« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

今年の8月15日・16日はNHK FM「なつかしのアイドル三昧」「SF・ヒーロー音楽三昧」

今年のお盆休み、8月15日と16日の二日続けて、NHK FMラジオ「今日は一日○○三昧」を放送します。

今日は一日 ○○三昧(ざんまい)(NHK公式サイト/FMラジオ)
今日は一日 ○○三昧(ざんまい)次回の放送

8月15日(土曜日) 9:00~23:00は「今日は一日『なつかしのアイドル』三昧」。
2007年8月に放送した「今日は一日“なつかしのアイドル”三昧」の第2弾。
1970~80年代のアイドルにスポットを当てた、現在の30~50代のリスナー向け。
今回の番組企画の一つとして、“リスナーの皆さんが選ぶこの3曲”を募集中。

8月16日(日曜日) 9:00~25:00は「今日は一日『SF・ヒーロー音楽』三昧」。
特撮物中心になるようです。これも現在の30~50代のリスナー向けですね。

お盆の時期なんて30~50代は仕事が休みでも家のことで結構忙しいと思いますけどね。ラジオは用意しておきますが、全部聴けないかも。録音の準備をしておこう。

今日は一日 ○○三昧(ざんまい)のこれまでの放送分を見たら、今年のゴールデンウィークの5月2日に「今日は一日『みんなのうた』三昧」の第3弾を放送していたんですね。気づきませんでした。
放送した曲目を見ても特に目新しいネタもないし、聞けなくてもそれほど悔しくはありません。当日、聞けたら楽しかったろうけど。うん。悔しくなんかないんだ……。

第一弾・第二弾の「みんなの歌三昧」のデータ
夏貸文庫/みんなのうた三昧

| | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

『<カラー図解>楽器のしくみ』緒方英子……カラー写真楽器図鑑

<カラー図解>楽器のしくみ<カラー図解>楽器のしくみ

緒方英子:著〈日本実業出版社〉2006年2月初版
A5判ソフトカバー本文160ページ・オールカラー横書き

オーケストラ(交響楽)・ブラスバンド(吹奏楽)などで使われる西洋音楽(クラシック音楽)の楽器をカラー写真で紹介する音楽図鑑。
楽器の由来、部品の名称、付属品などを紹介。
管楽器に使うリードや弦楽器の弦や松脂などの消耗品や、楽器のお手入れグッズ、楽器を支えるストラップの商品パッケージまで紹介。
写真がきれいで、コラムの文章もわかりやすい。
ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロと、コントラバスは先祖が違うから肩の形が違うという説明も、写真入りで非常にわかりやすいです。
テューバ(大型金管楽器)を自宅の風呂場で掃除する様子を写真入で紹介するなど、ただの図鑑とは一味違って、読んでて楽しい本です。邪魔にならない大きさで、装幀がソフトカバーで手に取りやすく読みやすいです。
吹奏楽部などで楽器に親しんでいた人、『のだめカンタービレ』など漫画やドラマでクラシック音楽に興味を持った人におすすめの本です。

《登場する楽器》他に仲間あり
■弦楽器
ヴァイオリン(vn)/ヴィオラ(va)/チェロ(vc)/コントラバス(cb)/クラシックギター(g)/ハープ(hp)

■木管楽器
フルート(ft)/ピッコロ(pic)/オーボエ(ob)/ファゴット(fg)/サクソフォン(sax)

■金管楽器
ホルン(hrn)/トランペット(tp)/トロンボーン(tb)/ユーフォニアム(euph)/テューバ(tu)

■鍵盤楽器
ピアノ(p)/オルガン(org)

■打楽器
ティンパニ(tim)/ドラム(dr)/マリンバ(mrb)

■古楽器
ヴィオラ・ダ・ガンバ(vmb)/リュート(lut)/チェンバロ(cem)/リコーダー(bfl)

| | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

『もやしもん(8)』石川雅之〈講談社イブニングKC〉感想

もやしもん 8―TALES OF AGRICULTURE (イブニングKC)
石川雅之〈講談社イブニングKC〉2009年7月23日発売
B6判コミックス

人気の農大マンガの最新刊。
今回のお題は「地ビール」。武藤(ミス農大)大活躍。

今の日本の地ビールに対する意見役として「偏見の知識先行で飲まず嫌いの頭でっかちの悪役」の立場を押し付けられたムトー。
地ビールに偏見を持つ者に実際に美味しい地ビールを飲ませて認識を変えさせる……で終わらせないのが流石です。
畜産科主催の「牛まつり」に便乗して、2週間で農大を「オクトーバーフェスト」に塗り替える準備段階は盛り上がりました。自分も皆も楽しませるために、いろんなビールを飲ませる場を提供するための旗振りするミス農大。個性的な農大の学生諸君がそれぞれの特技でまつりを盛り上げる姿はわくわくします。
わくわくしつつ、何かトラブルが起きないかひやひやしましたが、ムトーがインフルエンザでフェストの途中で倒れたのが唯一のトラブルでした。
ムトー、前半の悪役・中盤の女王様・後半の災厄引き受けご苦労様でした。みんなを笑顔にする展開は素敵です。

この話の連載途中(第93話と第94話の間)、イブニング2009年8号にて「全国ビール蔵の皆様へご協力のお願い」を挟んでいました。講談社のイブニングのサイトでも協力してくれるビール蔵を募集していました。終盤のオクトーバーフェストのパレードシーンにビール蔵のロゴを使わせてもらっていました。実際に多くのビール蔵のロゴが使われていて壮観です。コミックスのカバーをはずした本体裏表紙に、応募した業者さんに配ったチラシを載せています。
現実のビール業界を巻き込んで、読んでいるほうも楽しませてもらいました。

講談社KC+ > イブニング
『もやしもん』デスクトップアクセサリー(素材) 、『もやしもん』ブログパーツ(素材) ダウンロード可能(無料会員登録)

| | トラックバック (1)

2009年7月25日 (土)

「配送方法:JPX」は宅配便会社JPエクスプレス(JPEX)の略

ネット書店のアマゾン(Amazonco.jp)から前の日に発送された商品が届いていません。
関東から発送された宅配便はだいたい翌日には届くので、もしかして不在のときに配送が来て持ち帰ったのかと心配して、「Amazon.co.jp ご注文の発送」のメールを確認しました。
「配送方法:JPX」と書かれていました。

「JPX」がどこの会社かわからないので検索してみると、宅配便会社「JPエクスプレス(JP EXPRESS)」の略らしい。

お荷物,小包の配達なら,新しくなったペリカン便の宅配便会社JPエクスプレス。

郵便事業株式会社(日本郵便/ゆうパック)と日本通運株式会社(ペリカン便)の宅配便事業が統合して2009年4月1日から事業開始した宅配便業者です。
略称は「JPX」よりも「JPEX」が正式みたいですけどね。
新ブランドでの業務開始は今年の10月1日からで、それまでは「ゆうパック」「ペリカン便」でサービス提供します。

JPエクスプレスのサイトのトップページ右の「荷物の追跡・再配達申込」で伝票番号を入力して[追跡]をクリックしてみると、まだ「ターミナル間を輸送中」でした。

アマゾンの荷物は、以前は小さい荷物も大きい箱に入れられた宅配便でしたが、最近は薄い本なら簡易包装のメール便で送られてきます。4月1日のJPEX事業開始以降にアマゾンから宅配便で送ってもらうのは初めてかな。無事届きますように。

| | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

『ねこの森には帰れない』谷山浩子詩集〈新潮文庫〉

ねこの森には帰れない
谷山浩子〈新潮文庫〉(1984/10)

前回の『川原由美子イラスト集―シ・ュ・ン・カ・ン』と同じ頃に刊行された、谷山浩子さんの詩集+エッセイ+童話集。

この時期までに発表されたシングル16枚、オリジナルアルバム9枚から88曲の歌詞をテーマ別に収録。間に浩子さんが書いたエッセイや童話をさしはさんでいます。

挿絵を描いているが知る人ぞ知る少女マンガ家やガロ・SF系マイナーマンガ家など通好みのメンバーを揃えました。
(森雅之・さべあのま・吾妻ひでお・内田善美・近藤ようこ・小沢真理・田山麻理・まついなつき・本橋靖昭・上野紀子・ますむらひろし・大島弓子・鈴木翁二・影中白葉・谷内こうた)(カバーイラスト:上野紀子)

自分は1980年代前半が一番よく谷山浩子さんの歌を聞いていた時期です。その後、しばらくしてNHK「みんなのうた」で「恋するニワトリ」「まっくら森のうた」などが人気を得て、浩子さんもメジャーになったと驚きました。

本のタイトルの「ねこの森には帰れない」は谷山浩子さんの初期の代表曲。浩子さんがDJをつとめていた「谷山浩子のニャンニャンしてね!」という土曜日深夜のラジオ番組のオープニング曲でした。ずんずん歩くようなリズムの曲で、今でも時々歩きながら歌いたくなります。

| | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

『川原由美子イラスト集―シ・ュ・ン・カ・ン』ポエム:谷山浩子

Yumiko001

川原由美子イラスト集―シ・ュ・ン・カ・ン
川原由美子:イラスト/谷山浩子:ポエム
小学館〈別冊少女コミック特別編集〉1984年12月発売
22×27cmハードカバー本文56ページ・オールカラー

『観用少女-プランツ・ドール-』『ななめの音楽』の少女漫画家の川原由美子さんの昔のカラーイラスト集。
発行されたのは昭和59年。別冊少女コミックで『前略・ミルクハウス』を連載していた時期です。
収録作品はイラスト集刊行のころに描かれたイラスト中心。

マンガ作品のカラー扉絵・コミックカバーイラストは
『気まぐれ四銃士』(週刊少女コミック1979年17号~1980年5号)
『KNOCK!』(週刊少女コミック1980年8号~1981年2号)
『25時のシンデレラ』(週刊少女コミック1981年8号~1981年12号)
『すくらんぶるゲーム』(週刊少女コミック1981年22号~1982年23号)
『前略・ミルクハウス』(別冊少女コミック1983年3月号~1986年5月号)

ほかに少女マンガ雑誌「週刊少女コミック」「別冊少女コミック」「ポシェット」「コロネット」の表紙・カラーページ用イラスト。

あとがき2ページ描き下ろしイラスト付きコメント。あとがきのイラストはマーカー塗りっぽい。この頃からチャイナ娘好きだったんですね。

イラストに付けられた詩(ポエム)17編は、シンガーソングライターの谷山浩子さんの書き下ろし。川原さんと谷山さんがご友人だったご縁で。かわいらしい、いかにも少女マンガテイストの詩です。

この頃の川原さんのイラストはカラーインクとパステルを使って、華やかでかわいくて女の子らしくて今見ても好きです。
川原さんのマンガを読み始めたのは『すくらんぶるゲーム』あたりからでした。『すくらんぶるゲーム』を文庫化してほしい。

| | トラックバック (1)

2009年7月15日 (水)

『ハーメルンのバイオリン弾きスペシャル』B5サイズムック

Hs1

ハーメルンのバイオリン弾きスペシャル―渡辺道明PRESENTS
原作・監修:渡辺道明〈エニックス〉(1996/02)
B5サイズソフトカバー104P(カラー40P・口絵ポスター1枚・オリジナルカード1ページ)

月刊『少年ガンガン』に連載していた渡辺道明「ハーメルンのバイオリン弾き」のムック(お楽しみ本)。

〈内容〉
カラーイラストギャラリー。
特別編マンガ(描き下ろし番外編ギャグ6編)。
コミックス13巻(オル・ゴール編序盤)までのストーリー概略。
メインキャラクターのプロフィール(描き下ろしイラスト付き)。
武器・技・魔曲・魔法の解説。
作者インタビュー(仕事場写真あり)など。

ハーメルンのバイオリン弾き パーフェクトガイドブック』より古いですが、内容はスペシャルの方が充実しています。
13巻までには主人公側のメインキャラは登場しているのですね。キャラのプロフィールには誕生日や身長体重、名前の由来の楽器など紹介しています。

仕事場のページで使用画材を紹介しています。
モノクロページはパイロットの製図用インク。
カラーページはカラーインク中心。
▽HOLBEIN DRAWING INK/水性カラーインク(ホルベインドローイングインク
▽Dr.Ph.Martin'sK/水性カラーインク(ドクターマーチン ラディアントドクターマーチンシンクロマチック
▽MARNY artist Color DUO 1600/カラーマーカー
▽HOLBEIN artist's water colors/透明水彩絵具(ホルベイン透明水彩絵具
▽GOUACHE/アクリル絵具(背景用)
カラーインクを使っていた頃のイラストが楽しくて好きです。

『スペシャル』は勢いでネット通販しました。ポスターが一度切り取られてい挟み込まれてました。他は汚れなどなくきれいなのでよかったですが。まあ、納得のいく商品を買いたければ問い合わせのできる店やオークションで買えという話。


| | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

『ハーメルンのバイオリン弾き パーフェクトガイドブック』新書コミックサイズ

Hpgb1

ハーメルンのバイオリン弾き パーフェクトガイドブック
少年ガンガン編集部〈エニックス〉(1998/03)
新書コミック175P(カラー32P・口絵ポスター1枚)

月刊『少年ガンガン』に連載していた渡辺道明「ハーメルンのバイオリン弾き」のガイドブック(副読本)。

内容はコミックス23巻(ヴォーカル編終了)までのストーリー概略、キャラクター・武器・技の解説、作者インタビュー、カラーイラストギャラリー、ご友人・関係者からのメッセージ。
解説は外部のライターさんが真面目に文章を書いています。ギャグをとばしてまとめると、恥ずかしいぐらい熱いシリアスなストーリーと再認識します。
カラーイラストはほとんどコミックスカバーに使われたイラストの再録ですが、パーフェクトガイドブック用の描き下ろしイラスト(チビキャラ集合)やテレカ用イラスト(フルート・サイザー)あり。
ハーメルンのガイドブックはこの『パーフェクトガイドブック』と1996年に出た『ハーメルンのバイオリン弾きスペシャル』の2冊のみ。『パーフェクトガイドブック』は作者インタビュー以外特に目新しい情報はありませんので、とくに読まなくても大丈夫でしょう。インタビューを読むと、作者は本当に自分の作品を愛しているのだとわかります。

古本屋で思いがけず105円で入手。運がいいわ。

| | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

「宅配買取」でまんだらけに古本を売る

ここ数ヶ月、古い同人誌をヤフオクで処分していましたが、そろそろ面倒になってきたので、まんだらけに宅配便で送って買取してもらい、一気に処分しました。

まずはまんだらけのサイトの「買取情報」のページで買い取ってもらえる商品をチェック。
(いまどきのマンガやアニメ関連商品だけでなく、古い子ども向けの図鑑やSF童話も買い取っているので驚きました。押入れを探してみようかな。)
「トップ>買取情報>宅配買取」ページで「宅配買取お申込み用紙(PDFファイル)」をダウンロードして印刷(印刷できなければ、宅配買取ページに掲載の必要事項を紙に書く)。
B5サイズの本が入る箱を用意。今回は60サイズ(箱の縦・横・高さの合計が60センチ以内)の通販で商品が送られてきた箱を流用。
箱の内側に大きいビニール袋を広げて(水濡れ防止+詰め物)、売る本をどんどん詰めていきます。すき間に合わせて、ブックオフに持っていっても値段がつかないけど、ヤフオクに出しても買う人がいなさそうな本を詰めていきます。
箱がいっぱいになったら、「宅配買取お申込み用紙」に必要事項を書いて、ふたを封します(売主の住所氏名電話番号と、一緒に送る箱の総数と、買取金額の振り込み金融機関の情報と、買取できなかった場合の処分方法と、発送日を明記)。
ゆうパック60サイズ(箱の縦・横・高さの合計が60センチ以内)(県内→県内)持込で送料500円。
火曜日に郵便局で発送し、金曜日の朝に銀行に振込みされました。30冊で1550円。
送料よりいい値段がついただけありがたいですわ。

ネットオークションは、不用品に思いがけない値段がついて面白いときもあります。最近は面倒でやる気がなくなりつつあります。今も、連絡をよこさない落札者がいて困っています。再出品するのが面倒なんです。同じ作家の同人誌をまとめて買ってくれた他の落札者さんにすごく申し訳ない。気疲れします。安くてもいいからスムーズに売りたいです。

| | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

富士山レーダー工事を描いた石原裕次郎主演映画「富士山頂」(原作は新田次郎)

2009年7月4日(土曜日)夜21:00よりテレビ朝日系列で、石原裕次郎二十三回忌特別番組として、1970年の石原裕次郎主演映画『富士山頂』を放映しました。
この映画はDVD・ビデオなどのパッケージ商品にはなっていませんし、テレビ放送もめったにやりません(「地上波初」ではないと、公式サイトで訂正入っています)。
『黒部の太陽』などと一緒に、この映画は映画館の大画面で見て欲しいという裕次郎の意向だそうです。

テレビ朝日|石原裕次郎 二十三回忌特別企画

富士山レーダーといえば小説家の新田次郎。富士山レーダー計画の気象庁の担当者でした。
映画『富士山頂』も新田次郎の小説が原作です。

富士山頂 (文春文庫)
新田次郎〈文春文庫〉

ほかに、映画「八甲田山」の原作『八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)』、今公開中の映画「劔岳 点の記」の原作(『劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))』)も新田次郎の代表作です。

富士山山頂に建設する気象レーダーは地理的・気象的に困難な工事というだけでなく、厳選した企業に情熱を持って取り組んでもらうために入札制度を無視し、国家的大規模プロジェクトに食い込みたい多くの企業をしりぞけるなどいろいろな政治的駆け引きが行われました。
芦田伸介が演じた気象庁測器課の葛木課長が新田次郎(本名:藤原寛人)本人をモデルにしています。石原裕次郎は三菱電機の技術部員です。

富士山頂に気象観測レーダー(富士山レーダー)を作る話は、NHKの「プロジェクトX」でも有名ですね。こちらはドキュメンタリー。DVDやビデオになっていますし、楽天ダウンロードで動画をネット有料配信しています。

プロジェクトX 挑戦者たち Vol.1 巨大台風から日本を守れ ― 富士山頂・男たちは命をかけた [DVD]

プロジェクトX挑戦者たち 巨大台風から日本を守れ ~富士山頂・男たちは命をかけた~
【楽天ダウンロード】WMVファイル・約42分

| | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

清原なつの「夜永姫と太陽王子」

清原なつの「夜永姫と太陽王子」
小学館「月刊 flowers (フラワーズ) 2009年 08月号 [雑誌]」掲載/24P読み切り

遠い昔、昼の世界の太陽王子が夜の世界の夜永姫(よながひめ)と出会い愛し合います。太陽王子に連れ出された夜永姫が掟を破って昼の世界に踏み込んだために、夜の一族は空へ追いやられます。悲しむことを禁じられた太陽王子は、日食の薄暗がりの中でのみ姫との再会を許されます。
そして2009年7月22日、日本の一部地域(奄美大島北部、トカラ列島、屋久島、種子島南部など)で皆既日食を観測できます。
2009年7月22日皆既日食の情報:国立天文台

夜の世界と昼の世界とか、禁忌を犯したため引き裂かれる恋人たちはよくあるモチーフですが、日食(日蝕)に絡む具体的な元ネタになる話が思いつきません。
パンゲア大陸は3億から2億年前に地球に存在したとされる超巨大大陸。やがて北アメリカ・ユーラシアとゴンドワナの各大陸に分かれたとされます。
悲しい展開だけど、最後に少し救いがあるのでほっとします。

| | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »