« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月25日 (火)

不用なテレビを処分

ここ数年使用していないテレビデオ(ビデオデッキ付きテレビ)を処分しました。
オリオンの10型テレビデオ(10VR1 R)。
11年前に買って、レンタルビデオを見たり、家庭用ゲーム機(プレイステーション)をつなげて遊んでいました。数年前にプレステは捨てたし、最近はVHSビデオを見なくて、部屋のやっかい者になっていました。

市のホームページでごみ収集について調べると、家電リサイクル法によりテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの「家電四品目」は買った店に処分を依頼するようにされていました。
購入した大型家電店に電話したところ、店まで持っていけばその場で受け付けてくれるといわれました。家までの収集を依頼すると別料金になるし、家で待っているのも面倒です。小型のテレビなので自力で持って行きました。邪魔だったけど、ダンボール箱を取っておいてよかった。

家電店のサービスカウンターで「テレビの処分をお願いします」と言って、宅配便の伝票のような複写式の「家電リサイクル券」に自分(排出者)の氏名と電話番号を記入。あとは店で処理してくれました。
「リサイクル料金2,835円」+「店からメーカー指定引取場所への運搬料金1,575円」=合計4,410円を支払いました。

ちなみに、市に家までの収集を依頼した場合
「メーカーのリサイクル料金(2,835円)」+「市の収集料金(1,200円)」+「市からメーカーの指定引取場所への運搬料金(1,200円)」=合計5,235円。

購入した店を確認するために保証書とか持っていったけど必要ありませんでした。別に買った店でなくても受け付けてもらえるようです。
市のホームページでは、購入した店がわかっている場合はそこで引き取ってもらわなければならないような書き方ですが、個人でメーカーの指定引取場所(宅配業者の営業所)に直接持ち込める人は、店を通さないほうが「メーカーの指定引取場所への運搬料金」がいらなくなって安上がりなようです。勝手に持って行くのは駄目なのでしょうか。

お金はかかったけど、部屋がダンボール一箱分空きました。すっきり気持ちいい。

| | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

家庭用ミシンの種類

◆動力による分類

◇足踏み式ミシン
電気を使用しないミシン。
ミシン台とミシン本体が一体になっていて、足元にある「踏み板」を前後にこいで、ミシン本体のはずみ車を回して針を上下させ布を送る。
現在ではほとんど生産されていない。


◇電気式ミシン
電気で動くミシン。種類がいろいろある。ほとんどが持ち運びできるポータブル型。

▽電動ミシン
モーターの速度を電圧によって変化させる。
高速にしないと力が出ないので、厚い布地を縫うのが苦手。
一番安い種類。1~2Kgの軽量のものはおもちゃで実用には不向き。

▽電子速度制御ミシン(電子コントロールミシン)
縫う速度を、電子回路で変化させるミシン。
モーターの動きが安定しているので厚い布地もスムーズに縫える。
糸調子や縫い目の幅などは手元のボタンなどで選択する。

☆ジャノメ ヌイキルN-365


▽電子ミシン
縫う速度を、電子回路で変化させるミシン。
モーターの動きが安定しているので厚い布地もスムーズに縫える。
糸調子や縫い目の幅などは手元のボタンやダイヤルなどで選択する。
針の停止位置が決まっているなど、電子速度制御ミシンより機能が豊富。
コンピュータミシンに比べると機能が劣る。

☆ブラザー PS-15e(コンパクトミシン)
☆ジャノメ ヌイキルN-778(コンパクトミシン)
☆ジャノメ モナーゼ E4000(フルサイズ)

▽コンピュータミシン(コンピューターミシン)
ミシンの動きをコンピュータ(マイコン)で制御する。
前面に液晶画面が付いている。
ボタンを押すだけで、糸調子から縫い目調整などすべてミシンがコントロールしてくれる、いたせりつくせりな機械。
全自動で複雑な刺繍(ししゅう)もできる機種もある。
いろいろできる分、値段も高価。サイズが大きい(フルサイズ)。液晶など部品の耐用年数が短い。

☆ブラザー PC-8000
☆ジャガー CC-1101
☆シンガー SC100
☆ジャノメ JP500


▽ロックミシン
縁かがり縫い専用ミシン。
1~2本の針で2~5本の糸を使って、余分な布を切り落としながら布端を糸で包むように縫う。
直線縫いができないので、職業用ミシンなどと合わせて使う。

☆JUKI ベビーロック衣縫人・4本糸「BL57型」

▽職業用ミシン
縫製を職業とする人(仕立て職人、洋裁の専門学生など)向け。
直線縫い専用ミシン。
家庭用ミシンよりパワーがあり頑丈。


◆大きさ(サイズ)による分類

コンパクト(約6kg以下、幅35cm以下あたり) < レギュラーサイズ・フルサイズ(約7kg以上、幅40cm以上あたり)


楽天市場ランキング市場◆ミシン/週毎の売り上げTOP30

| | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

家庭用電子ミシンを購入

WebMoeyから楽天スーパーポイントに交換できたので、楽天市場で家庭用電子ミシンを購入しました。
ジャノメの「ヌイキルN-778」。
21日未明に注文して、商品の発送は連休明けの25日になるそうなので、それまでに部屋を片付けておきます。
届くのが楽しみ。

3~4万円の家庭用電子ミシンという選択肢で、ジャノメの「モナーゼ E4000」と迷いましたが、重さと置き場所を考慮してコンパクトサイズの「ヌイキルN-778」にしました。
同じジャノメの「ヌイキル」の愛称で「ヌイキルN-365」という安い機種がありますが、こっちは電子制御ミシンで機能が劣る上、フットコントローラーが付けられないので除外しました。
(あと別のメーカーのミシンで「ヌイキル」があるみたいです。)

モナーゼ E4000」の方がミシンの機能が良いし、ネットでの評判も良いのですごく迷いました。「自動糸調子」とか「押さえ圧調整」とか「全自動ボタンホール」とか「ニットステッチ」とか、すごく便利で使いやすそうです。
大きいミシンの方が、初心者に親切な機能が付いてますね。予算もかかるけど。ほんとは8kgぐらい重量があるミシンのほうが安定して縫い目がきれいになるそうです。
(マダチョット未練ガアルヨ)

楽天市場ランキング市場◆ミシン/週毎の売り上げTOP30

| | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

ウェブマネーから楽天スーパーポイントに交換

あるところでためたポイントをWebMoney(ウェブマネー/電子マネーの一種)に交換したら2万円近くになりました。

買いたい物が楽天市場にあったので、楽天スーパーポイントに交換してみました。
手数料が5%も取られるけど仕方ない。
ポイントの反映に2営業日かかるので、その間に買う機種を検討しておきます。

| | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

「瓜」がつく植物名

うりうりが うりうりにきて うりうりのこし うりうりかえる うりうりのこえ
(瓜売りが瓜売りに来て瓜売り残し、売り売り帰る瓜売りの声)

◆南瓜(かぼちゃ)
ウリ科の一年生果菜。アメリカ大陸原産。日本には江戸時代にカンボジア経由で渡来。
▽唐茄子・蕃南瓜(とうなす)……東京地方でのかぼちゃ類の総称。
▽南瓜(ぼうぶら)……秋田県・北陸・中国・四国・九州地方で、ニホンカボチャの称。
英名:pumpkin(パンプキン)

◆烏瓜(からすうり)
ウリ科の蔓性多年草。日本原産の野草。

◆胡瓜・黄瓜・木瓜(きゅうり)
ウリ科の一年生果菜。原産地はインドとされ、古く中国を経て渡来。
別名:唐瓜(からうり)・鼬瓜(いたちうり)
英名:cucumber(キューカンバー)

◆西瓜・水瓜(すいか)
ウリ科の一年生果菜。アフリカ中部原産。スイは「西」の唐音。
英名:watermelon(ウォーターメロン)

◆冬瓜(とうがん)
ウリ科の一年生果菜。熱帯アジア原産。
別名:冬瓜(とうが)・氈瓜(かもうり)

◆糸瓜・天糸瓜(へちま)
ウリ科の蔓性一年草。熱帯アジア原産。
別名:唐瓜(とうり)……(1) 中国から伝来。(2) 漢名「糸瓜」→いとうり→とうり。
「とうり」→「と」の字はいろは順の「へ」と「ち」の間→へち間→「へちま」。

◆真桑瓜(まくわうり)
ウリ科の一年生果菜。メロンの一変種。日本には古く渡来したとされる。
昔、美濃国(岐阜県)本巣郡真桑村が上品の産地であったことから。
日本で「瓜」というと一般的に、マクワウリの果実で生で食べられるものをさす。
別名:甜瓜(てんか)・味瓜(あじうり)・都瓜(みやこうり)・甘瓜(あまうり)・梵天瓜(ぼんてんうり)。

◆甜瓜(めろん)
ウリ科の一年生果菜。特にマスクメロンをさす。
英名:melon(メロン)

◆苦瓜(にがうり)
ウリ科の一年生蔓草。熱帯アジア原産で、日本には中国から渡来。
沖縄では「ゴーヤー」。
別名:蔓茘枝(つるれいし)
英名:bitter gourd(ビター・ガード)「gourd」は瓜のこと。

◆木瓜(ぼけ)
バラ科の落葉低木。中国原産の観賞植物。花や実を観賞する。
英名:Japanese quince(ジャパニーズ・クインス)「quince」はマルメロのこと。

◆郁子・野木瓜(むべ)
アケビ科の常緑蔓性低木。暖地に自生。

| | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »