« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月24日 (水)

ジブリアニメのピアノ楽譜(楽天ダウンロード)

♪ぽ~にょぽにょぽにょさかなのこ

映画を見ない人も中毒になる曲ですな。
ジブリアニメの新作『崖の上のポニョ』(宮崎駿監督)をさらに楽しむために、主題歌のピアノ楽譜はいかがですか。

『崖の上のポニョ』ピアノアレンジ譜(藤岡藤巻と大橋のぞみ)【楽天ダウンロード】

『崖の上のポニョ』ピアノ弾語り譜(藤岡藤巻と大橋のぞみ)【楽天ダウンロード】
Vocal譜に弾き語り用伴奏ピアノ譜をプラス

楽天ダウンロードでは、PDFファイルで楽譜をネット購入ダウンロードできます。

PDFファイルをプリンタで印刷して楽譜を使います。

パソコン用プリンタがない方は、セブンイレブンのマルチコピー機で出力できるサービスがあります(無料会員登録が必要)。
ネットプリント
(1) 自宅のパソコンから、印刷したいファイルをネットで登録。
(2) 発行された8桁のプリント予約番号をメモ。
(3) セブンイレブンのマルチコピー機にプリント予約番号を入力し、登録したファイルを印刷。

他に、キンコーズなどのビジネスコンビニのパソコンとプリンタで出力する方法もあります。

他のジブリアニメ(スタジオジブリ制作のアニメ作品)の主題歌の楽譜も紹介しています。
初心者向けピアノ楽譜(ジブリアニメ)(夏貸文庫)

1曲210円(税込み)ですから、まず弾きたい曲だけ購入してはいかがですか。

| | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

トイデジカメ「WS30 SLIM」からVistaで画像取り込み

部屋を片付けていたら8年ほど前の古いデジカメが出てきました。

maxell(日本マクセル)の「WS30 SLIM」。

Ws30s01
Ws30s02

35万画素(640×480ピクセル)で液晶画面無し。記録媒体は8MB 内蔵フラッシュメモリで、外部記録媒体(メモリーカード)は使えず、パソコンと直接USBケーブルで接続して画像を保存します。

もうマニュアルなど捨ててしまいましたが、マクセルの公式ページにPDFファイルのマニュアルとデバイスドライバが掲載されていました。

コンパクトデジタルカメラ「WS30 SLIM」  [個人向け] - マクセル

WindowsVistaはドライバ非対応ですが、XP用のドライバソフトでVistaでも画像の取り込みはできます。

USBケーブルは家にありました。汎用のA-AコネクタタイプUSBケーブルなので、パソコンショップで市販品が簡単に手に入ります。

「WS30 SLIM」本体の電源を入れてからUSBケーブルでパソコンと接続し、インストールしたソフト「WS30 Degital Camera 2.0」を起動します。カメラ内の画像のサムネイルが表示されるので、取り込む画像を選択して「保存」。
この画像取り込みソフトの動作が遅いのがいらつきます。シンプルな作りなので動きが早いかと期待したのにがっかりです。去年買ったデジカメや携帯電話の方が高機能で画像取り込みも簡単です。

低解像度の35万画素のデジタルカメラWS30 SLIMは、最近流行のトイカメラ(トイデジカメ)に分類されます。

▽トイデジカメの定義→トイデジカメ|新語辞書

トイデジカメと言ってもWS30 SLIMは、レンズはガラス製のしっかりした物で、マクロ機能やセルフタイマーやフラッシュも付いていて、オモチャとはいえないぐらい上等です。
カメラ本体が軽いし、単4乾電池2本(充電池OK)で、本体メモリは100枚以上画像を保存できるので、外出時に気軽に撮れます。小心者なので、高価なデジカメは落下や紛失が心配で気軽に外で使えません。
これで画像取り込みがさくさく軽かったら気軽に使えるのに、残念です。
「トイカメラ」「トイデジカメ」でネット検索して個人のブログやサイトの文章を読むと楽しそうで、トイデジカメでいろいろ遊んでみたくなります。

| | トラックバック (1)

2008年9月16日 (火)

『言の葉遊学・ご近所の博物誌』わかつきめぐみ〈白泉社文庫〉

言の葉遊・ご近所の博物誌
わかつきめぐみ〈白泉社文庫わ 2-10〉

しばらく絶版になっていたわかつきめぐみさんのコミックス『言の葉遊学(ことのはあそびがく)』と『ご近所の博物誌』が二冊合体して、コミックス初収録の短編を追加して文庫化されました。

『言の葉遊学』(白泉社ジェッツコミックス)収録のうち、「言の葉遊学」と学園物短編6編を再録。(『ゆきのはなふる』〈白泉社ジェッツコミックス〉に再録されている《主様》シリーズの「雨の宮 風の宮」「雨の宮 風の宮 ◆春の虹◆」は未収録)。
『ご近所の博物誌』(白泉社ジェッツコミックス)からは全10話を再録。

SFJapan掲載の短編「夜のしっぽ」「夜のしっぽ・2」および描き下ろしの「夜のしっぽ・3」がコミックス初収録。初期短編を思わせる、のほほんとした幽霊話。

表紙はジェッツコミックス版『言の葉遊学』のキャラ2人のイラストを流用しレイアウトを変えています。ジェッツコミックス版は黄色の強い緑色、白泉社文庫版は青みの強い緑色を背景に使っています。

「言の葉遊学」は辞書に載っている美しい日本語を書き出してまとめた日本語エッセイもの。好きな言葉を書きためたノートのような話。私は楽しいですが、興味のない人にはつまらないかもです。
「ご近所の博物誌」は異世界ファンタジー。植物と動物の調査に来た若い女性の博物学者と、博物学者の手伝いをすることになった村の少年の日常生活。波乱万丈の冒険はないけど、わくわくするいいお話です。

詳細は後日「わかつきめぐみ@夏貸文庫」にて書きます。

| | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

獅子舞の布と毛卍文(けまんもん)

メールマガジン用に「毛卍文(けまんもん)」のCG画像を自作しました。



◆毛卍文(けまんもん)
毛卍文

三日月形を放射状に並べた円形の模様。
唐獅子(からじし)の身体の巻き毛を図案化したもの。「獅子毛(ししげ)」。
毛の房が「卍(まんじ)」のように追いかけあう形なので「毛卍文」と呼ぶ。

唐獅子はライオン(獅子)を美術的に装飾化したもの。太陽の力を宿す架空の聖獣として古代ペルシアから中国の唐を経由して日本に伝わり、この名がある。
唐獅子の体表の巻き毛は、太陽の象徴でもある吉祥のしるし。

和服の基礎知識~日本文化を愉しむために~[まぐまぐ!] メールマガジン
和柄・和の模様・和のデザイン(見本画像)



メールマガジンを発行した後に気づきましたが、「獅子舞(ししまい)」の着ぐるみの胴体部分の布(幕)の模様って、毛卍文ではないでしょうか。

ネットで「獅子舞」の画像検索したら、やはり獅子舞の覆(胴体部分の布)の柄は、緑地に白抜きの毛卍文でした。
緑地に白抜き模様の庶民的な布のイメージで、唐草文だと思い込んでいました。
たまに唐草模様の獅子舞もあるようですが、途中で間違って伝わったんでしょうね。獅子頭に比べて布は痛みが激しいから。

つまり日本伝統の民俗芸能「獅子舞」は古代ペルシアから中国経由で渡ってきた唐獅子の末裔なわけですね。しかも獅子頭がなくても、毛卍文の布だけで獅子の毛皮(巻毛)を表しているのです。何気なく見慣れた模様にも由来と意味があるのは面白いですね。

| | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »