« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月29日 (水)

チャックムートン、ムートン・チャック、無頓着

男女ツインボーカルで1980年代に人気があったロックバンド「バービーボーイズ(BARBEE BOYS)」のギター担当のイマサ(いまみちともたか)さんが、「チャックムートン」名義で他のアーティストに曲を提供していたことを知りました。
調べてみると、松田聖子さんのアルバム『Strawberry Time(ストロベリー・タイム)』収録「裏庭のガレージで抱きしめて」が作詞:松本隆/作曲:チャックムートンとクレジットされています。
裏庭のガレージで抱きしめて 松田聖子 歌詞情報 - goo 音楽
バービーではほとんどの歌の詞と曲を担当していましたが、ここでは曲作りだけなので、どうでもいい=無頓着=チャック・ムートンということらしいです。
(小泉今日子さんに曲を提供したときは作詞も担当しているので「いまみちともたか」名義)

最近、コンピレーションアルバム『Around40~アラフォー~』のジャケットのお仕事から、ムートン・チャックという切り絵作家(イラストレーター)を知りました。
雑誌の表紙や記事のデザイン、ロックバンドのアートワーク、ドラマのタイトルバックなどで仕事の幅を広げています。
Mouton Chuck(ムートン・チャック)
digmeout ARTISTS [Mouton Chuck]
ご自身のプロフィールによると「Mouton Chuckというコードネームの由来は“無頓着”。」だそうです。

結局、音楽家の「チャックムートン」と切り絵作家の「ムートン・チャック」は別人ですが、似たような発想の人がいるんですね。

| | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

『カナリア王子 イタリアのむかしばなし』福音館文庫

カナリア王子―イタリアのむかしばなし
イタロ・カルヴィーノ:再話/安藤美紀夫:訳/安野光雅:画
福音館書店 (福音館文庫 F 15)新書サイズソフトカバー

1969年に単行本として刊行され、近年絶版状態だった『カナリア王子 イタリアのむかしばなし』が福音館文庫に入りました。

イタリアの国民的作家、イタロ・カルヴィーノが編纂した『イタリア民話集』(1956年初版/200編)から7編を選んで、子ども向けに訳した民話集です。
王子様やお姫様が冒険するファンタジックなお話が集められています。
安野さんのイラストも、古いヨーロッパの雰囲気に合っています。

《収録作品(7編)》
カナリア王子・とりごやの中の王子さま・太陽のむすめ・金のたまごをうむカニ・ナシといっしょに売られた子・サルの宮殿・リオンブール

『イタリア民話集(上・下)』再話・編纂:イタロ・カルヴィーノ(岩波文庫)

『カナリア王子 イタリアのむかしばなし』福音館文庫

安野光雅さんの絵本、著作についてはこちらで紹介しています。
安野光雅本棚@夏貸文庫

世界の民話@夏貸文庫

| | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

『やさしい人物画』『やさしい顔と手の描き方』ルーミス本

やさしい人物画
~人体構造から表現方法まで~
アンドリュー・ルーミス(A・ルーミス):著/北村孝一:訳
〈マール社〉1976/12初版/B5サイズ196P
"Figure Drawing For All It's Worth" by Andrew Loomis , 1943

やさしい顔と手の描き方
~基礎から学ぶ頭部と手の描き方~
アンドリュー・ルーミス(A・ルーミス):著/山部嘉彦:訳
〈マール社〉1977/03初版/B5サイズ151P
"DRAWING THE HEAD AND HANDS" by Andrew Loomis , 1956

『やさしい人物画』『やさしい顔と手の描き方』は、日本語版発行から30年近く経ちながら、いまだにリアル系人物画・イラストの教科書として人気のあるすぐれた絵画技法書です。
別名「ルーミス本」。

『やさしい人物画』は、人体の構造を骨格や筋肉から理解し、パース(パーステクティブ/遠近法・透視法)を踏まえて描くことを教えています。作例が豊富で、長い解説文を読み飛ばして絵を眺めているだけでも勉強になります。
リアルな人物画を描かない、デフォルメイラスト(簡略画)を描く人でも覚えていてほしい知識が詰め込まれた本です。

『やさしい顔と手の描き方』は特に、頭部(顔)と手の描き方の技法書。
年齢や性別による違い、表情や性格の付け方など『やさしい人物画』以上に詳細に解説。

著者のアンドリュー・ルーミス(1892-1959)はアメリカのイラストレーター。

原書が第二次大戦終了前後に刊行された本ですから髪型や服装は古く感じますし、モデルが白人なのでバタ臭いですが、人体の構造は不変ですから現代日本でも十分通用します。

『やさしい人物画』はだいぶ前に新刊本で買いましたが、最近『やさしい顔と手の描き方』の美本を古本屋で半額で入手。前の持ち主は本を使いこなせなかったのかな。


| | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

こんにゃくゼリーが食べられなくなったらかなしい

マンナンライフのカップ入りこんにゃくゼリー「蒟蒻畑(こんにゃくばたけ)」をのどに詰まらせた子どもが亡くなった事故を受け、マンナンライフの会長らが内閣府に呼び出されました。

こんにゃくゼリー「ミニカップ」製造中止も マンナンライフ側(産経新聞) - Yahoo!ニュース

こんにゃくゼリー 幼児事故死で製造元に再発防止を要請(毎日新聞)- Yahoo!ニュース

さまざまなメーカーが作っているこんにゃく入りゼリーの中でも、「蒟蒻畑」は噛み応えがあって大好きです。暑い時期は家に常備しています。「蒟蒻畑」が製造中止になったら、非常に残念です。
いっそダイエット食品にして、年寄り子どもは食べてはいけないことにしてください。

こんにゃくゼリーは危険だから製造中止にしろと吠えている遺族もいるようですが、もっと危険な食べ物も世の中には流通しています。

「こんにゃく入りゼリー」よりものどに詰まって死亡した件数が多い危険な食べ物ベスト10 - GIGAZINE

お餅やご飯どころか、おかゆや流動食でものどに詰まらせる人はいるのです。
一部のアレルギー体質の人には、そばや卵や牛乳や小麦粉などごくありふれたの食べ物でも命にかかわる危険があります。それも製造中止にしろと言えますか。

結局は食べる人自身が危険を避けるべきでしょう。
飲み込む機能が弱っている年寄りや、食べて悪いものが判断できない乳児の事故は、食べ物を与えた人が不注意です。
幼稚園児や小学生で食べ物を噛まずに飲み込もうとするのは、しつけが悪いと感じます。
メーカーを責めるのは、何が何でも自分の非(しつけの悪さ)を認めたくないのでしょうか。

マンナンライフを始めとする各メーカーさん。
自信を持ってこんにゃく入りゼリーを作り続けてください。

| | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

ステンレスボトルマグ「グレースマグ」AMB-35(保温マグ)

少し前から保温マグが気になっていました。
魔法瓶のように液体を保温・保冷できて、直接口をつけて飲める容器(マグカップ)です。
類語でサーモマグ、ステンレスマグ、保温タンブラー(マグより大きめ)など。
保温水筒(ステンレスボトル)は持っていますが、もう少し手軽にお湯を使える容器が欲しいのです。

パソコンに向かっているときに、コーヒーや紅茶などちょっとした飲み物が欲しくなります。
台所にいけば電気ポットで常時お湯が沸かしてありますが、いちいちとりに行くのがめんどうです。
カップ1杯分だけお湯が沸かせる、ティファールの電気ケトルが気になっていますが、安い機種でも5千円ぐらいします。

近所のホームセンターでたまたま、保温マグを安く買えました。

ピーコック グレースマグ 【ステンレスボトルマグ】 0.33L ゴールド AMB-35 (N)

色はゴールド(落ち着いたつや消し)。

本体はステンレスの真空二重構造。
半日(12時間)ぐらいは中のお湯が熱く保温されています。外側は熱くならないので手で持てます。
口径は広めの約58mmで、直接口をつけたり大きい氷が入れられます。
持ち手の付いたふたは断熱材入りでネジでしめます。
ふたを取った本体は高さ15センチほどで、電気ポットの注ぎ口の下に立ててお湯が入れられます。大きい水筒だと傾けなければならないので、この大きさは便利です。
330cc(0.33リットル)入りなので、通常のインスタントコーヒー(140cc)2杯分のお湯が入れられます。

性能も、色やデザインも気に入ったので、この冬の愛用品になりそうです。

ピーコック魔法瓶工業

| | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »