« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

フィギュアスケート浅田真央選手らに愛知県スポーツ功労賞

平成22年(2010年)4月28日(水)午前11時から愛知県庁本庁舎2階講堂において、愛知県スポーツ顕彰並びに愛知県障害者スポーツ顕彰の表彰式が行われました。
「第21回オリンピック冬季競技大会(2010/バンクーバー)」並びに「バンクーバー2010パラリンピック冬季競技大会」において、愛知県を活動の基盤としている選手が日本代表として出場し、優秀な成績を収めたことを顕彰し、神田真秋愛知県知事から被表彰者7名に表彰楯及び記念品が授与されました。
(安藤選手は欠席)



◆愛知県スポーツ功労賞(5名)
「第21回オリンピック冬季競技大会」
浅田真央(中京大学)/フィギュアスケート女子シングル2位(3回目)
安藤美姫(トヨタ自動車(株) )/フィギュアスケート女子シングル5位(3回目)
鈴木明子(邦和スポーツランド)/フィギュアスケート女子シングル8位(初)
小塚崇彦(トヨタ自動車(株))/フィギュアスケート男子シングル8位(初)
伊藤亜由子(トヨタ自動車(株))/ショートトラック女子3000mリレー7位(初)

◆愛知県障害者スポーツ優秀賞(2名)
「バンクーバー2010パラリンピック冬季競技大会」
石田真彦(中部電力(株))/アイススレッジホッケー2位(2回目)
佐藤圭一((株)中電シーティーアイ)/ クロスカントリースキー 1人×4km+2人×5kmリレー5位 (初)

愛知県公式Webサイト

愛知県スポーツ顕彰並びに愛知県障害者スポーツ顕彰の表彰式について | 愛知県



FNNニュース: バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央選手に地元・愛知県からスポーツ功労賞
(動画つきニュース)

浅田真央選手に愛知県スポーツ功労賞 | 日テレNEWS24
(動画つきニュース)

続きを読む "フィギュアスケート浅田真央選手らに愛知県スポーツ功労賞"

| | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

2010年5月5日放送予定NHK FM「今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧」

今年のゴールデンウィークのNHK FM(ラジオ)の特別企画番組「今日は一日 ○○三昧」の予定が発表されました。

今日は一日 ○○三昧(ざんまい)

▼4月29日(木・祝)午後0:15~10:45 
「今日は一日“戦後歌謡”三昧」
司会:立川志らく/加賀美幸子/ゲスト:玉木正之

▼5月2日(日)午後0:15~11:00 
「今日は一日“清志郎”三昧」
司会:黒沢保裕アナウンサー

▼5月3日(月・祝)午後0:15~10:00 
「今日は一日“ラ・フォル・ジュルネ”三昧」
司会:野本由紀夫/岩槻里子 NHKアナウンサー

▼5月4日(火・祝)午後0:15~6:50 
「今日は一日“サッカー音楽”三昧」
司会:倉敷保雄/ゲスト:DJ DRAGON・カジヒデキ・山本浩・植田朝日

▼5月5日(水・祝)午前9:20~翌午前1:00 
「今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧」
司会:緒方恵美/丹下桜(午前9:20~午後5:30)/榎本温子(午後5:30~午前1:00)/藤崎弘士 NHKアナウンサー

なんといっても注目は、5月5日の「今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧」。
2008年の年末大晦日に「今日は一日アニソン三昧ファイナル」でいったんお終いになりましたが、やはり予想どうり帰ってきました。アニソン三昧は今回で4回目です。

今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧

最近のアニメは自分ぜんぜんわかりませんが、この番組のハイテンションなノリが好きです。楽しみだわ。
朝の9時から夜中の1時までってすごいね。休日の予定だけど、用事が入らないように準備しておかねば。ラジオの用意もね。

今日は一日 ○○三昧(ざんまい)これまでの放送
過去のオンエア曲のリストあり

2008年12月31日(日)「今日は一日 アニソン三昧ファイナル」
2007年4月30日(月・祝)「今日は一日 アニソン三昧SS」
2006年5月3日(水)「今日は一日 アニソン三昧」

関連テーマ:2009年8月16日(日)「今日は一日 SF・ヒーロー三昧」

| | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

講談社KC『のだめカンタービレ(24)』アンコールオペラ編その1/二ノ宮知子

のだめカンタービレ(24) (KC KISS)
二ノ宮知子
講談社コミックスKC KISS(新書サイズ)(2010/4/26)

『のだめカンタービレ』24巻は、番外編・アンコールオペラ編のコミックスパート1。オペラ編は2巻になる予定。

本編終了後の日本を舞台に、音大で多賀谷彩子のライバルだった菅沼沙也が主催する市民オペラとR☆Sオーケストラでモーツァルト作曲のオペラ「魔笛」を上演することになり、千秋がオーケストラの指揮を引き受ける。一方、のだめは日本凱旋のソロ・ピアノリサイタルが決まる。
本編初期の桃ヶ丘音大編のようなドタバタ喜劇で楽しませてくれます。

AKT1(第1回)からAKT:5(第五回)までと、4ページのショートコミック「のだかんBS」2編(沙悟浄カンタービレ/菊地カンタービレ)を収録。
番外編の感想は過去ブログ掲載。

番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:1(第1回)感想
番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:2(第2回)感想
番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:3(第3回)感想
番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:4(第4回)感想
番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:5(第5回)感想

コミックス描き下ろしおまけはP131の「のだめ大川に帰る」とP162「プリマドンナ♥菅沼」。P97の落書きイラストでタミーノ王子役の花巻凌(はなまき・りょう)。

| | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:6(第6回)感想

番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:6(第6回)
二ノ宮知子(24ページ)
『Kiss (キス) 2010年 5/10号 [雑誌]』講談社(2010/4/24)

(前回記事)
番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:5(第5回)感想

最新刊『のだめカンタービレ(24) (KC KISS)』(AKT:1~5収録)の続きから始まります。

今回はのだめ日本凱旋のソロコンサート。
タイトルは「疾走するキラメキONEWAY LOVE」。昭和のアイドル歌謡のようなキラキラ感がSU・TE・KI。

杏奈は、ウィーンで期待の新人歌手としてデビューしたが、何かで自信をなくした様子。心配した両親が音楽から離れて気分転換させるように、日本にいる親戚に預けられていた。
杏奈がのだめ本人に知り合う前にコンサートのチケットを取ったけど、今回のだめの演奏を聞いてまた複雑な感情を持ったみたい。真澄ちゃんが杏奈のことを心配しているし、オペラ編で杏奈の悩みが解決するといいね。



《のだめピアノリサイタル「疾走するキラメキONEWAY LOVE」演目》
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第13番 変ロ長調
ドビュッシー:「前奏曲(プレリュード)集」第1集より〈音と香りは夕暮れの大気に漂う〉〈亜麻色の髪の乙女〉
ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 op.58
…………
《アンコール》
ショパン:エチュード「黒鍵」
ジョプリン:〈メープル・リーフ・ラグ〉
サティ:〈ピカデリー〉
ドビュッシー:〈ゴリウォークのケーク・ウォーク〉
ガーシュイン:〈3つのプレリュード〉〈ラプソディ・イン・ブルー〉
以下続く……。

アンコールの曲はテンポのいい明るい曲が続くね。よっぽど本人はご機嫌だな。
私はドビュッシーの「子どもの領分〈ゴリウォークのケーク・ウォーク(ゴリウォッグのケークウォーク)〉」が好き。
ちゃらっちゃらっちゃ・ちゃらっちゃちゃ・ちゃららら・ちゃららら・だん!

