« カッターマットとスケッチブック | トップページ | 12月1日から輸入色鉛筆値上げ »

2007年11月 6日 (火)

『偉大なるワンドゥードル最後の一匹』復刊予告

復刊ドットコム」にふらっと立ち寄ったら、『偉大なるワンドゥードルさいごの一ぴき』復刊の情報が入っていました。

偉大なるワンドゥードル最後の一匹

原題は『The Last of the Really Great Whangdoodles』
著者は女優のジュリー・アンドリュース(Julie Andrews Edwards)。
本当に良質のファンタジー小説です。子どもだけでなく、大人も話の中にひきこまれます。むしろラストは大人の方がはっとさせられます。

脚本家の青柳祐美子さんによる新訳で、
小学館から来年1月下旬発行だそうです。
最初は今年8月末発売予定で、11月末になりどんどんずれ込んでいます。
タイトルも「最後の一ぴき」→「最後の一匹」と細かい変更があるようです。
小学館:偉大なるワンドゥードル最後の一匹
ISBNコード: 9784092905313

ネット書店では予約受付終了か、まだデータが登録されていないようです。
『偉大なるワンドゥードル最後の一ぴき』
 【楽天ブックス】予約受付終了
『偉大なるワンドゥードル最後の一ぴき』icon
 【セブンアンドワイ】予約受付終了

去年の6月に絶版の日本語版『偉大なワンドゥードルさいごの一ぴき』(岩谷時子:訳/TBSブリタニカ刊行)を古本屋で入手し、読んで感動した勢いで英語版のペーパーバッグをアマゾンで購入しました。
ついでにブログで熱く語り(右月左月: 『偉大なワンドゥードルさいごの一ぴき』ジュリー・アンドリュース)、某三角窓口に送った投書でワンドゥードルの日本語版が再刊されたらいいと熱弁したら、実現しました。
やっぱり某書評誌にハガキが載ると、出版関係の希望が実現する確率が高い気がします。
私が書かなくても復刊したでしょうけど、本気で叶えて欲しい希望は人目につくところに書くと本当になりやすいものです。

|

« カッターマットとスケッチブック | トップページ | 12月1日から輸入色鉛筆値上げ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/16990876

この記事へのトラックバック一覧です: 『偉大なるワンドゥードル最後の一匹』復刊予告:

« カッターマットとスケッチブック | トップページ | 12月1日から輸入色鉛筆値上げ »