「日本ファンタジーノベル大賞優秀賞」受賞にふさわしいユーモアがあってロマンチストな語り口で、読んでいて心地よい文章です。
A5サイズソフトカバーの手に取りやすい装丁なのも非常に好感度高し。

種の入手方法も、カタログ通販やホームセンターの店頭で種や苗を買ったり、木の実を拾ったり食べた野菜や果物の種を集めたり、素人でも簡単に真似できそうでわくわくします。
玄米やホップコーン用のトウモロコシから発芽させるのを見ると、魔法使いみたいで尊敬します。

同じ著者で同じ出版社から『ひみつの植物』『捨てるな、うまいタネ』という本も出ているそうです。ネット書店で買おうかな。

| | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

『群青学舎 二巻』入江亜季



数ヶ月前に『まんがキッチン』福田里香(アスペクト)で誉められていたのと、ぱふで連載していた「フクちゃん旅また旅」が収録されているということで『コダマの谷 王立大学騒乱劇』入江亜季(エンターブレイン/ビームコミックス)と、同時発売の『群青学舎 一巻』を買いました。
「学校」をテーマに時代も場所も雰囲気もバラバラな短編集『群青学舎』より、70年代少女マンガ(特に萩尾望都、竹宮惠子)のオマージュ(讃辞)で、コメディとシリアスのバランスが絶妙な『コダマの谷』がとても気に入りました。
6月に『群青学舎 二巻』が書店の店頭に並んでいるのを見て購入しました。1巻より2巻の方が面白い。特に連作ファンタジー「北の十剣」。漢前な女王様と、惚れた女のために自分の全てを投げ打った男の悲恋というのがツボ。ちゃんと話が「学校」に繋がっているのがお見事。先に『コダマの谷』を読んでおくことをお勧めします。期待せずに買った2巻だけど、3巻が楽しみになってきました。

| | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

PhotoShop Elements 5.0 購入

Adobe Photoshop Elements 5.0 日本語版 Windows版

自分のパソコンのOSをウインドウズXPからVistaにアップグレードしたら、今まで使っていた「PhotoShop Elements 2.0」がインストールできなくなりました。

使い慣れた画像編集ソフトがないと、ネットオークション出品用の写真の準備も、サイトに載せる画像も用意できないので、Vistaに対応している最新版の「Adobe Photoshop Elements 5.0 日本語版 Windows版」を買いました。
2.0から5.0にアップグレードできないので、正規版を買いました。
オークションでは7,500円ぐらいのバンドル版(スキャナなどにつけられるおまけ版。冊子の説明書が付属していないだけでほぼ正規版と同じ)もよく出品されていますが、急いでいたしアマゾンならすぐ送ってくれるしポイントつけて買えるので。

2.0から5.0にバージョンアップして変化した点は、デジタルカメラとの連携が強化されていることです。写真データの入ったメモリーカードをパソコンに接続しただけで自動で写真を取り込んで名前をつけてくれたり、写真を整理するモードが充実しています。

まだ慣れない点がありますが、動作もさくさく軽くて作業しやすそうです。

| | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »