« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

三菱鉛筆ユニカラー芯シャープペン(0.7mm/0.5mm)

Sharp01_2


色つきのシャープペンシル用替芯です。

三菱 uni COLOR (ユニカラー) カラー芯シャープペン替芯 (0.7mm)MIX
三菱 uni COLOR (ユニカラー) カラー芯シャープペン替芯 (0.5mm)MIX
【楽天市場】オフィスワン北浜OS店

色はブルー/ミントブルー/グリーン/オレンジ/ローズピンク/レッドの6色。
色がきれいで6色ミックスを買ってしまいました。

芯の太さは一般的な0.5mmと太目の0.7mm。
0.5mmは普通のシャープペンシルに使えます。
市販の0.7mmシャープペンシルはほとんど製図用で300円以上と高価なのですが、芯の色に合わせたシャープペンシルが1本100円前後で販売されています。

以前に買ったシャープペン用カラー芯はつるつるして色が薄くて書きにくかったのですが、このユニカラーの替芯は書き心地がサリサリして比較的濃く書きやすいです。(青系に比べて赤系は薄目に感じます)
書いた線は消しゴムで消すことが可能です。
「従来のカラー芯はプラスチック芯でワックスを含んでいたため、消しゴムで消すことができませんでしたが、『uni COLOR』はワックスを含まない芯ですので、消しゴムで消すことが出来ます。」だそうです。
最近は「消せるボールペン」が市販されていますが、専用の消しゴムを必要とします。普通の消しゴムで消せるのはこのユニカラー芯シャープペンと三菱鉛筆の消せる色鉛筆アーテレーズぐらいです。

名古屋中心部では東急ハンズ(アネックス)、ロフト(ナディアパーク)、世界堂(パルコ東館6階)などで売られていました。世界堂では2割引です。

0.5mm芯6色ミックス(12本入り)で試し書きしてから各色(10本入)を買うことをおすすめします。
私は結局0.7mm芯全色揃えました。

| | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

小袖~江戸のオートクチュール特別展@松坂屋名古屋店

名古屋市栄の松坂屋名古屋店(本店)南館1階オルガン広場にて「小袖 江戸のオートクチュール特別展」を5月1日まで開催しています(入場無料)。
江戸時代に作られた豪華な染色や刺繍で彩られたきものなどを十点ほど展示しています。
買い物のついでに見てきました。デザインがモダンで、技術も手が込んでいて見飽きません。

これは現在(4月26日(土)~6月8日(日))、名古屋市博物館にて開催している特別展「小袖~江戸のオートクチュール」の関連企画です。
松坂屋京都染織参考館が収集している、江戸時代の上層階級の女性が身にまとったきもの(小袖)を中心に、蒔絵の化粧道具や屏風、能装束などを初めて一般に公開する展示会です。
博物館の展示は前期と後期で展示品が入れ替わるので、興味のある方はお早めに。

| | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

『まるごと大人の塗り絵』河出書房新社

まるごと大人の塗り絵 基礎から学べる永久保存版 (KAWADE夢ムック)
〈河出書房新社〉A4判128ページ(2008/04)

河出書房新社が主催する「大人の塗り絵コンテスト」入賞作品を中心とした、塗り絵(ぬりえ・ぬり絵)に関する情報誌。

色鉛筆・水彩色鉛筆による塗り方の技法をカラーで解説。色鉛筆以外の画材、色彩・絵画に関する情報がたくさん載せられています。
素人の作品には興味ないという人にはおすすめしませんが、塗り絵以外でも自分で描いたイラストの色塗りの勉強にもなります。

河出書房新社の〈大人の塗り絵〉シリーズについてはこちらで紹介しています。
河出書房新社|大人の塗り絵(公式サイト)
大人のぬりえ本01@夏貸文庫

色鉛筆、水彩絵具、コピックなどの画材についてはこちら。
画材置場@夏貸文庫

| | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

慣用色名「シーグリーン」は黄緑か青緑か

日本工業規格(JIS)で規定された色彩の名称に関する規格『JIS Z 8102「物体の色名」』の色見本を作ってみました。

日本工業規格(JIS)「物体色の色名」における慣用色名、系統色名、マンセル値および色見本

「物体色の色名」において「シーグリーン」という慣用色名は「つよい黄緑」に指定されています。

シーグリーン(sea green):つよい黄緑:マンセル値 6GY 7/8

いろいろな色見本が載っている色彩の参考書『色の手帖 新版』〈小学館〉でも色見本は黄緑色になっています。

ところが『日本の269色―JIS規格「物体色の色名」』〈小学館文庫〉の解説では、「つよい青緑」になっています。

シーグリーン(sea green):つよい青緑:マンセル値 6BG 7/8

↑指定のとおりのマンセル値では明るい青緑になってしまいます。
↓明度と彩度を半分に落とすと本の色見本に近い色になります。
シーグリーン(sea green):つよい青緑:マンセル値 6BG 3.5/4)
よって『日本の269色』のシーグリーンの色見本は間違っていることがわかります。
本に書いてある情報がすべて正しいとは限りません。ネットで拾える情報はもっと信頼性は低いですけど。

シーグリーンを青緑にしたい感覚はわかりますけどね。

全世界に公開するWebサイトの色指定で16進数の代わりに使える「カラーネーム」で
「<FONT COLOR="seagreen">■</FONT>」←このように書くと、
seagreen/\#2E8B57←このように指定した文字が青緑色で表示されます。

世界中で使われているドイツのファーバーカステル社の色鉛筆「ポリクロモス」のNo.158が、現在では「ディープコバルトグリーン」に変更されていますが、私が買った十数年前は「シーグリーン」という名称でした。
158 ディープコバルトグリーン(シーグリーン)
ほかにもステッドラー社カラトアクェレル水彩色鉛筆やリラ社レンブラント水彩色鉛筆など、欧米の画材メーカーでは「シーグリーン」はこい青緑色を使っている例が多いようです。
ざっと探した範囲で日本製の色鉛筆では「シーグリーン」の色名は見当たりませんでした。

結論:
慣用色名「シーグリーン」は日本工業規格(JIS)では系統色名「つよい黄緑色」に指定されているが、国際的には「こい青緑色」をさす場合が多い。

《おまけ》
日本の代表的アルコールマーカー「コピックスケッチ」では「G12」のうすい緑色にシーグリーンの名称が使われています。
G12 シーグリーン

| | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

少年ジャンプの人気コミックのぬり絵本〈PAINT JUMP〉

PAINT JUMP Art of BLEACH(ブリーチ)
PAINT JUMP Art of NARUTO-ナルト
発行:集英社/A4判ソフトカバー 60P
(↑アマゾン・楽天ブックス・ビーケーワン・セブンアンドワイへのリンクあり)

「週刊少年ジャンプ」連載中の人気コミックのイラストに自分で色付けできるPAINT BOOK〈ペイントブック/ぬり絵本〉。
第一弾は『BLEACH(ブリーチ)』(久保帯人)と『NARUTO-ナルト』(岸本斉史)。

巻頭カラーページで、作者の描き下ろしカラー原画製作工程を6ページに渡り公開。コピックスケッチを使った色塗りのテクニックを披露しています。使用コピックの色番号も公開。

コピックスケッチ商品リンク@夏貸文庫文房具d-3b
※コピックスケッチ……多くのプロの漫画家がカラーイラストに使用する定番アルコールマーカー。色数が豊富でペン先が筆状になっている。

12色色鉛筆を使った塗り絵の達人のテクニックも紹介。
大判&ポストカードなどの30点以上のぬり絵部分のイラストは、すべて原画の色付け前の線画を使用。
すべてのイラストにカラー原画の見本付き。
ぬり絵のページは厚手の画用紙なのでコピック、色鉛筆以外にも水彩絵具などの画材が使えます。

画材置場@夏貸文庫
コピックのほか、色鉛筆、水彩絵具などの画材を紹介しています。

PAINT JUMP(集英社公式サイト)

集英社 PAINT JUMP 創刊のお知らせ(コピックニュース)

| | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

@nifty Mobile BB(高速モバイル接続サービス)導入

@nifty(アットニフティ)のワイヤレスブロードバンド(高速モバイル接続サービス)「@nifty Mobile BB」を導入しました。
EMOBILE(イー・モバイル)の高速モバイル回線を利用して、下り最大7.2Mbpsの高速度でインターネット接続できる定額サービスです。
今までPHS回線を使った定額モバイル「@nifty Mobile P」を利用していましたが、これは下り最大128kbpsで、動画など大きなデータをダウンロードするのが困難でした。

少し前まで利用できるエリアが狭いことと料金が高くて躊躇していましたが、接続エリアも広がり料金が下がってきたので申し込みました。

今まで使っていた@nifty Mobile P128(PHS)では通信回線の月額契約料金が6,825円 (税込) 。
それに@nifty(プロバイダ)の接続サービス料金:ダイヤルアップ無制限コース/2,100円。
合計8,925円かかりました。

ワイヤレスブロードバンド「@nifty Mobile BB」では通信回線の月額契約料金が4,977円+データ通信カードレンタル料 735円→5,712円 (税込) 。
それに@nifty(プロバイダ)の接続サービス料金:ダイヤルアップお手軽5コース 997.5円。
合計6,709円になります。

@nifty Mobile BBでは、ダイヤルアップの接続超過料金は発生しませんので「お手軽1コース(262.5円)」でも使えますが、これだと自分のホームページが作れなくなります。ニフティで作ったホームページをまだ利用しているので、しばらくはレンタルサーバー代と思って利用料を払います。
これでも今までより月に2,000円以上も節約できます。

3月30日(日)に@nifty Mobile BBのページから申し込んで、4月1日にデータ通信カードが宅急便で届きました。

早速、データ通信カード「D02HW(USBモデムタイプ)」をUSBポート経由でパソコンに接続。
ドライバやユーティリティはD02HW本体からインストールされます。
付属の紙で説明している@nifty用の設定を入力して、接続ソフトをクリックしてすぐに回線がつながりました。作業時間10分ほど。

通信速度が128kbpsから7.2Mbpsになって大幅にページの表示が速くなりました。
回線状態も思ったより安定しています。
料金もPHSより高速モバイルは大幅に安くなります。
これでイライラが緩和されて快適なネット生活が送れると喜んでいます。

| | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »