« 高野文子さんの近年(2006年・2007年・2008年・2009年)の仕事(対談・挿絵) | トップページ | 番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:1(第1回)感想 »

2009年12月 7日 (月)

分冊百科『週刊 池波正太郎の世界』(朝日新聞出版)創刊

朝日新聞出版から分冊百科(パートワーク・ワンテーママガジン)で『池波正太郎の世界』が創刊されました。

『池波正太郎の世界』(朝日新聞出版 公式ホームページ)

『週刊 池波正太郎の世界』全30冊
朝日ビジュアルシリーズ(分冊百科)
A4判変型オールカラー36ページ(創刊号は40ページ)
★2009年12月3日創刊
毎週木曜日発売
(創刊号は2週売り。第2号は12月17日発売)

池波正太郎 没後20年特別企画。
池波正太郎の人気時代小説を美しい写真やイラストや古地図、池波ファンの著名人・研究家による詳細なコラムやエッセイで徹底解説。

代表長編小説『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』のほか、傑作短編時代小説を取り上げる。

表紙は、『剣客商売』『鬼平』など池波作品の挿絵でおなじみの中一弥画伯(98歳)による特別描き下ろし。

新聞の吊広告を見て美しい表紙絵に見惚れました。
表紙は御年98歳の中一弥画伯による描き下ろしと知って驚きました。

ネット書店で探しましたが、アマゾンや楽天ブックスでは取り扱っていませんでした。
セブンアンドワイの雑誌カテゴリーで販売していました。

icon

朝日ビジュアルシリーズ 池波正太郎の世界 2009年12月20日号icon
【セブンアンドワイ】

朝日新聞出版 最新刊行物:分冊百科:池波正太郎の世界 1号(創刊号)(公式ホームページ)

朝日ビジュアルシリーズ『池波正太郎の世界』【創刊号】
*鬼平犯科帳 悪を斬るヒーロー「鬼の平蔵」誕生秘話
★綴じ込み別冊
 ・池波正太郎の足音
 ・創刊記念座談会「人間・池波正太郎を語る」
   常盤新平/重金敦之/筒井ガンコ堂/鶴松房治
【抄録1】「本所・桜屋敷」
【抄録2】「谷中・いろは茶屋」
【抄録3】「お雪の乳房」
【抄録4】「むかしの男」
◆池波正太郎年譜
◆私の小説  池波正太郎
◆作品の舞台裏 『鬼平犯科帳』〈一〉花田紀凱
◆登場人物/あらすじ
◆物語の舞台 本所・深川
◆ひと 長谷川平蔵/相模の彦十/小房の粂八ほか
◆イケナミズム(1) 人間というやつ 常盤新平
◆歴史を知る 火附盗賊改の由来と役割 重松一義
◆文学散歩 上野・谷中 案内人・鶴松房治
◆「分とく山」野崎洋光の池波流江戸料理(1) 軍鶏鍋 料理・野崎洋光/文・重金敦之
◆池波エッセイ(1) 下町っ子 川本三郎
◆ゆかりの名店(1) 神田まつや 佐藤礼恵
◆池波正太郎が愛したもの(1) たばこ 筒井ガンコ堂
◆コラム 池波用語の基礎知識(1) 〔肉置き〕須藤靖貴
◆文庫で読む池波正太郎(1)
◆池波絵画館(1) 大川と佃大橋 鶴松房治
◆よろず取調帳(1) 『鬼平犯科帳』押し込みの被害額ランキング(本格盗め篇) 目黒の彦十
◆わたしと池波作品(1) 中村吉右衛門
◆池波ファン必見のミュージアム

|

« 高野文子さんの近年(2006年・2007年・2008年・2009年)の仕事(対談・挿絵) | トップページ | 番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:1(第1回)感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/46963560

この記事へのトラックバック一覧です: 分冊百科『週刊 池波正太郎の世界』(朝日新聞出版)創刊:

« 高野文子さんの近年(2006年・2007年・2008年・2009年)の仕事(対談・挿絵) | トップページ | 番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:1(第1回)感想 »