« ノートパソコンの廃棄 | トップページ | 携帯電話の電池の寿命 »

2007年10月18日 (木)

「美術手帖2007年11月号」特集・鳥獣人物戯画絵巻

今月発売の「美術手帖 2007年 11月号 [雑誌]」(発行:美術出版社)の特集は『鳥獣人物戯画絵巻(鳥獣戯画)』です。

これは2007年11月3日~12月16日開催のサントリー美術館(東京ミッドタウン)の開館記念特別展「鳥獣戯画がやってきた!―国宝『鳥獣人物戯画絵巻』の全貌―」展に連動した企画です。

高山寺の寺宝で、普段は「東京国立博物館」と「京都国立博物館」に分けて寄託されている『鳥獣人物戯画絵巻』がサントリー美術館で一堂に見られます。
といっても前期と後期に分けて展示されるので、全部見るには2回行かなければなりません。見に行きたいけど2回も東京に行くのはちょっと大変です。

「美術手帖」の特集は内容が濃いです。
美術史家の山下祐二さんと漫画家のしりあがり寿さんが対談しながら鳥獣戯画「甲巻」全画面を解説。鳥獣戯画について本を書いているアニメ監督の高畑勲さんのインタビュー。他にもいろいろなアーティスト、評論家、研究者、美術館学芸員が寄稿しています。
鳥獣戯画以外の絵巻物もカラー写真付きで興味深い解説がなされています。

鳥獣戯画について画像入りで詳細に説明している2千円以内の本をずっと探していたので、書店で見かけてすぐに飛びつきました。本当にありがたい。

特集以外の「美術手帖」では『きょうの猫村さん』のほしよりこさんが江戸時代の禅僧を描く『仙厓さんものがたり』が面白いです。ほしさんの絵と仙厓さんの画賛とがよく響き合っています。猫村さんの世界は「○△□」の禅問答に通じるのか。

|

« ノートパソコンの廃棄 | トップページ | 携帯電話の電池の寿命 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/16803169

この記事へのトラックバック一覧です: 「美術手帖2007年11月号」特集・鳥獣人物戯画絵巻:

» ★京都お飾りミニ屏風★鳥獣人物戯画屏風シリーズ(高さ22×最大幅約60cm) [ミニ金屏風・京扇子専門店『京都和のお店』Blog]
ミニ金屏風・お飾りミニ屏風・京扇子専門店の京都和のお店のミニ屏風をシリーズでご紹介いたしております。 伝統の京人形とともに培われた、人形用のミニ金屏風。 京都を代表する名画などをインテリア用のミニ屏風とした、人気の“お飾りミニ屏風”も多数ラインナップしている京都和のお店。 今回ご紹介させていただきますのは、その中でも大変人気のございます、鳥獣人物戯画屏風シリーズをご紹介させていただきます。 ■京都お飾りミニ屏風/鳥獣人物戯画屏風【猿追い】 [6曲屏風:高さ22×最大幅約60cm... [続きを読む]

受信: 2007年10月23日 (火) 13:16

« ノートパソコンの廃棄 | トップページ | 携帯電話の電池の寿命 »