« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月26日 (火)

ドラマ「ハチミツとクローバー」第8回感想

2月26日放送のフジテレビ系列ドラマ「ハチミツとクローバー(ハチクロ)」第8話を見た感想。

野宮、素面の山田をホテルに連れ込みながら、結局片想いの愚痴を聞いてあげただけか。いい人すぎ。
飲み会で飲みすぎて連絡できなかったという設定で親に言い訳するなら「でっかい奈良漬」のように酒臭くしないと。

竹本の「自分探しの旅」、たいした苦労もせずあっさり終了。

早々に宮大工集団に拾われて、数日やっかいになっただけ。関東から出たかどうかも怪しい。
卒業後の進路を決める重要な旅なのに、レベル上げした気配もない。「自分探し4級」もとれないだろう。ドラマでは竹本は修復士にはならなさそうだね。
ドラマでは家出中の生活費が手持ちの財布だけみたいだから、あまり日数かけられないか(原作ではカードで自分の貯金をおろしながら旅していた)。夏休み中じゃないから野宿もきつかろう。真似して自転車でうろつく自分探しが増えると、北海道の人も迷惑だろうし。
※訂正。適当に見ていて内容を勘違いしました。まだ竹本は旅を続けていました。
原作より、行方不明をみんなにそれほど心配されていない影の薄さがさらに悲しい。

はぐみが子どもと一緒に描いたチョークアートはなかなかよかった。自分も描いてみたいって思わせる「楽しさ」を見せてくれた。

愛情を告白してきた森田にアーティストとしてライバル宣言したはぐみ、かっこいいぞ。ドラマのちゃらい森田とあっさりくっついたら腹立たしいところだった。

来週ははぐみが大怪我するみたいだけど、正直いって今の竹本も森田も、はぐみの芸術とともに生きる覚悟につりあえるとは思えん。

| | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

皮製の横長バッグ購入

いつも持ち歩いているバッグの持ち手がとうとう壊れたので、新しいバッグを買いました。
茶色の合皮の肩掛け横長バッグ。3980円。(巾32×高さ15×マチ10cm)
外出するとき荷物がいっぱいで肩が重いので、今回は財布と貴重品だけ入れるように小さめのバッグにしました。
横長バッグとは、高さに対して横幅が2倍ぐらいの横に長いバッグです。素材は皮または布。持ち手が長くて肩にかけられるます。分類としてはハンドバッグかショルダーバッグ。わりと流行のようで雑誌でも良く見かけるタイプです。

前のバッグから荷物を移してみると、容量が足りなくて読書用の文庫本が入りませんでした(他の荷物を出せば入れられる)。もう少し深いのにすればよかったかな。
ちなみにいつもバッグに入れているのは財布・パスケース・携帯電話・システム手帖・ボールペン・ポーチ(ハンカチ・ティッシュペーパー・裁縫道具・印鑑・鍵など)などです。
どうせ前のバッグでも荷物が入りきらなくてサブバッグ(ショッピングバッグ)を持ち歩いていたから、困ることはありませんが。特に冬はマフラーとか手袋があるから普通のバッグでも入りきらないので。

右月左月のショッピング
【楽天市場】婦人用バッグの商品一覧
「横長バッグ」で商品検索。

| | トラックバック (2)

2008年2月19日 (火)

ドラマ「ハチミツとクローバー」第7回感想

2月19日放送のフジテレビ系列ドラマ「ハチミツとクローバー(ハチクロ)」第7話を見た感想。

竹本、青春の塔(卒業制作)作成開始→破壊→自転車で走り出す。
卒業制作と就職活動を平行してやっていたら破壊活動にも納得がいったのに。
というか就職内定が取り消しになってから、次の就職先を探すでもなく卒業制作を始めるって能天気だな。自分の努力が足りないくせに不幸面されてもいらつくだけ。

山田は酔っ払ってもいないのに野宮についていって、これは何もないほうがおかしいだろう。何かあったらハチクロではなくなるが。

今日はみんな悩んでいてギャグが少なかった。
ドラマも後半に入りそろそろ物語がシリアスモードで笑いが少なくなるが、前半のギャグが寒すぎた。あれで友情の良さを味わうには苦すぎる。

| | トラックバック (1)

2008年2月14日 (木)

ラング世界童話集の新訳、東京創元社より刊行

「本の雑誌3月号」掲載の東京創元社の広告を見て、アンドルー・ラング世界童話集の新訳が刊行されたことを知りました。

あおいろの童話集 (アンドルー・ラング世界童話集 第 1巻)
あかいろの童話集 (アンドルー・ラング世界童話集 第 2巻)
アンドルー・ラング:編/西村醇子:監修
第1回刊行2008年1月/2冊配本 以降隔月の奇数月に刊行予定

東京創元社|アンドルー・ラング世界童話集
(出版社公式ページ)

「あおいろの童話集(The Blue Fairy Book )」など(色の童話集〉として有名な〈アンドルー・ラング世界童話集〉は、19世紀末から20世紀初頭にかけてイギリスで12冊刊行された子供向けの読み物のシリーズです。
イギリスの民俗学者アンドルー・ラングが世界中の民話・昔話・神話や有名な童話を集めて子供向けに書き直して紹介しています。
過去に何度か日本語訳されていますが、近年は絶版状態でした。
ラング世界童話集の過去の刊行シリーズについてはこちら。(収録作品リスト)
ラング童話集01@夏貸文庫

今回も全訳ではなく、他の本で読める有名な童話や日本の昔話、残酷な話は除外するそうです。
何しろ収録作品が多い(全12巻で400話以上)から、他の本で読める話は除外してもらえるのは助かります。
四六判上製(ハードカバー)を12冊揃えると置き場所に困りそう。
それでも、一番新しい偕成社文庫版が絶版している今、ありがたい企画です。

| | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

名古屋の街で本屋さんたちが共同開催しているイベント

名古屋市美術館の「北斎展」を見に行くついでに、矢場町のパルコに寄ってきました(名古屋市美術館まで徒歩10分)。

パルコ東館の4階までエスカレーターをあがったところ、リブロ(書籍売場)に古本コーナーができていました。よく古本関係の本でみかける古書店やライターの人が出品していました。

これは2008年2月9日~3月2日の間、名古屋市内の新刊書店、古書店、雑貨屋、カフェなどのショップが共同で開催する、本に関するイベント「Bookmark Nagoya」の一環だそうです。
各店趣向を凝らして、オススメの本を集めた特別コーナーやトークイベントなどを開催しています。
エリアは栄・名駅・千種・本山とけっこう広い範囲にわたっています。
都合をつけてできるだけ見て回りたいです。

BOOKMARK NAGOYA
イベントの公式サイト
SCHOP/ナゴヤ発のミニマガジン「スコップ」
名古屋のフリーペーパー。2月発行の13号は「BOOKMARK NAGOYA」のガイド特集。

今日は「北斎展」が目当てで時間がないので、矢場町のパルコと名駅前のジュンク堂だけ回ってきました。

※※本日のお買い物※※
セキユリヲのデザイン―サルビアの活動記録とグラフィックワーク』〈ピエ・ブックス〉
雑貨づくりの楽しみ―大切にしたい手づくりのぬくもり』柳沢小実〈ピエ・ブックス〉
カメラの楽しみ―写真がもっと好きになる道しるべ』柳沢小実〈ピエ・ブックス〉
プロテージュ・カイエ―フランスの子どもたちの勉強道具・ノートカバー』〈ピエ・ブックス〉
「本の雑誌2008年3月号」
BRUTUS (ブルータス) 2008年 2/15号 [雑誌](特集:すいすい理解る現代アート)」

ひさしぶりに大きい書店に行ってうかれて買いすぎました。荷物が重くて財布が軽い。
イベントとは全然関係ないけど、本日はちょっとレトロでかわいいビジュアル本ばかりになりました。図らずもアート系出版社のピエ・ブックス三昧。
アート・グラフィック系の本はネットで情報を集めるだけではふんぎりがつかず、リアル書店で自分で手にとって確認したいですよね。

| | トラックバック (1)