一部のピアノ曲はこちらのサイトで試聴できます。
ピアノレパートリーガイド
楽器メーカー「ヤマハ(YAMAHA)」の関連サイト。
クラシック音楽のピアノ曲を検索し、無料で曲を試聴できます。一部の曲は譜面を表示。
93人の作曲家、622タイトル・2202にも及ぶ楽章および小作品から縦横無尽に検索できます。



次回は5月25日発売のN0.11。1ヵ月後です。

あらすじは続きで。

続きを読む "番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:6(第6回)感想"

| | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

モリコロパーク(愛知)アイスショー「THE ICE(ザ・アイス)」2010年7月24日・25日開催決定

真夏の氷上祭典2010 THE ICE(ザ・アイス)
(中京テレビ/公式サイト)

2007年から毎年開催されているアイスショーです。今年で4回目。
愛知万博会場跡地の「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」のアイススケート場で行われるので通称「モリコロショー」。
愛知県の地元選手(シニア・ジュニア・ノービス)と海外スケーターが共演。
アットホームな雰囲気のショーで人気があります。
2008年、2009年はカナダのジェフリー・バトル選手と浅田真央選手のペア演技が話題になりました。

イベント◆真夏の氷上祭典2010 OLYMPUS presents THE ICE(ザ・アイス)
開催日時◆2010年 7月24日(土)・7月25日(日)
     両日とも12:30開演/16:30開演 全4回公演
会 場◆愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内 アイススケート場(愛知県長久手町)

主催:中京テレビ放送、IMG 
主管:愛知県スケート連盟 
後援:(財)日本スケート連盟、愛知県、(財)愛知県都市整備協会
特別協賛:オリンパスイメージング株式会社

※中京テレビは名古屋のローカルテレビ局。後日、愛知ローカルでショーの放映あり。
※IMGはスポーツ選手のマネージメント会社。浅田選手らが所属。

《出演スケーター(第一弾)》
・浅田真央 ・浅田舞 ・小塚崇彦 ・長洲未来
・メリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイト

後日、追加選手発表あり。



チケット予約は、詳しくは公式サイトにて
【スペシャルシート先行予約】
特別席とSS席の3列目までのスペシャルシート限定先行予約
4月26日(月)10:00~ 4月28日(水)18:00

【一般先行予約】
4月29日(木・祝)10:00~4月30日(金)18:00

| | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

川原由美子「ななめの音楽」#7感想〈ネムキ2010/5〉

「ななめの音楽 -SCHRAGE MUSIK-」 #7 Fairy Tale - Airy Veil
川原由美子(40ページ)
ネムキ 2010年 05月号 [雑誌]』朝日新聞出版(2010/04/13)

〔「ななめの音楽」第7話あらすじ〕

香椎のパイロットでアイドルの久永まな希は、レースの合間に、海中でホエールウォッチング(クジラ観察)の撮影の仕事をする。クジラに近づきすぎて潜水装置が浸水し、危うくおぼれそうになる。

光子が仮眠を取る間、遊んでいるようにと、表紙にペンがセットされている本がこゆるに渡される。光子が眠る間、空の上で眠るお姫様を夢想するこゆる。
こゆるがぼんやり夢見ている間に起き出した光子は、ショートブレッドを焼いていた。光子の作ったショートブレッドがいまひとつだったので、こゆるが同じ材料で美味しく作り直す。自分の作ったお菓子で光子やラウラが笑顔になって、こゆるも喜ぶ。

まな希の回想。人気アイドルグループ「フェアリールール」から卒業させられ、香椎のパイロットの仕事で海外に流される。不本意な今の状況に気落ちしつつ、格納庫の飛行機のコックピットに座る。整備士に声をかけられ、コーヒーとショートブレッドをいただきながらお喋りする。まな希はグリーゼの子たち(光子とこゆる)がパイロット席で何を見ているのか興味があると言う。
帰り際、格納庫の隅にヴェールをかぶった女の子の人形を見つけて少し驚くまな希。それでも、整備員と話をして多少元気が出たらしい。


今回のメインはまな希。
外国で飛行機のパイロットの仕事は自分の希望ではなかった。しかし、ホエールウォッチングの仕事で地球を体感する不思議な感覚を得て、空の上のパイロットの気持ちを知りたくなり、光子やこゆるに興味を持つ。
地上では得られない感覚には自分も興味ありますね。

こゆるの見た夢は、男の人には光子先輩のことはつかまえられない、あの人を理解できるのは自分だけという独占欲の表れか。

光子とこゆるが作った「ショートブレッド(shortbread)」はバターをたっぷり使ったさっくりしたクッキーの一種。光子いわく、スピットファイア以外のイギリス製品で唯一好きなもの。
小麦粉(薄力粉)・バター・塩・砂糖という、いつでも家庭にある材料で作れます。

ショートブレッド|料理&おやつ10000レシピ オレンジページnet

サブタイトルの「Fairy Tale - Airy Veil」。「おとぎばなし、空気のようなヴェール」。

過去の感想まとめページ
「ななめの音楽 -SCHRAGE MUSIK-」川原由美子@夏貸文庫

| | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

『乙女の日本史』堀江宏樹・滝乃みわこ〈東京書籍〉

乙女の日本史
堀江宏樹(文)・滝乃みわこ(イラスト・まんが)
出版社: 東京書籍 (2009/7/25)
四六判ソフトカバー224P(本文2色カラー)

神話時代から昭和時代までの日本の歴史を、乙女目線で読み直す歴史読本。
かっこよくてちょっと情けない男たちや、自分の意志で運命に立ち向かう強い女といった女性から見て素敵な人物たちのエピソードを取り上げます。
ラブラブな公式夫婦から妄想男色カップルまで、どんな恋愛話も楽しめる懐の深い人向け。
おじさん向けの歴史本にはあまり出てこない話も多く、欄外のコラムも充実。読みやすい文章で、内容も充実しています。
図版には、少女マンガや青年マンガの名場面、テレビドラマ・映画のDVDパッケージや小説の表紙などを掲載。いい作品をセレクトしています。

| | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

『五月女ケイ子のレッツ!!古事記』マンガで読む日本神話

五月女ケイ子のレッツ!!古事記
作:五月女 ケイ子(そおとめ・けいこ)
発行:講談社 (2008/8/1)
A5判ソフトカバー146ページ

シュールでインパクトのある絵とすっとぼけたつっこみ文章で人気のイラストレーター、五月女ケイ子が『古事記』をコミック化。
イザナギ・イザナミの国作りから神武天皇にいたるまで、日本の神話時代を書き記した歴史書『古事記』上巻のダイジェスト。
適当にアレンジを入れつつ、現代人から見てありえないような場面も原文に忠実に絵にしてみました。
ページの下段スペースに、作者が古事記を漫画化する際に疑問に思った点をとりあげて解説をつけてあります。

自分は神話とか昔話は好きで、天の岩屋戸とかヤマタノオロチとかイナバの白ウサギとか、単品のエピソードはわりと知っていますが、つながった話と認識していませんでした。
海幸彦と山幸彦の話は有名だけど、この兄弟が天孫ニニギノミコトとコノハナサクヤ姫の間に生まれた子どもとは覚えていませんでした。
コミックで一気に読んでみると、日本最初の歴史書『古事記』は天皇家がすごい神様の子孫と主張していることがよく解ります。

▼イザナギ-アマテラス-(略)-ニニギ(天孫)-山幸彦-(略)-神武天皇(初代天皇)

この本を読んで、『古事記』の全てを知ることはできませんが、日本神話に興味を持つきっかけになると思います。

巻末に、実際に出雲大社に取材に行った写真レポート付き。
(お泊りは竹内まりやの実家の老舗旅館「竹野屋」)
「サキタマ火祭り」の古代ファッションも注目。

| | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

TBS『関口宏の東京フレンドパークII』フィギュアスケートオリンピック代表来園4月19日放送予定

バンクーバー五輪の感動を再び!浅田真央、高橋大輔が東京フレンドパークに来園!!
(TBS HOT情報)

2010年4月12日(月)に収録されたTBS『関口宏の東京フレンドパークII』(4月19日放送予定)にフィギュアスケートの現役選手が出演しました。
遊園地のアトラクションを模したスタジオセットで、体を使ったゲームを楽しむ番組です。
2010年4月19日(月)午後7時~8時。TBS系列のテレビ局で放送します。

出演したのはバンクーバーオリンピック代表の浅田真央、高橋大輔、小塚崇彦と、真央の姉の浅田舞。
浅田真央と小塚崇彦は2回目の来園、浅田舞と高橋大輔は初来園。

前回、2009年5月7日放送分では、浅田真央、安藤美姫、織田信成、小塚崇彦が出演しました。
公式ページに前回の収録裏話があります。
「関口宏の東京フレンドパークII」
TOP>来園ゲスト>2009年>2009/5/7放送→クリック

前回はクイズがダメでグランドスラムはならなかったものの、金貨9枚を獲得する大活躍でした。さすが現役トップアスリート。
フィギュア選手たちの仲良しっぷりが気持ちよかったので、今回も楽しみです。

しかし週末はアイスショーで演技して、平日は浅田選手と高橋選手はいろんなテレビ番組にゲスト出演。疲れないか心配です。

| | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

「スターズ・オン・アイス 2010」テレビ東京系で放送

■「スターズ・オン・アイス 2010」
2010年4月11日(日) 夜7時54分~夜9時48分
テレビ東京系列局にて放送

日本と世界ののトップスケーターが東京で夢の共演。
バンクーバーオリンピック、トリノ世界選手権で活躍した現役選手を中心に、期待のジュニア選手から人気のプロスケーターまで豪華なラインナップ。

◆出演スケーター
浅田真央、安藤美姫、鈴木明子 高橋大輔、織田信成、小塚崇彦
荒川静香、本田武史、村上佳菜子 羽生結弦
ジョアニー・ロシェット 申雪&趙宏博 テッサ・バーチュー&スコット・モイヤー
カート・ブラウニング ジェフリー・バトル ほか

◆出演者
【ゲスト】岡崎朋美(98長野五輪女子スピードスケート銅メダリスト)
【解説者】八木沼純子
【実況者】小島秀公(テレビ東京アナウンサー)
【インタビュアー】秋元玲奈(テレビ東京アナウンサー)

スターズ・オン・アイス 2010
(公式サイト)



愛知県では、4月3日開催した「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」の模様を東海テレビで放送。解説は山田満知子コーチ。
「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」東海テレビ
4月11日24:55~25:55(12日午前0時55分~1時55分)

東海テレビ
トップ>週刊番組表

| | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

名古屋フィギュアスケートフェスティバル(2004年~2009年)

「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」は、愛知県スケート連盟主管のエキシビション(フィギュアスケート演技会)。
日本トップスケーターと地元若手選手、ジュニア選手が氷上で演技します。
演技会冒頭に、地元ノービス・ジュニア選手による模範演技でフィギュアスケートの演技を解説したり、小中学生向けのスケート教室を行ったり、一般層にフィギュアスケートを普及させる目的が強い催し。通常のアイスショーのような派手なスポットライト演出なし。
Nagoya Figure skating Festival (Nagoya FSF) figure skating in Nagoya、名フェス、なごフェス
主催/名古屋市教育委員会、中日新聞社、中日スポーツ、東海テレビ放送
主管/愛知県スケート連盟
後援/(財)日本スケート連盟、名古屋市体育協会、名古屋市教育スポーツ振興事業団

開催日、出演者リストをまとめました。

名古屋フィギュアスケートフェスティバル開催日時・出演者情報2004年~2009年@夏貸文庫

続きを読む "名古屋フィギュアスケートフェスティバル(2004年~2009年)"

| | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

フィギュアスケートDAYS〈vol.0〉/2006年オリンピック・世界選手権・世界ジュニア選手権

フィギュアスケートDAYS〈vol.0〉
DAI‐X出版(ダイエックス出版) (2006/05)
A4判 88ページ/オールカラー

フィギュアスケート情報雑誌。
2006年2月のトリノオリンピック、2006年3月のカルガリー世界選手権、リュブリアナ世界ジュニア選手権の結果レポートと日本人選手インタビュー。写真多数。

■トリノオリンピック(2006年)
〈日本女子〉3枠
荒川静香(金)/村主章枝(4位)/安藤美姫(15位)
〈日本男子〉1枠
高橋大輔(8位)

■カルガリー世界選手権(2006年)
〈日本女子〉3枠
村主章枝(銀)/中野友加里(5位)/恩田美栄(12位)
〈日本男子〉1枠
織田信成(4位)

■リュブリアナ世界ジュニア選手権(2006年)
〈日本女子〉3枠
浅田真央(銀)/武田奈也(4位)/澤田亜紀(5位)
〈日本男子〉3枠
小塚崇彦(金)/無良崇人(5位)/柴田嶺(12位)

続きを読む "フィギュアスケートDAYS〈vol.0〉/2006年オリンピック・世界選手権・世界ジュニア選手権"

| | トラックバック (1)

2010年4月 5日 (月)

『君なら翔べる!』佐藤信夫・佐藤久美子/日本フィギュアスケートの歴史

君なら翔べる!―世界を魅了するトップスケーターたちの素顔
佐藤信夫・佐藤久美子
(構成:青嶋ひろの・白石和己)
双葉社 (2005/12)
四六判ソフトカバー254ページ

トリノオリンピック直前に出版されたスポーツノンフィクション。
日本を代表するフィギュアスケートコーチの佐藤信夫・佐藤久美子夫妻が50年近いスケート人生を振り返る。
この本が出た当時は村主章枝、荒川静香、中野友加里、安藤美姫、小塚崇彦らを指導。

夫婦ともに1950年代に大坂でフィギュアスケートを始める。
1960年代の選手時代は練習環境も悪く、指導も手探り、外国の情報が入ってこないなかでオリンピックや世界選手権に出て、演技を世界に認められる。この時代に外国のアイスショーにゲストで呼ばれるってすごいわ。
アマチュア引退後は堤義明氏にすすめられて後輩のオリンピック選手のコーチをはじめる。本格的にコーチの勉強をすると、アメリカ式スケートとヨーロッパ式スケートの流儀の違いに混乱する。シンプルで演技の流れを大切にするスケートがアメリカ流、内容盛りだくさんで細かい技の精度を追求しひとつひとつの技術をきちんとこなすのがヨーロッパ流。
娘の佐藤有香は1994年の世界選手権チャンピオン。しかし子どものときはフィギュアスケートの選手にするつもりはなく、小さい頃に交通事故にあったため安全なスケートリンクにおいていただけだった。放置していたのに自分からフィギュアスケートを練習し、親に少しずつ技を教えてもらい自分でプログラムを作って試合に出る。小学校4、5年になって本格的にレッスンを始めるが、技術よりも精神面に甘えがあってなかなか伸び悩む。小さいうちに精神的に叩いておくことも大事だそうだ。

いろんな人とのつながりが面白い。
ひとりだけ天才がいるより、ライバルになる選手がいたほうが才能を伸ばせるのだね。

| | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

NHKみんなのうた「コンピューターおばあちゃん」に不適切な映像

「みんなのうた」に不適切映像…DVD回収へ(読売新聞) - Yahoo!ニュース

みんなのうた「コンピューターおばあちゃん」について (NHK広報局)

NHKオンライン(公式サイト)

NHKみんなのうたで流された「コンピューターおばあちゃん」のアニメーション映像の背景に女性の尻や胸、下着姿の写真がそれぞれ約0・1秒ずつ映っていることがDVDを見た人の指摘で判明した。
NHKは、映像を手直ししたDVDと古いDVDを交換することにした。

「NHKみんなのうた」で1981年から放映され、現在でも高い人気を誇る「コンピューターおばあちゃん」。
もとはNHKの投稿番組で採用された作品(作詞・作曲:伊藤良一)で、小田啓義の編曲でコスミック・インベンションが歌ったのがオリジナル。
1981年12月から「NHKみんなのうた」で別バージョンが放映される。坂本龍一がプロデュース・編曲・全ての演奏を担当し、酒井司優子(さかいし・ゆうこ)(東京放送児童合唱団)の歌ったものに、アニメーションがつけられた。

30年ぐらい前のアニメってわりとこういうお遊びが多かったよね。
子ども向けアニメでお姉さんのお色気シーンとか、サブミナル映像としてわざと関係ない絵を瞬間に仕込んだり。
今は簡単に画像を分析できるからすぐ見つかっちゃって大変だ。当時のスタッフも覚えていないんじゃないの。指摘があった以上放置するわけにもいかんしね。
映像確認できないかYouTube探したらNHKに削除されていたわ。

「コンピューターおばあちゃん」 歌詞 HMV-UtaTen(HMVうたてん)

| | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »