« 川原由美子「ななめの音楽」#5感想〈ネムキ2010/1〉 | トップページ | 和の伝統文化入門絵本『着物のえほん』高野紀子 »

2009年12月29日 (火)

番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:2(第2回)感想

番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:2(第2回)
二ノ宮知子(30ページ)
Kiss (キス) 2010年 1/10号 [雑誌]』講談社(2009/12/25)

〈のだめカンタービレ オペラ編 第2回あらすじ〉
モーツァルトのオペラ「魔笛」のオケ合わせ。オーケストラと歌手の初顔合わせの合同練習が始まる。
R☆Sオケはひさびさに旧メンバーが集まりいい調子だが、歌の人たちの歌い方がおかしい。コレペティトゥール(合唱指導者)に頼んでいた歌手たちの「音楽稽古」にオケの副指揮者を名乗る大河内が現れ、勝手に指導していたのだ。オケのメンバーをを帰して、練習場所を変えて千秋自ら歌手の指導を行う。
千秋の指導の前に、菅沼沙也(ぶー子)が、千秋と吉倉杏奈の関係について問いただす。杏奈の説明では、ウィーンにいた子供のころに習っていた社交ダンスのパートナーだったという。その様子を見ていた真澄と峰は杏奈の存在を危険視する。しかしのだめは、千秋と喧嘩したり驚くような音楽の才能を持つ菅沼を昔の自分に重ね、恋敵(ライバル)と勝手に認定する。
先に居酒屋で飲み会を始めたR☆Sオケメンバーは黒木とターニャの仲で盛り上がる。
その後、三善家でピアノの練習をするのだめは、菅沼の存在が気になってのたうちまわっていた。



千秋真一と吉倉杏奈が知り合いだったのはウィーンに住んでいたころという。『のだめカンタービレ#0キャラクターBOOK (KCDX (2079))』の年表によると千秋がウィーンにいたのは8歳から12歳。社交ダンスを始めたのは12歳。日本に帰国してから社交ダンスを習い始めたと思っていましたが、ウィーン時代にやっていても矛盾はしない記述ですね。
トラブルメーカー大河内がまさかの登場。大河内が市民合唱団(ママさんコーラス)の指揮をしていたエピソードも『のだめカンタービレ#0キャラクターBOOK』に出てきます。飲み会でトークショーの前座でオケのメンバーから簀巻きにされて吊るし上げをくらっていますね。
菊地がボストンから女がらみのトラブルで逃げてきた経緯は「キスプラス2009年11月号」掲載の番外編(コミックス未収録)。
コレペティトゥール(歌唱指導者)の片平理々子さん。プラティニ指揮者コンクールで知り合った片平元さんの奥さんです。片平さんは妻子を日本に残してヨーロッパで頑張っていましたが、まさかここで奥さんが出てくるとは驚きです。
菅沼と千秋のバトルが、昔ののだめと千秋を思い起こさせるとは眼の付け所がいい。菅沼は、他人を冷静に観察して言い難いことをズバズバ指摘するところが楽しいです。菅沼が彩子の嫌な部分を指摘してくれたおかげで、苦手だった彩子のことも好きになれました。いっそ本当に千秋と菅沼がくっついても自分は受け入れてしまいそう。
オケのメンバーも歌手たちもみんな若くて楽しそうでいい感じ。次回は演出家が演技指導する「立ち稽古」はどうなることか。

次回は1月9日発売の2010年2号。

|

« 川原由美子「ななめの音楽」#5感想〈ネムキ2010/1〉 | トップページ | 和の伝統文化入門絵本『着物のえほん』高野紀子 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/47148821

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:2(第2回)感想:

« 川原由美子「ななめの音楽」#5感想〈ネムキ2010/1〉 | トップページ | 和の伝統文化入門絵本『着物のえほん』高野紀子 »