« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月22日 (水)

『Love カメラ』一気に揃える

『Love カメラ』は宝島社から発行されているカメラ雑誌(ムック)です。
Vol.1が2005年8月発売で、最新号はVol.7です。

たくさんの実例写真とともに、写真の撮影技術、撮った写真の利用方法を紹介しています。
デジタルコンパクトカメラから、デジタル一眼レフ、フィルムカメラ、ポラロイドカメラ、トイカメラ、カメラ付き携帯電話と幅広い種類のカメラを扱っています。
使い方もブログから手作り写真集や紙雑貨や布小物と、初心者の女性にも手を出しやすい内容です。

想定読者は手作り好き雑貨好きの30代主婦。
被写体はあたたかみのある雑貨、美味しいごちそう、手作りのお菓子、小さい子ども、かわいいペット、道端の花。
色はグレイ、ベージュ、うすいブルー、日の光、自然な色、アースカラー。
茶色の木製の机とリネンの布とガラスのビンが似合う青みがかった甘いガーリーな写真。
雑誌でいうと「クウネル」「リンカラン」「アールネ」「天然生活」「雑貨カタログ」etc..。

淡い色合いのねむたい写真が好きなので、私好みで見ているだけでも楽しい本です。

8月発行のVol.7と、8月に再版されたVol.6を買ってから、県内の大きい本屋を回って一週間ほどで既刊を全部揃えました。
8月22日現在Vol.2は版元在庫なしで、ネット書店では買えないのです。Vol.2が見つかってよかった。

Loveカメラ―大切なものたちを大事に撮る (e‐MOOK)
Loveカメラ―大切なものたちを大事に撮る (Vol.2) (e‐MOOK)
Loveカメラ (Vol.3) (e‐MOOK)
Loveカメラ (Vol.4) (e‐MOOK)
Loveカメラ (Vol.5) (e‐MOOK)
Loveカメラ Vol.6―大切なものを大事に撮る (6) (e-MOOK)
Loveカメラ Vol.7―大好きな光をカメラに (7) (e-MOOK)

| | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

敬老の日のプレゼントに絵てがみセット

今年の敬老の日は9月17日(月)です。

敬老の日のプレゼントに絵てがみ(絵手紙)はいかがですか。

絵てがみを描くための画材セットを贈ったり、自分で描いた絵てがみやカードを送ってみませんか。

筆で描いた線は少々ぎこちなくても味があります。
そこにちょっときれいな色をつけると、思いの外に上手に見えていい気分です。
画材・絵具のきれいな色を眺めているだけでも幸せな気持ちになれます。

画材置場@夏貸文庫
初心者にも手軽に描ける色鉛筆・水彩色鉛筆固形水彩絵具顔彩(日本画用固形水彩絵具)などを紹介しています。

| | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

デジカメ用三脚 ケンコーKM-200

ケンコー Kenko「フォト&ビデオ用三脚 KM-200」
【楽天市場】フォトクリエイション

名古屋駅前のビックカメラ地下のカメラ用品売り場で三脚を購入。

◆フォト&ビデオ用三脚 「KM-200」
●メーカー:ケンコー(Kenko)
●アルミ製
●伸張(全高) 1,245mm ●縮長 420mm
●重さ 660g ●耐加重 1.5kg
●レバー式脚ロック4段三脚
●ステー付4段ハイポジション型
●3ウェイ雲台(水準器付)
●ナイロンバッグ付き

格安の980円でした。
同じカメラ用三脚でもカーボン製などの高級品だと2、3万円します。

安すぎて品質が大丈夫か不安ですが、軽量(660g)、コンパクト(伸ばすと1.2m、折り畳むと42cm)という手軽さは魅力でした。
レンズを含むと1kg超えるようなごつい一眼レフカメラだと倒れそうですが、うちのデジカメ(CANON PowerShot A550)は電池入れた総重量が210gで軽いし、外に持ち歩きするのでなく室内でオークション用商品の撮影に使うだけだから大丈夫でしょう。

部屋で実際にデジタルカメラを乗せてみると、思ったより安定しています。
パンハンドルで雲台の向きを変えるのが面白いです。
これはがんばって写真を撮らなければいけませんね。

スリック 三脚ガイド
 三脚の各部名称が図入りで説明されています。
 三脚の構造・各部分の名称がわからない方にどうぞ。
 ※「スリック(SLIK)」は日本の有名な三脚メーカー。

| | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

セリースとは(パッケージ・包装)

包装・パッケージ用語で、商品の仕様や特長など説明が印刷してあるビニール袋を「セリース」といいます。

一方、透明プラスチックシートを商品の形に添って真空成形し、凸部に商品を入れ、台紙にはめこんだパッケージを「ブリスターパック」といいます。「ブリスター(blister)」とは英語で「水ぶくれ、足の肉刺(まめ)」の意味。おもちゃやフィギュアのパッケージでおなじみですね。

アフィリエイト用の商品の説明文を書こうとして調べているうちに出てきた言葉です。
「セリース」について説明しているページがなかなか見つからなくてちょっと悩みました。
普段目にしているものですが、ちゃんと用語があったのですね。なるほど、ただの透明のビニール袋とは違いを出しているのですね。

※参考ページ
ぺんてる-ぺんてるタウン-月刊ぺんてる4月号

| | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

パソコン用USB接続ワンセグチューナー

昨年末から話題のワンセグテレビチューナー。
地上波テレビと同じ番組を、携帯電話やパソコンで受信できます。
パソコン用USB接続ワンセグチューナーなら一万円前後で買えます。
OSはだいたいウインドウズXp対応。今年発売の機種ならVistaにも対応。Mac対応の機種もあり。

ワンセグ放送の詳細や、受信できる地域についてはこちら。
 ~地デジ、BSデジタルのことなら!~
[Dpa] 社団法人 デジタル放送推進協会

毎日テレビを見るわけではありません、たまに見たいテレビ番組があるのでamazonで買いました。
I-O DATA(アイ・オー・データ) 高感度USB接続ワンセグチューナー 「SEG CLIP」 (セグクリップ) GV-SC200
今年の初夏発売で、ウインドウズVista、Xp対応。
同封の外部アンテナを使えば電波が受信しやすくなります。
画面は小さいですが、自分にはそれほど不満はありません。音声も聞き取りやすいです。
データが軽いので、インターネットや他の作業をしながら、パソコンでテレビを見られます。
録画もできるようですが、こちらはまだ使っていません。特殊なファイル形式になるので他のソフトでは再生できないらしい。

最近立ち読みしたパソコン雑誌のUSB接続ワンセグチューナーの比較記事で、自分が持っている機種が褒められていたのでうれしかった。
新しい分野であるワンセグチューナーは技術の更新が目覚しいので、できるだけ新しい機種を買うと後悔しません。

| | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

少女マンガイメージアルバム「別冊ファンタスティック・ワールド」

古本屋で見かけたCDアルバム。

20年ほど前(1990年前後)、ビクター音楽産業が《ファンタスティック・ワールド》と銘打って少女まんがのイメージアルバムを出していました。当時はLPレコードからCDの過渡期だったので、両方のメディアで発売された作品もあります。
その中で、白泉社の少女マンガ雑誌「花とゆめ」「LaLa」に掲載作品の10枚のアルバムからの17曲を集めたセレクト盤が「別冊ファンタスティック・ワールド~スペシャル・セレクション」です。

元になったアルバムは次の10枚。
「綿の国星/大島弓子」、「伯爵と呼ばれた男/高口里純」、
「アクマくん魔法★SWEET・ぼくの地球を守って/日渡早紀」、
「わかつきめぐみの宝船ワールド/わかつきめぐみ」、
「緑野原座フライト・ネット・プレーンブルー時間列車・緑野原迷宮~Melodic Wave/星野架名」
「ここはグリーンウッド/那州雪絵」、「CIPHER/成田美名子」

「綿の国星」と「わかつきめぐみの宝船ワールド」はムーンライダーズ、「ここはグリーンウッド」は山本正之さん、「伯爵と呼ばれた男」は羽田健太郎さんが曲作りしています。
「アクマくん魔法★SWEET」は遊佐未森さんがコーラスで参加。
別冊には入ってませんが「ぼくの地球を守って」には大貫妙子さん、「ここはグリーンウッド」は深津絵里さん、関口和之さんが参加。
アーティストが豪華ですね。この頃は「花とゆめ」「LaLa」両方読んでいたのでほとんどの原作は読んでいます。

このうち「『わかつきめぐみの宝船ワールド』」は今でも購入可能です。うちのサイトの紹介だけでも半年に1枚ぐらい売れてます。

最近買った『ひみつの植物』(藤田雅矢/WAVE出版)で「綿の国星」のイメージアルバムの曲への言及があったので興味を持ち「綿の国星」のCDを古本屋で探していて見つけました。目的の曲が入っていないので今回は見送り。作品が懐かしかったので日記(ブログ)に書きとどめておきます。
250円なので買えないことはありませんが、今は手持ちのCDを整理している最中で荷物を増やしたくない。

| | トラックバック (1)

