« ブラックとシルバー | トップページ | ウォークマンNW-A919をネット通販で購入 »

2007年12月23日 (日)

ワンセグ録画できるポータブルプレイヤー

ワンセグ放送(地上デジタルテレビ放送のモバイル機器向け放送サービス)を録画できるポータブル音楽プレイヤー(デジタルオーディオプレイヤー)をネットショップで通販しました。
自分が機種決定した経緯をまとめます。

きっかけは正月にドラマ「のだめカンタービレ」の新作放映+本編再放送することです。

ビデオに撮ってあとで見たいけど、見てる時間が無い。
持ち歩き出来るポータブルプレイヤーに録画データを入れて、時間があるときに見れたら便利だろうと考えました。

(ビデオデッキやHDDレコーダーに録画してパソコンをつなげてエンコード、またはパソコンにテレビチューナーを接続して録画ができればいいけど、パソコンの仕事を増やす時間的余裕が無い。)

そこで、ワンセグ放送を録画できるポータブルプレイヤーを探して、2社に絞り込みました。
◆〈TOSHIBA(東芝)〉gigabeat(ギガビート)Vシリーズ
◆〈SONY(ソニー)〉WALKMAN(ウォークマン)Aシリーズ

 gigabeatは去年からワンセグ対応機種が出ているようです。
 記録メディアは大容量(30GB~80GB)のHDD(ハードディスク)タイプと、フラッシュメモリ(4GB)+SD/SDHCカードスロットの2タイプ。
 液晶画面サイズは3.5インチ。

 ウォークマンは今年の11月に初めてワンセグ対応機種が発売されました。
 記録メディアはフラッシュメモリ(4GB/8GB/16GB)のみ。
 液晶画面サイズは2.4インチ。

最初はgigabeatにかなり心ひかれました。

ワンセグ放送の録画で注意する点は「録画した機器でしかデータの再生・保存ができない」ことです。
パソコンにデータを保存することもできないので、記録メディアが満杯になったらデータを削除しないと新しい録画ができません。
そうすると大容量のHDDが良いですが、HDDは衝撃に弱いという欠点があります。
SDカードで録画できる容量を増やせるのも魅力ですが、SDカードも高価なのでそうそう買い足せません。

ウォークマンは液晶画面が小さいのと容量に限界があるのが難点でした。

しかし、ワンセグ視聴だけでなく携帯音楽プレイヤーとして考えると、やはりソニーブランドは捨てがたい。私は音響家電についてはソニー信者なので。
雑誌記事でみかけた「字幕一覧」も気に入りました。字幕のテキストだけ一覧表示してあらすじをざっと確認したり、見たいシーンにジャンプできるというウォークマンの独自機能です。

結局これに決めました。
〈SONY(ソニー)〉WALKMAN(ウォークマン)NW-A919(16GB)(ブラック)

カードサイズでワンセグにも対応したウォークマン SONY NW-A919
【楽天市場】デジタルシアター倶楽部楽天市場店

NW-A916(4GB)やNW-A918(8GB)に比べて、NW-A919(16GB)は一万円ほど価格が上がりますが、容量は後から追加できないので思い切って最大容量を買いました。

◇ワンセグ録画できる最大時間の目安
NW-A916(4GB)……約25時間
NW-A918(8GB)……約50時間
NW-A919(16GB)……約100時間

次回は、実際にNW-A919を購入してからの感想をまとめます。

|

« ブラックとシルバー | トップページ | ウォークマンNW-A919をネット通販で購入 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/17454872

この記事へのトラックバック一覧です: ワンセグ録画できるポータブルプレイヤー:

« ブラックとシルバー | トップページ | ウォークマンNW-A919をネット通販で購入 »