« 2006年小泉総理主催「桜を見る会」に高校時代の浅田真央選手と小塚崇彦選手 | トップページ | 「謎」(作画:高野文子/原作: ウォルター・デ・ラ・メア)/『モンキービジネス』 »

2010年5月12日 (水)

『素直な心が才能を伸ばす!』山田満知子(名古屋のフィギュアスケートコーチ)

素直な心が才能を伸ばす!―だれでも結果は出せる
山田満知子〈青春出版〉(2007/04/05)
四六判ハードカバー/208P

伊藤みどり、小岩井久美子、恩田美栄、中野友加里、浅田舞、浅田真央といった世界レベルのトップスケーターを育てた「名古屋の名伯楽」、フィギュアスケートコーチ山田満知子さんのエッセイ。
コーチとしての教育方針と日常生活を中心に、過去の教え子たちの思い出を交えながら語ります。

強化型でなく普及型のコーチをライフワークとする山田コーチ。お母さんたちを巻き込んで、スケート馬鹿の成績第一の選手より、心が素直で愛される選手に育てることを勧めています。小さな子が懸命に努力する感動があるからコーチ家業が辞められないって、楽しそうです。

国際大会ではコーチやシャペロン(世話係)と選手が別のホテルに宿泊することもあるそうです。ノービスの頃から海外遠征の多い今のフィギュアスケートの選手は、小学生の子どもたちだけでホテルに泊まるから幼馴染で仲良くなるのね。

選手たちの話では特に、手元に引き取って育てた伊藤みどりさんと、出版当時話題の浅田真央さんについて詳しく述べられています。

スケートに専念させるためにみどりさんを満知子先生の家に引き取ったとき、満知子先生にはみどりさんと同い年の実の娘さんがいました。周囲からは娘さんとだんなさんがかわいそうと心配されましたが、娘さんがおっとりした性格で親の愛情を他人に取られても満足していたようで心が軽くなりました。もう娘さんは結婚されて家を出て、二人お子さん(満知子先生のお孫さん)がいらっしゃるそうです。

真央ちゃんと舞ちゃんは満知子先生から離れて2006年8月にアメリカ・ロサンゼルス郊外に練習拠点を移しました。その頃、名古屋でスケートリンクが相次いで閉鎖して練習場所が減ったこと、語学の勉強のため、満知子先生がリンクで転倒して体調を悪くしたこともあり、先生から浅田家のお母さんに提案したそうです。当時としてはそれが最良の案と考えたのでしょうが、その後の彼女たちの練習拠点やコーチの問題を考えると、無理したように感じてしまいます。



この本とは別の話ですが、中日新聞のデータベースで、伊藤みどりさんが堤義明氏から経済的援助を受けた経緯を読みました。

みどりが小学校1年生のときに両親が離婚。お母さんが三人兄妹(兄・みどり・妹)を引き取って女手一つで育てていました。

みどりがスケートが上達し、国際大会に出るようになると遠征費用などが格段にかかるようになります。所属クラブの保護者らに寄付(カンパ)を募ったりしていましたが、それも心苦しくなってきました。
そこでスケート好きな西武鉄道グループの堤義明氏に経済的援助を頼み込もうと、満知子先生の幼馴染の小塚嗣彦氏(小塚崇彦選手の父親)に橋渡しを頼みました。嗣彦氏は早稲田大学のスケート部で堤氏の後輩にあたり、学生時代から世話になり、大学卒業後は西武鉄道グループの国土計画に就職していました。
1982年3月、大須のリンクで12歳のみどりを見た嗣彦氏はみどりの才能に驚きました。その年の晩秋、嗣彦氏はホッケー日本リーグ観戦に品川のスケート場に来た堤義明氏にみどりのことを報道した記事などを集めて見せて、援助を約束してもらいました。
人のつながりって大事ですね。つか、小塚家の日本フィギュアスケートへの影の貢献がすごいわ。

◇関連記事
フィギュアスケートの伊藤みどりが堤義明から経済的援助を受けた経緯〈右月左月〉

また別の話。スポーツ選手の人名事典で、伊藤みどりさんのお兄さんを見つけました。
伊藤裕幸(いとう・ひろゆき)。インラインスケート選手。もとはアイスホッケーをやっていましたが小柄でトップリーグに入れなくて、インラインスケートに転向したそうです。

|

« 2006年小泉総理主催「桜を見る会」に高校時代の浅田真央選手と小塚崇彦選手 | トップページ | 「謎」(作画:高野文子/原作: ウォルター・デ・ラ・メア)/『モンキービジネス』 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/48337582

この記事へのトラックバック一覧です: 『素直な心が才能を伸ばす!』山田満知子(名古屋のフィギュアスケートコーチ):

» 『素直な心が才能を伸ばす!―だれでも結果は出せる』 山田満知子・著 | 浅田真央、伊藤みどりを育てたコーチの珠玉の教えの数々 [23:30の雑記帳]
女子フィギュアスケート界では、 世界でまだ4人しか跳べたことがないという 超高難度技、トリプルアクセル。 (トーニャ・ハーディング、伊藤みどり、 中野友加里、浅田真央) ハーディングを除く3人が、この人の 生徒だったというのだからすごい。 本書に....... [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 09:38

« 2006年小泉総理主催「桜を見る会」に高校時代の浅田真央選手と小塚崇彦選手 | トップページ | 「謎」(作画:高野文子/原作: ウォルター・デ・ラ・メア)/『モンキービジネス』 »