2007年8月 2日 (木)

新しいデジカメ(PowerShot A550)を購入

デジカメ(デジタルカメラ)を買いました。
今まで使っていたデジカメの電池ケースのふたが壊れて使いにくかったので、新しい機種の購入を検討していました。
たまたま大型家電店のワゴンセールで、今年の前半発売のエントリー(初心者向け)機種が1万4800円で安売りされていたので衝動買いしました。

買ったのはCanon(キヤノン)のデジタルカメラ「PowerShot (パワーショット) A550」。
発売当初の実売価格は2万円台で、アマゾンだとまだ1万8000円ぐらいで売られています。

 有効画素数:710万画素(最大3072×2304画素)
 電源:単3形乾電池×2本
 記録媒体:SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/マルチメディアカード
 光学ズーム倍率:4.0倍/デジタルズーム倍率:4.0倍/マクロ機能あり

今まで使っていた6年前の機種に比べて、ボディが小さいわりに液晶モニター画面が大きくてきれい。手に持つだけでわくわくします。
ピントを合わせると液晶画面に緑色の枠が出るのがわかりやすくて便利です。

もっとも、710万画素もの大きな画像は当分使わないと思います。
自分のデジカメの使い道はオークション用写真と、ブログやサイトに載せる本や雑貨の写真だから、画像加工ソフトで加工してサイズを640×480画素以下に縮小します。撮影で使うのはせいぜい1600×1200画素ぐらいです。

  ×  ×  ×  ×

もともと大型家電店に行った理由は、今まで使っていたスキャナがVistaに対応していなかったので新しいのを買おうか検討しに行ったのです。
しかし店頭で実際に見て、ネット通販したほうが安いと考えたのと、予備のノートパソコン(Windows98)につなげば使えるので、新しいスキャナは当分保留することにしました。
デジカメで平面の紙類を上手に撮れれば、スキャナを買わなくてもいいのですが。

  ×  ×  ×  ×

せっかくいいデジカメを買ったから、もっと上手に撮りたいと思い、ネットで初心者向けのデジカメ写真の撮り方を探して見つけたサイト。キーワード「デジタルカメラ 写真 撮り方」

写真と趣味のWebマガジン「マカロニアンモナイト」

デジカメ愛好者向けのフォトエッセイや「初心者向けデジカメ写真講座」などあります。
ページの表示もさくさく軽く、文字が適度な大きさで、読みやすいページです。
夏祭りの花火の撮り方や、オークション用の写真の撮り方など、参考になります。

| | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

カーテン洗って窓ふき

天気がいいので自室のカーテンを洗いました。
窓がすっきりしたついでに窓ふきもしました。
最近は市販の洗剤(クリーナー)を使わずに炭酸水でふいています。ウイスキーのソーダ割りに使う、砂糖の入っていない炭酸水です。これがガラスや鏡磨きに使えます。においや肌荒れが気にならないし、ウイスキーのおまけについていた炭酸水が家で余っているのでタダです。ガラスクリーナーより気軽に使えます。

炭酸水の使い方は『キッチンの材料でおそうじするナチュラルクリーニング』佐光紀子〈ブロンズ新社〉で知りました。重曹・クエン酸・石けんを基本にキッチンにあるもので掃除をする方法を具体的に教えてくれます。強力な洗剤を使わないで家をきれいにできるのが楽しいです。

他に掃除のやり方の本として役に立っているのが『これで解決!掃除と収納―ヨーロピアン・バグア風水流「ルームデトックス」で幸せ体質に!』ユキシマダ:監修〈主婦の友社〉。部屋をきれいにして運気を良くしようという本ですが、あまり風水にこだわらず、家の各場所の掃除のやり方が具体的にわかります。いまどきの主婦向け雑誌らしいかわいいイラスト付で、いろいろな掃除と収納のアイデアが紹介されています。

昨日は不燃ごみを大量に出したし、次の日曜日は雨でなければ雑誌を資源回収に出したい。
あとお盆過ぎたら、もう聴かないCDをヤフオク出品したいから準備しておこう。机周りを整理したらCDの置き場所が減ってしまったので。
やはり物を減らさないと作業効率が悪いです。サイトの更新をしなくちゃと思いつつ、部屋がごちゃごちゃしているとイラついて集中できません。

| | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »