« QXエディタ2009年1月にバージョンアップ | トップページ | 新しい携帯電話のデータの再登録・再設定 »

2009年10月 7日 (水)

携帯電話を水没させ、機種変更

携帯電話(ドコモFOMA)をうっかり洗濯物と一緒に洗濯機にかけてしまいました。
気づいたときは脱水の途中でした。

電源が入らないのでとりあえずバッテリーパックとFOMAカード(SIMカード)とmicroSDカードをはずして乾かしてみました。
液晶画面の内側まで水が入ってしまいました。バッテリーパックの水濡れシールのピンクの水玉模様もにじんでしまいました。
乾く間にパソコンでケータイが水没した場合の対応を調べてみましたが、中の基盤が塗れると一時的に電源が入ってもショートしたり部品の腐食が進むので、一見復活しても修理もあきらめて機体を変更した方がいいようです。
バッテリーパックを付け直すと、内部からものすごい騒音と振動がして画面は真っ暗でボタンも受け付けません。いよいよ駄目なようです。

2007年の10月末から使っていた機種(N904i)なので、そろそろ機種変更しようかと思っていたので、ショップに行ってきました。

ちょうど前の機種変更した直後に、ドコモの携帯電話はシリーズ分類が変わって、どれを選べばいいのか解らなくて、なんとなく機種変更する気になりませんでした。
▽docomo STYLE series(ライトなおしゃれ系)
▽docomo PRIME series(ゲームなどのエンタメ系)
▽docomo SMART series(ビジネス向け大人系)
▽docomo PRO series(デジタルツール・スマートフォン)
ほかにらくらくホン(高齢者向け)、キッズケータイ(子ども向け)など

ドコモのショップの窓口に水没した携帯電話を持っていきましたが、バッテリーパックをつけるとやはり騒音がすごい。メーカーに送ってデータを救出すると五千円ぐらいかかるそうです。どうしても必要な携帯電話番号などは別に控えてあるので、あとのデータはあきらめました。
こちらの希望は、メーカーは今まで使っていたNECで(電源アダプタが流用できる)、iモードが使えればいいということで、店頭にある機種をいくつか見せてもらって「N-03A(docomo STYLE series)」にしました。色はピュアホワイト(白)。

◆N-03A(NEC)
http://www.n-keitai.com/n-03a/
(メーカーサイト)
もとは2008年11月発売の機種ですが、今年の9月に新色が出ました。
約3.0インチフルワイドQVGA液晶。ワンセグテレビが見られます。
外側に液晶画面がないので折りたたみ画面を開かないと時計確認ができないかと思ったら、表面の一部が「マイシグナル」といってデジタル画面が表示できるようになっていました。
カメラのレンズに標準/マクロの切替スイッチが付いていて高機能に驚きました。

機種変更で臨時出費かとがっくりしましたが、本日は支払い無しで新しい携帯電話を受け取れました。
わりと安い機種だったのと、今まで貯めたドコモポイントで機体の頭金の支払いが済んで、残りの代金は月々の携帯電話料金と一緒に分割払いにしました。分割も一括払いも同じ代金だというので分割に。

|

« QXエディタ2009年1月にバージョンアップ | トップページ | 新しい携帯電話のデータの再登録・再設定 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/46421715

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話を水没させ、機種変更:

« QXエディタ2009年1月にバージョンアップ | トップページ | 新しい携帯電話のデータの再登録・再設定 »