« やさしい色の蛍光マーカー〈ゼブラ〉マイルドライナー 全15色 | トップページ | 2010年3月15日/名鉄名古屋本線・前後駅(豊明市)付近の沿線火災 »

2010年3月10日 (水)

番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:5(第5回)感想

番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:5(第5回)
二ノ宮知子(30ページ)
『Kiss (キス) 2010年 3/25号 [雑誌]』講談社(2010/3/10)

ダイエットを始めるきっかけが「他人と比べられたとき」ってあるよね。
太っていることで仕事がもらえないのも、切実に悲しい話です。
食事の回数を極端に減らすと、1回の食事で栄養を蓄えようとするからかえって太るんだよね。
王道なのは適切な栄養の食べ物を適度に食べて運動すること。筋肉つけると消費エネルギーが多くなるし、同じ体重でも筋肉が多いほうが細く見えるのだよ。

ダイエットで大騒ぎする菅沼を心配して、千秋と菅沼の絆が深まっていく(笑)。本人たちより周囲が衝撃を受けているわ。

次回は4月24日発売のN0.9。1ヵ月半あきます。
4月26日に新刊コミックス『DVD&CD付き限定版『のだめカンタービレ』第24巻』が出ます。

あらすじは続きで。

〈のだめカンタービレ オペラ編 第5回あらすじ〉

詰め込みすぎのスケジュールを渡したエリーゼに千秋は、オペラの勉強ができないと抗議する。エリーゼは有名オーケストラからオファーが来ているのだめを引き合いに出して、千秋もキャリアアップしろと言いくるめる。

桃ヶ丘音大での「魔笛」立ち稽古。
千秋の代理で片岡さんが指揮に来た。


第一幕〈第10場〉
逃亡しようとしたパミーナ王女を奴隷頭モノスタトスが連れ戻す。

デブ二人の出番が終わったところで、吉岡杏奈が冷たいスイーツの差し入れをするが、ダイエット中の菅原が差し入れを叩き落す。
大騒ぎする菅原を横目に見ながら、衣装を治す真澄を手伝う杏奈。


パパゲーノと鉢合わせたモノスタトスが驚いて逃げていく。パパゲーノはパミーナを見つけ出す。

一週間後、千秋真一再入国。
「魔笛」の稽古場では、極端なダイエットをしている菅沼が食べ物を幻覚を見るほど壊れていた。
ふらふらしている菅沼のために、裏軒からダイエットランチセットを取り寄せる。拒否する菅沼に、千秋が力ずくで食べさせる。それでようやく菅沼の元気が出てきた。


第一幕〈第16場〉
ザラストロの城から逃げ出すパパゲーノとパミーナ王女。
パパゲーノの笛の音に応えるタミーノ王子の笛の音を聞いて二人は元気に歩き出す。

動くと息が上がる菅沼を見て減量の必要性を心配する千秋。そんな千秋を見て嫉妬の炎を燃やす真澄と杏奈。
杏奈が帰ったのと入れ違いに、のだめが稽古場にやってくる。
菅沼にストレッチをさせている千秋を見て、のだめはディープインパクトを受ける。

|

« やさしい色の蛍光マーカー〈ゼブラ〉マイルドライナー 全15色 | トップページ | 2010年3月15日/名鉄名古屋本線・前後駅(豊明市)付近の沿線火災 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/47777919

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:5(第5回)感想:

« やさしい色の蛍光マーカー〈ゼブラ〉マイルドライナー 全15色 | トップページ | 2010年3月15日/名鉄名古屋本線・前後駅(豊明市)付近の沿線火災 »