« 欧米の女性の名前「Cosima(コジマ/コージマ)」 | トップページ | フィギュアスケートの新シーズン(2010/2011)開幕 »

2010年6月30日 (水)

番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:78(第8回)感想

番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:8(第8回)
二ノ宮知子(30ページ)
『Kiss (キス) 2010年 7/10号 [雑誌] No.13』講談社(2010/6/25)

(前回記事)
番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:7(第7回)感想

最新刊『のだめカンタービレ(24) (KC KISS)』(AKT:1~5収録)

〈感想〉
千秋、実際にオペラの指揮の現場に立って、予想以上の困難さに焦っています。
「いつもヴィエラ先生すぐ傍で聴いていたのに、
 自分が指揮台に乗るだけでのんなに違うのか!?」

落ち込んでいたところをのだめのボケにひっかきまわされて、うまくいかなかった時代を思い出した千秋は再浮上しました。
失敗を乗り越えてきた人間は、立ち上がり方を知っているから失敗が怖くなくなるのです。

…………
コンマス(コンサートマスター/第一バイオリンの一番手。オーケストラのリーダー)の座を取り合う清良と高橋。
楽器を演奏するだけでなく、芝居の内容や歌詞のリズムも知らなければならない。
さて、本番はどっちがコンマスになるかな。



次回は7月25日発売のN0.15。1ヵ月後です。
あらすじは続きで。



〈のだめカンタービレ オペラ編 第8回あらすじ〉


千秋の指揮によるオケ練が始まる。
千秋のねちっこい細かい指導でオーケストラのメンバーもひきぎみ。
自分が焦っていること、余裕がないことをを峰やオケのメンバーにに指摘されるがいらだちばかりが募る。
その間、清良と高橋がコンマス争いを繰り広げていた。

オケピ(オーケストラピット)に入っての通し稽古。実際の指揮台に乗って焦りが出て、落ち込んでいる千秋(休憩中)のところに、ミニスカセーラー服姿ののだめがさしいれにやってくる。
のだめとボケつっこみ漫才して、のだめの持ってきたおにぎりを食べて、少し元気が出てきた千秋だった。


|

« 欧米の女性の名前「Cosima(コジマ/コージマ)」 | トップページ | フィギュアスケートの新シーズン(2010/2011)開幕 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/48763019

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:78(第8回)感想:

» みてみてのだめカンタービレ [のだめカンタービレ]
のだめカンタービレについて気になりだしたら止まらない!調べまくって見ました。やはり単純にのだめカンタービレと検索しただけでも結構ヒットしました。その一部を公開番外編「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」AKT:78(第8回 ...〈のだめカンタービレオペラ編第8回あらすじ〉.千秋の指揮によるオケ練が始まる。千秋のねちっこい細かい指導でオーケストラのメンバーもひきぎみ。自分が焦っていること、余裕がないことをを峰やオケのメンバーにに指摘されるがいらだちばかりが...... うるどんで~す:のだめ... [続きを読む]

受信: 2010年7月 9日 (金) 13:08

« 欧米の女性の名前「Cosima(コジマ/コージマ)」 | トップページ | フィギュアスケートの新シーズン(2010/2011)開幕 »