2008年2月12日 (火)

ドラマ「ハチミツとクローバー」第6回感想

2月12日放送のフジテレビ系列ドラマ「ハチミツとクローバー(ハチクロ)」第6話を見た感想。

番組途中に流れる、人型ロボットのアシモが出てくるホンダのCMのBGM曲(女性ヴォーカルの英語歌詞)って「グリーングリーン(GREEN GREEN )」なのね。毎週聞いているのに今日やっと気がつきました。
ホンダ企業広告ASIMO CM1:「CIRCLE」篇Honda CM INFORMATION
ホンダ企業広告ASIMO CM2:「DINER(ダイナー)」篇 Honda CM INFORMATION
今日のCMは「DINER(ダイナー)」篇なので歌っているアーティストは Constance Amiot(コンスタンス・アミオ)。

蕎麦屋へ行くときの山田と野宮のやりとり、言葉遣いが荒々しいけどドラマの山田はそういう気の強い性格だと割り切ればわりと悪くない。

ドラマオリジナルの画商や大学の職員は、コンクールの評価でわざと気に触る発言をして悪役をやっているのだろうか。森田とはぐが新しい作品制作に取り掛かって良かったが。

真山は、原作の愉快なストーカー行動を削除したら、ただのいい人だね。

原作の竹本は手先が器用だから美大に進学したんだけど、ドラマの竹本は高い学費を出してもらって美大に何しに来たんだろう。作品制作もサークル活動もアルバイトもろくにやっていないし。就職のことを考えたら普通の大学の方がつぶしが利くだろうし、義理の父が嫌いなら(前回のドラマでそんな発言があった)、高卒で就職して実家から独立したらいいのに。

| | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

林海象演出のNHK少年ドラマ「夕陽ヶ丘の探偵団」

昨年末(2007年12月29日・30日・31日)夕方6:50~7:20、NHK教育で放映したドラマ「夕陽ヶ丘の探偵団」全3回を、
今日(2008年2月11日)午前9:00~10:30に再放送しました。

年末年始のテレビ情報誌で「今は落ち目となった名門子ども探偵団の活躍を描く」少年ドラマという解説を読んでかなり気になっていましたが、年末の忙しさにまぎれて見逃しました。
小学校のときテレビドラマの「少年探偵団」が大好きでした(キャロライン洋子のお兄さんが小林団長のBD7シリーズ)。あの頃は本気で少年探偵団に入りたかったです。

今日の朝、新聞のテレビ欄を眺めていたらNHK教育「夕陽ヶ丘の探偵団」のところで「林海象演出」の文字が目に留まりました。
「夢みるように眠りたい」、「私立探偵 濱マイク」「探偵事務所5」シリーズなどステキな探偵映画を数多く手がけた林海象(はやし・かいぞう)監督の作品ならぜひ見たかったです。
なんでテレビ情報誌はこんな重要な情報を大々的に紹介しないのか。一般には林海象の知名度は低いのでしょうか。
(公式サイトの情報では林監督の演出は第1話・第3話で、第2話は別の人らしいです。)

今朝は忙しくて余裕がなくてビデオ録画もできませんでした。
せめて番組宣伝ページを見て内容を妄想します。
林海象監督にはぜひ次は乱歩の少年探偵団を映像化していただきたい。

夕陽ヶ丘の探偵団 : NHKドラマ

| | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

コピックを全色揃えるには

ここ数日、自分のサイトの画材コーナーのコピックのページに手を入れていました。

コピック@夏貸文庫文房具d-1
画材置場@夏貸文庫

コピックは日本で一番使われているアルコールマーカー(アルコールインクのカラーペン)。
プロから学生まで、デザイン・製図や漫画(マンガ)のカラーイラストの彩色(色塗り)によく使われます。

「週刊少年ジャンプ」の連載作家はコピック塗りが多いですね。
『ONE PIECE(ワンピース)』尾田栄一郎さん、『DEATH NOTE(デスノート)』小畑健さん、『NARUTO(ナルト)』岸本斉史さん、『BLEACH(ブリーチ)』久保帯人さん、『家庭教師ヒットマンREBORN!(リボーン)』天野明さんなどなど。

コピックシリーズのアルコールマーカーには「コピック」「コピックスケッチ」「コピックチャオ」「コピックワイド」の4シリーズがあります。
(他に輪郭線用の「コピックマルチライナー」「コピックドローイングペン」などあります)

一般には「コピック」と言いながら、実際にイラストやコミックのカラー原稿の色塗りには、ペン先が筆状のブラシになっている「コピックスケッチ」が使われる場合が多いです。

コピックスケッチ(全322色)は2008年2月現在カタログの希望小売価格は399円(税込)。

 399円×322色=128,478円≒約13万円

全色揃える人はお金持ちですね。

セット売りでコピックスケッチ全色揃える組み合わせ。
◇(パターン1)…… 72色セット(ABCD)+12色セット(Ex-1Ex-2EX-3)
◇(パターン2)…… 144色セット+72色セット(CD)+12色セット(Ex-1Ex-2EX-3)

最初は一度に全色買わずに、36色か72色ぐらいのセットを買って肌色系など欲しい色を単品(単色)ばら売りで買い足すか、最初からバラで好きな色を買い集めるのが一般的です。

| | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

ドラマ「ハチミツとクローバー」第5回感想

2月5日放送のフジテレビ系列ドラマ「ハチミツとクローバー(ハチクロ)」第5話を見た感想。

竹本の義理の父親(母親の再婚相手)のカズさん来襲。
原作でも強引な人だから、多少のうるささは許容範囲。
いつもの寒いギャグもスルーできるようになりました。

処分のため実家から持ち込まれた荷物を選別する竹本に、先輩が余計なことを吹き込んでいるけど、想い出の詰まった荷物も写真に取っておけば捨てる気になれますよ。
ドラマに文句つけていないで、自分の汚部屋の荷物整理しなくちゃ。溜め込んでいた古い物を手放すと、新しい幸運が入ってくるのです。

竹本の「手先が器用で実直で凝り性」という長所を見せるエピソードがないね。みんなが気に留めない竹本の美点を、はぐみは気づいていているから、最終回の「竹本君に直してもらえるお寺は幸せだと思う」という名セリフにつながるのに。
美大生のみんなはもっとガンガン作品作りしているそぶりを見せてほしい。特にはぐみ。
原作では「はぐの才能の85%はその、いくら作ってもアキない所だと思うよ…」(原作(2)P91)と保護者(修ちゃん)に言われるように、他人に評価されることより自分の中の美を追い求める運命の子だと思うけど。
まあ、ドラマでははぐみが先に森田に告っちゃったし、花本先生はあまりはぐみと一緒にいないし、原作と別人のはぐみの恋愛模様にときめきません。

| | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

電車を乗り換えるタイミング

仕事帰り、乗っていた普通電車がある駅に止まったときのこと。

「次の快速急行に乗り換えると、○○まで先に到着いたします」
という駅のアナウンスを聞いたとたん、隣に座っていた人があわてて電車から降りました。
○○までなら次の駅で快速急行に乗り換えても同じなのにな、と思いながら自分はそのまま電車に乗って行きました。

次の駅に着いたところ、
「××方面で人身事故が起きたため、次の快速急行は運休で、○○まではこの普通電車が先に参ります」
とアナウンスがありました。

さっき降りた人が気の毒になりました。タイミングが悪かったですね。
先の駅を発車する前に快速急行運休の連絡を聞いていたら、普通電車を降りなかったのに。

ところで前日も同じ鉄道で、同じような時間に別の場所で人身事故があり、電車内で20分ぐらい待たされました。早い電車に乗れたおかげで、駅の寒いホームで待たされずに助かりました。

微妙に最悪の事態は回避している私は、運がいいのか悪いのか。

| | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »