« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

NHK趣味悠々「お気に入りをとじる~やさしい製本入門」

NHK趣味悠々「お気に入りをとじる~やさしい製本入門」
2008年6月~7月 (全9回)
NHK教育テレビ 毎週月曜日午後10:00~10:25放送
講師:藤井敬子

来月から始まるNHK教育のテレビ講座です。
ポストカード・手帳から旅の思い出、写真や自筆の絵、文庫本、小冊子などいろいろな紙類をとじて表紙をつける製本工芸(ルリユール)を初心者向けに解説します。
綴じ方もじゃばら状につなげる折本、糸でかがる和とじ、洋風の角背のハードカバーなど。
表紙も紙や布から最後は革装まで取り扱います。
(テキストは書店にて発売中)

本を作るというとまず中身を悩んでしまいますが、お気に入りのポストカード(絵葉書)や手帳や文庫本なら気軽に始められそうです。

■夏貸文庫おすすめの本 (アマゾン・インスタントストア)
「自分で作る本」でミニコミ・小出版・同人誌・自費出版・手製本に関する本を紹介しています。

| | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

NHK趣味悠々「植物画の世界へようこそ~ボタニカルアート入門」

NHK趣味悠々「植物画の世界へようこそ~ボタニカルアート入門」
2008年6月~7月 NHK教育テレビ 毎週水曜日午後10:00~10:25放送
講師:鎌滝由美

来月から始まるNHK教育のテレビ講座です。
透明水彩絵具で彩色する写実的な植物画を教えてくれます。
紙を板に水張りをする本格的な水彩画です。
虫眼鏡で葉っぱ一枚から丁寧に観察して描いていきます。
バラやユリなどの花やトマトなど果実も題材にします。
テキスト巻末に花の塗り絵付き。(テキストは書店にて発売中)

使用する絵具は商品名を出しませんが、ウィンザー&ニュートンのアーチストウォーターカラー(チューブ入透明水彩絵具)のようです。14色使用。
テキストではカラーインデックス(C. I. Name)で色指定しています。
カラーインデックスは国際的に登録された顔料名で、絵具のチューブなどに示してあります。メーカーによって色の名前や顔料の配合が違うので、カラーインデックスを参考に探すと近い色が出せます。

「植物画の世界へようこそ~ボタニカルアート入門」テキストはこちら。
色彩・画材・技法関連本>NHK趣味講座テキスト

W&Nチューブ絵具@夏貸文庫水彩絵具01c
ウィンザー&ニュートンのアーチストウォーターカラー(チューブ入透明水彩絵具)を紹介しています。

| | トラックバック (1)

2008年5月24日 (土)

『はじめてであうすうがくの絵本』安野光雅

『はじめてであうすうがくの絵本セット』全3巻
安野光雅〈福音館書店〉

学生時代は数学が嫌いでした。

しかし考えると、学問としての数学は嫌いでも数学関連で興味を持つことはありました。
E.C.エッシャーの繰り返し模様のような計算されて書き込まれた図形を見るのは好きです。
少し前に流行したインド式計算のように、要領よく計算するコツを覚えるのは面白いです。

「美しく正しい答え」を自分で導き出せば快感を覚えます。「美しく正しい答え」を求めるのは、あてずっぽうよりも決まりに従った「定理」を用いるのが確実です。
学生時代は、定理を使えばかならず正しい答えが導き出せる必要性を理解しませんでした。
今も昔も、自分の好きなことには熱中するけど、興味のないことにはまったくやる気がおきない人間です。知識を増やすために本を読むのは楽しくて国語は得意でした。しかし数字をいじって答えを出すことに面白さを見出せませんでした。

安野光雅さんの『はじめてであうすうがくの絵本』シリーズは、順序や比較や計算など数学の基本的概念を幼児向けに説明した絵本です。
子どものうちにこういう絵本に親しんでいたら、少しは数学が楽しめたかなと夢想します。

安野光雅絵本-数学@夏貸文庫

ブログ:ココログ:トラックバック野郎:大人だって読みたいあの絵本

| | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

辻村ジュサブロー◆花うさぎ

Hanausa1

■辻村寿三郎/ジュサブロー金封ふくさ友禅染◆花うさぎ◇えんじ色

NHK人形劇「三国志」「平家物語」などで知られる人形作家・辻村寿三郎(ジュサブロー)さんのデザインした耳の長い兎のキャラクター「花うさぎ」と桜の花びらのイラストが友禅染で染められた金封ふくさ(えんじ色のレーヨンちりめん)。
結婚・出産などの慶事(おめでたいこと)のお祝いのお金を包んで送ります。
数年前に名古屋の高島屋で開催された辻村ジュサブローさんの人形展を見に行ったときに購入しました。
写真はイラスト部分。「ジュサブロー 花うさぎ」で検索すると公式サイトがあります。
これもヤフオク出品中です。
もうこんなかわいらしい小物を使う年齢でもないし、うっかり汚して不良在庫になる前に処分します。ありがたいことに出品1日でもう入札ありました。


| | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

anan(アンアン)創刊30年記念Tシャツ◆イラスト上田三根子

Anan02

マガジンハウスの女性雑誌「anan(アンアン)」が2000年の創刊30周年記念に作った丸首半袖Tシャツのイラスト部分です。
当時、雑誌にハガキを送って読者プレゼントで当選しました。自分がちょうどアンアンの創刊した1970年生まれということを応募ハガキのコメントに書きました。

ポップなイラストは、ライオンの『キレイキレイ』シリーズのパッケージや、PS用ゲームソフト『ぼくのなつやすみ』でおなじみの上田三根子さん。
昔からananでイラストのお仕事をされている縁で記念Tシャツに参加されています。

サイズXSのミニサイズなので着ることもなく衣装ケースにしまったままです。
もしかしたら売れるかなとヤフオクに出品しました。見せびらかしたい気分もあるけど。


| | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

『もっとカエテミル』川上ユキ◆インテリアのアイデア

◆『もっとカエテミル-部屋がすっきりあか抜けるインテリアのアイデア50
川上ユキ〈大和書房〉2008/05

2005/08/13に紹介した『カエテミル●インテリアのアイデアBOOK●』川上ユキの続編が出ました。

若い女性向けに、自分の部屋を居心地良くするインテリアのアイデアを、かわいいイラストとすっきりした文章で提案します。
家具の購入や部屋のリフォームは大変だけど、テーブルの上の雑貨の片づけならすぐに実行できそうです。
部屋に居場所を作るとき、人は「テレビ」「ひなた」「部屋の奥」「もたれる壁」を好むという指摘もするどいところをついています。
部屋が落ち着かないのは、物の居場所か自分の居場所が決まっていないって事ですね。

前作を読んでなくても大丈夫ですが、続編が気に入ったら是非前作もおすすめします。

さまざまなシーンに立ち会う、実家暮らしのひと、一人暮らしのひと、夫婦二人暮らしのひとたち。だんだんキャラが立ってくるのも面白いです。

| | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

『見てすぐ描ける水彩スケッチ』初心者向け水彩絵具の塗り方解説書

見てすぐ描ける水彩スケッチ ―下図から完成までの手順がわかるモチーフガイド』視覚デザイン研究所編集室(2005/04)


固形水彩絵具を使ったスケッチの色付けのテクニックを教えてくれる初心者向けの技巧書。
空や水や樹木などの自然物から街角の建物や車まで、モチーフごとに描き方を解説。
色をつける順番、混色、ぼかしやグラデーションなど実践的な小技を教えてくれます。
どこから塗ればいいのか戸惑ってしまう初心者に非常に役に立ちます。
いろいろな種類の雲、光が反射する水面、枝いっぱいに花が咲いた桜の木など、きれいで真似したくなります。

| | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

『NHKみんなのうた絵本(1) 4人めの王さま』和田誠アニメ

古本屋で『NHKみんなのうた絵本〈1〉』(童話屋)購入。

『みんなのうた絵本』はNHKみんなのうたの初期の名作アニメをカラーで再録した絵本のシリーズ。全4巻。メロディ譜と歌詞付き。アニメーターのコメント付き。
児童合唱団による新録音のCD付き。オリジナル歌手でないのが残念。

