« 川原由美子「ななめの音楽」#3感想〈ネムキ2009/09〉 | トップページ | 『のだめカンタービレ #22』二ノ宮知子+「のだカンBS」 »

2009年8月14日 (金)

『オフィシャル・プレッピー・ハンドブック』二十世紀アメリカの生活

オフィシャル・プレッピー・ハンドブック (1981年)
リサ・バーンバック:編/宮原憲治:訳
講談社(1981/06)
A5サイズペパーバック(244P/横書きモノクロ)
定価:800円

中学生の頃に買った古い汚い本を処分しようと思って、念のためアマゾンで調べてみたらマーケットプレイス(古本)で1万2千円の値段が付けられていました。
ヤフオクの落札相場で調べると、美本なら1万円近く、汚れありでも千円以上で落札されています。

原著は1980年にアメリカで刊行された「THE OFFICIAL PREPPY HAND BOOK : Lisa Birnbach」。翌年には日本語訳が刊行されています。
大学進学のために名門私立校(プレップスクール)に通う裕福な良家の子女を「プレッピー」という。プレップスクールに在学または卒業し、トラッドでお洒落な独自の美学を持って優雅に暮らすアメリカのプレッピーたちの生活を、ユーモアと皮肉を交えて紹介する本。
特にファッションについてイラストや写真を豊富に使って詳しく解説していて、アイビーファッション・プレッピーファッションの基本図書になっています。
もう30年近く昔の本ですが、特に男性のトラッドなアイビーファッションは基本が大きく変わらないからまだまだ通用するらしい。
今では二十世紀末のアメリカの生活を知る歴史的風俗資料になっています。

とにかく濃い本です。
個人的にはファッションアイテムについて画像入りで解説していて、お絵かきの資料として重宝してお気に入りでした。お気に入り過ぎて本にシミをつけて、一部のページに色塗りして、カバーのない表紙が色あせてとても売り物になりません。
800円以上の元を取っているから捨てても損はありませんが、捨てたら二度と手に入りませんね。今さら再版するほどの価値はないだろうし、きれいな状態の本を安く手に入れるのも難しいでしょうから。

プレッピーのオフィシャルなハンドブック - [セレクトショップ&トレンド]All About
『オフィシャル・プレッピー・ハンドブック』を詳細に紹介。2006年2月の記事

最近でも[木世]出版社(エイ出版社)の男性向けファッション雑誌「2nd (セカンド) 2009年 06月号 [雑誌]」で、「第3特集  名著『プレッピーハンドブック』から学ぶ  プレッピーの法則。」として『オフィシャル・プレッピー・ハンドブック』を大々的に取り上げています。

アメカジ_立ち読みコーナー
「2nd (セカンド) 」vol.27(2009年6月号)→表紙画像をクリック→目次ページ→「名著『プレッピーハンドブック』から学ぶ  プレッピーの法則」で中身の一部を立ち読み可能。

|

« 川原由美子「ななめの音楽」#3感想〈ネムキ2009/09〉 | トップページ | 『のだめカンタービレ #22』二ノ宮知子+「のだカンBS」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/45920883

この記事へのトラックバック一覧です: 『オフィシャル・プレッピー・ハンドブック』二十世紀アメリカの生活:

« 川原由美子「ななめの音楽」#3感想〈ネムキ2009/09〉 | トップページ | 『のだめカンタービレ #22』二ノ宮知子+「のだカンBS」 »