« 改定常用漢字表に加わる196字(挨~脇)と削除される5字 | トップページ | 2010年フィギュアスケート・ISUグランプリシリーズ出場予定選手アサイン »

2010年6月 9日 (水)

東北地方の日本昔話集『聴耳草紙』佐々木喜善(ちくま学芸文庫)

聴耳草紙 (ちくま学芸文庫)
佐々木喜善
筑摩書房(ちくま学芸文庫)(2010/05)
文庫サイズ/558ページ
序文:柳田国男/解説:益田勝実・山下久男・石井正己

著者の佐々木喜善(ささき・きぜん)は日本民族学の父・柳田国男の友人。
柳田に『遠野物語』の元となる遠野地方(岩手県南部)の伝承を語った人物である。
『遠野物語』以後、佐々木は遠野地方の伝承・昔話を掘り起こし、記録し続ける。

『聴耳草紙(ききみみぞうし)』の初版は昭和6年。東京・三元社より刊行。
佐々木の地元の遠野(岩手県南部)から青森・岩手・秋田・宮城各県より採集した東北地方の昔話の集大成。
佐々木が家族や地元の人々から聞き集めた話、友人から報告してもらった話、303話を集約し、183番に分類されている。

世界の民話・昔話@夏貸文庫

日本の民話・昔話@夏貸文庫民話03

日本の伝説・遠野物語/柳田國男@夏貸文庫民話03c

|

« 改定常用漢字表に加わる196字(挨~脇)と削除される5字 | トップページ | 2010年フィギュアスケート・ISUグランプリシリーズ出場予定選手アサイン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/48586850

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方の日本昔話集『聴耳草紙』佐々木喜善(ちくま学芸文庫):

« 改定常用漢字表に加わる196字(挨~脇)と削除される5字 | トップページ | 2010年フィギュアスケート・ISUグランプリシリーズ出場予定選手アサイン »