« 名古屋市美術館「視覚の魔術-だまし絵」~ヒューズ「水の都」がおすすめ | トップページ | 『身近な雑草のふしぎ』森昭彦〈サイエンス・アイ新書〉 »

2009年5月30日 (土)

差込ダボ(棚受け金具)で棚板を増やす

本棚の棚板を支える金具を1個紛失して、棚板が傾いてきました。

この金具を「ダボ」といいます。
「だぼ」とはもともとは木材や石材をつなぐ小片(木や鉄)をさす日本語です。

棚板可動式の棚本体に空いた穴に差し込む、太い円柱が途中から細くなる2センチ足らずの金具を「差込ダボ」といいます。
細い部分の先が釘のようにとがっているのは「打込ダボ」です。

差込ダボ棚鋲5.5mm(8個入)
サイズ:L(約)16mm×D(約)5.5mm×D1(約)3.9mm

「ダボ」はホームセンターや東急ハンズなどの、木材加工用品売り場の釘やネジなどの金具類のコーナーで売られています。

サイズはD(太い部分の直径)×D1(細い部分の直径)×L(長さ)で示してあります。
売り場に直径を計る定規みたいなものがあるので、ダボの実物を持っていって調べるか店員さんに相談すると失敗がありません。
ダボにはいろいろサイズがあって、売り場によって目的のサイズがない場合もあるので、複数の売り場やネットショップを探すか、少し小さいサイズを買って穴のすきまに紙などをつめてごまかす手もあります。

【メール便OK!】収納棚を増やしませんか?家具の部品です。【差込ダボ棚受(7.0mm)8本入り】
【楽天市場】暮らしの百貨店

Dabo02
棚板を増やして、本棚からはみ出して困っていたB5サイズの本が収納できました。あと1枚棚板が入れば、と思っていたことが数百円の小さな金具で実現しました。

|

« 名古屋市美術館「視覚の魔術-だまし絵」~ヒューズ「水の都」がおすすめ | トップページ | 『身近な雑草のふしぎ』森昭彦〈サイエンス・アイ新書〉 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/45172978

この記事へのトラックバック一覧です: 差込ダボ(棚受け金具)で棚板を増やす:

« 名古屋市美術館「視覚の魔術-だまし絵」~ヒューズ「水の都」がおすすめ | トップページ | 『身近な雑草のふしぎ』森昭彦〈サイエンス・アイ新書〉 »