« ドラマ「ハチミツとクローバー」第5回感想 | トップページ | 林海象演出のNHK少年ドラマ「夕陽ヶ丘の探偵団」 »

2008年2月 6日 (水)

コピックを全色揃えるには

ここ数日、自分のサイトの画材コーナーのコピックのページに手を入れていました。

コピック@夏貸文庫文房具d-1
画材置場@夏貸文庫

コピックは日本で一番使われているアルコールマーカー(アルコールインクのカラーペン)。
プロから学生まで、デザイン・製図や漫画(マンガ)のカラーイラストの彩色(色塗り)によく使われます。

「週刊少年ジャンプ」の連載作家はコピック塗りが多いですね。
『ONE PIECE(ワンピース)』尾田栄一郎さん、『DEATH NOTE(デスノート)』小畑健さん、『NARUTO(ナルト)』岸本斉史さん、『BLEACH(ブリーチ)』久保帯人さん、『家庭教師ヒットマンREBORN!(リボーン)』天野明さんなどなど。

コピックシリーズのアルコールマーカーには「コピック」「コピックスケッチ」「コピックチャオ」「コピックワイド」の4シリーズがあります。
(他に輪郭線用の「コピックマルチライナー」「コピックドローイングペン」などあります)

一般には「コピック」と言いながら、実際にイラストやコミックのカラー原稿の色塗りには、ペン先が筆状のブラシになっている「コピックスケッチ」が使われる場合が多いです。

コピックスケッチ(全322色)は2008年2月現在カタログの希望小売価格は399円(税込)。

 399円×322色=128,478円≒約13万円

全色揃える人はお金持ちですね。

セット売りでコピックスケッチ全色揃える組み合わせ。
◇(パターン1)…… 72色セット(ABCD)+12色セット(Ex-1Ex-2EX-3)
◇(パターン2)…… 144色セット+72色セット(CD)+12色セット(Ex-1Ex-2EX-3)

最初は一度に全色買わずに、36色か72色ぐらいのセットを買って肌色系など欲しい色を単品(単色)ばら売りで買い足すか、最初からバラで好きな色を買い集めるのが一般的です。

|

« ドラマ「ハチミツとクローバー」第5回感想 | トップページ | 林海象演出のNHK少年ドラマ「夕陽ヶ丘の探偵団」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/40015501

この記事へのトラックバック一覧です: コピックを全色揃えるには:

« ドラマ「ハチミツとクローバー」第5回感想 | トップページ | 林海象演出のNHK少年ドラマ「夕陽ヶ丘の探偵団」 »