« 『乙女の日本史』堀江宏樹・滝乃みわこ〈東京書籍〉 | トップページ | モリコロパーク(愛知)アイスショー「THE ICE(ザ・アイス)」2010年7月24日・25日開催決定 »

2010年4月21日 (水)

川原由美子「ななめの音楽」#7感想〈ネムキ2010/5〉

「ななめの音楽 -SCHRAGE MUSIK-」 #7 Fairy Tale - Airy Veil
川原由美子(40ページ)
ネムキ 2010年 05月号 [雑誌]』朝日新聞出版(2010/04/13)

〔「ななめの音楽」第7話あらすじ〕

香椎のパイロットでアイドルの久永まな希は、レースの合間に、海中でホエールウォッチング(クジラ観察)の撮影の仕事をする。クジラに近づきすぎて潜水装置が浸水し、危うくおぼれそうになる。

光子が仮眠を取る間、遊んでいるようにと、表紙にペンがセットされている本がこゆるに渡される。光子が眠る間、空の上で眠るお姫様を夢想するこゆる。
こゆるがぼんやり夢見ている間に起き出した光子は、ショートブレッドを焼いていた。光子の作ったショートブレッドがいまひとつだったので、こゆるが同じ材料で美味しく作り直す。自分の作ったお菓子で光子やラウラが笑顔になって、こゆるも喜ぶ。

まな希の回想。人気アイドルグループ「フェアリールール」から卒業させられ、香椎のパイロットの仕事で海外に流される。不本意な今の状況に気落ちしつつ、格納庫の飛行機のコックピットに座る。整備士に声をかけられ、コーヒーとショートブレッドをいただきながらお喋りする。まな希はグリーゼの子たち(光子とこゆる)がパイロット席で何を見ているのか興味があると言う。
帰り際、格納庫の隅にヴェールをかぶった女の子の人形を見つけて少し驚くまな希。それでも、整備員と話をして多少元気が出たらしい。


今回のメインはまな希。
外国で飛行機のパイロットの仕事は自分の希望ではなかった。しかし、ホエールウォッチングの仕事で地球を体感する不思議な感覚を得て、空の上のパイロットの気持ちを知りたくなり、光子やこゆるに興味を持つ。
地上では得られない感覚には自分も興味ありますね。

こゆるの見た夢は、男の人には光子先輩のことはつかまえられない、あの人を理解できるのは自分だけという独占欲の表れか。

光子とこゆるが作った「ショートブレッド(shortbread)」はバターをたっぷり使ったさっくりしたクッキーの一種。光子いわく、スピットファイア以外のイギリス製品で唯一好きなもの。
小麦粉(薄力粉)・バター・塩・砂糖という、いつでも家庭にある材料で作れます。

ショートブレッド|料理&おやつ10000レシピ オレンジページnet

サブタイトルの「Fairy Tale - Airy Veil」。「おとぎばなし、空気のようなヴェール」。

過去の感想まとめページ
「ななめの音楽 -SCHRAGE MUSIK-」川原由美子@夏貸文庫

|

« 『乙女の日本史』堀江宏樹・滝乃みわこ〈東京書籍〉 | トップページ | モリコロパーク(愛知)アイスショー「THE ICE(ザ・アイス)」2010年7月24日・25日開催決定 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/48147930

この記事へのトラックバック一覧です: 川原由美子「ななめの音楽」#7感想〈ネムキ2010/5〉:

« 『乙女の日本史』堀江宏樹・滝乃みわこ〈東京書籍〉 | トップページ | モリコロパーク(愛知)アイスショー「THE ICE(ザ・アイス)」2010年7月24日・25日開催決定 »