« 文化資料をデジタルデータ化する仕事:デジタル・ア-キビスト | トップページ | NHKドラマスペシャル「白洲次郎」(全3回)最終話放送日決定 »

2009年9月 9日 (水)

人物画用の水彩色鉛筆(アルブレヒト・デューラー)12本セット

Fcad02


落ち着いた色揃えの12色セットの水彩色鉛筆です。
文具売り場や画材屋ではなく、おしゃれな雑貨屋で見つけました。
セール品で2310円なり。

ドイツのファーバーカステル社(FARBER-CASTELL)の水彩色鉛筆ブランド〈アルブレヒト・デューラー〉ですが、普通の原色中心の12色セットとは入っている色が異なります。

アルブレヒト・デューラー水彩色鉛筆@夏貸文庫画材置場

缶ケースには「PORTRAIT SET(ポートレート・セット)」と書いてあります。つまり人物画(肖像画)向けの色を集めたセットらしいです。
しかし、現在のアルブレヒト・デューラーの12色セットに「ポートレート・セット」は存在しません。日本だけでなく、英語サイトやドイツ語サイトにもありません。

ケースに入っていた説明文に、アルブレヒト・デューラーが最大100色と書いてあります。
20年ぐらい昔は、ファーバーカステル社のアルブレヒト・デューラー(水彩色鉛筆)やポリクロモス(油性色鉛筆)は全100色でした。10年ぐらい前に全120色に増えました。
「ポートレート・セット12色」は全120色に増える前の古い商品なのでしょう。

〈ポートレートセット収録色名(英語)〉
103 ivory(アイボリー)
131 medium flesh(ミディアムフレッシュ)
132 light flesh(ライトフレッシュ)
146 sky blue(スカイブルー)
172 grey green(グレイグリーン)
173 olive green(オリーブグリーン)
175 dark sepia(ダークセピア)
176 Van Dyke brown(ヴァンダイクブラウン)
183 gold ochre(ゴールドオーカー)
187 burnt ochre(バーントオーカー)
191 pompeian red(ポンペイアンレッド)
199 black(ブラック)

並んだ色を眺めるだけでもうっとりします。
バラで色鉛筆を揃えたい方、参考にどうぞ。
実際に使ってみると、描き心地はさらさらして濃くも薄くも塗りやすいです。
描いた後を水筆で濡らしてもなめらかに色が溶けて、新しい色が作れます。

Fcad01


|

« 文化資料をデジタルデータ化する仕事:デジタル・ア-キビスト | トップページ | NHKドラマスペシャル「白洲次郎」(全3回)最終話放送日決定 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/46167270

この記事へのトラックバック一覧です: 人物画用の水彩色鉛筆(アルブレヒト・デューラー)12本セット:

« 文化資料をデジタルデータ化する仕事:デジタル・ア-キビスト | トップページ | NHKドラマスペシャル「白洲次郎」(全3回)最終話放送日決定 »