第1巻は和田誠さんがアニメを担当した『誰も知らない』と『4人めの王様』を収録。

『誰も知らない』(作詞:谷川俊太郎/作曲:中田喜直/オリジナル歌手:楠トシエ)
「みんなのうた」第1回で放送された作品。1曲目の「おお牧場はみどり」は実写映像なので、「誰も知らない」はみんなのうた初のアニメ作品。もとは切り紙モノクロ作品(絵本では彩色)。一時は本放送版が行方不明でテスト版が記念番組で流されたりDVDに収録されていましたが、絵本ではその後見つかった本番用フィルムから再録。

『4人目の王さま』(作詞:高橋睦郎/作曲:和田誠/オリジナル歌手:坂本九)
(『四人目の王さま』)
「みんなのうた」カラー化の頃の作品。トランプの王様をモチーフにしたナンセンス童謡。

「四人目の王さま」で検索したところ、今年の4月29日にNHK総合で「懐かしのみんなのうた」と題して古い「みんなのうた」作品を5分番組の時間に放送していたらしいです。

◆『懐かしのみんなのうた』2008年4月29日(火・祝) NHK総合テレビ
(NHK番組表参照)
04:55~05:00 「おお牧場はみどり」(東京少年合唱隊)「誰も知らない」(楠トシエ)
05:45~05:50 「あわて床屋」(ボニー・ジャックス)「プンプンポルカ」(芦野宏)
06:20~06:25 「五匹のこぶたとチャールストン」(東京放送児童合唱団)「陽気にうたえば」(ボニージャックス)
09:35~09:40 「たのしいね」(杉並児童合唱団)「ねこふんじゃった」(天地 総子)
11:35~11:40「ゆりかごのうた」(ボニー・ジャックス)「四人目の王さま」(坂本 九)
17:40~17:45「アビニョンの橋で」(東京放送児童合唱団)「それ行け3組」(西六郷少年少女合唱団)

2008年2月11日に書いた「林海象演出のNHK少年ドラマ「夕陽ヶ丘の探偵団」」も2008年5月6日(火)にNHK総合テレビにて午後1時30分より「夕陽ヶ丘の探偵団 」を一挙全3話アンコール放送されました。

両方とも見損ねました。再放送があるとは思わなかったからチェックしていませんでした。
テレビって不便ですね。見たいときにはもう放送が終わっています。ネットの情報や出版物ならあとから探す手立てがあるのに、テレビは再放送かDVD化を待つことになります。期せずに再放送があると後で悔しくなります。

| | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

NHKみんなのうたで『月のワルツ』再放送

NHK「みんなのうた」2008年4・5月再放送で、諫山実生(いさやま・みお)『月のワルツ』がオンエアされます。
◇NHK教育テレビ
月曜日14:50~14:55放送
◇NHKラジオ第2放送
月曜日13:55~14:00放送

昨年末の『みんなのうた三昧』で初めて見ましたが、見たことのない方は是非一度ご覧になっていただきたい。「みんなのうた」と思えないぐらいすごい動きのアニメです。

今期はほかにTHE BOOM『恐怖の昼休み』、 ひばりケ丘少年少女合唱団『フニクリ フニクラ(登山電車)』も放送されます(『フニクリ フニクラ』はラジオのみ)。

『フニクリ フニクラ』はもともとイタリアのヴェスヴィオス火山の火口見物の登山列車を宣伝する歌でした。その登山列車の名称が「フニクリ フニクラ」だったらしいです。
『フニクリ フニクラ』のメロディで「鬼のパンツはいいパンツ」という替え歌があります。私が子どものころにテレビの子ども向け番組(おかあさんといっしょ?)で覚えました。どっちの歌詞も好きです。

放送時間について詳しくはみんなのうた(公式サイト)の放送スケジュールを参照。

※関連ページ
夏貸文庫/みんなのうた三昧
「みんなのうた」特集番組

| | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »