« 大学スポーツニュース(フィギュアスケート関連) | トップページ | 平成22年度冬季国体(2011年1月開催)フィギュアスケート出場の有力選手 »

2011年1月18日 (火)

『くらのかみ』小野不由美〈講談社ミステリーランド〉

くらのかみ』〈講談社ミステリーランド〉
小野不由美:著
村上勉:装画・挿絵
出版社: 講談社 (2003/7/30)
四六判ハードカバー/340ページ

遺産相続人を決めるために、田舎の旧家に集まった親戚たち。
夏休みの子どもたちは、自分たちの中に紛れ込んだ「座敷童子」と、自分たちの親に危害を加える犯人を探し出すために少年探偵団を結成する。
「行者殺し」のたたりと、「座敷童子」の守りを受ける家。
起きる事件は人ならざるものの怪異なのか、人間の犯行なのか。
犯人探しも引き込まれますが、田舎の屋敷の描写が生き生きしていて、子どもたちと一緒に探検してみたくなります。

少年少女向け書き下ろしミステリー叢書〈ミステリーランド〉の1冊。
人気のミステリー・ホラー小説家が執筆。
子ども向けといっても、大人のミステリ好きでも十分読み応えある内容です。

講談社BOOK倶楽部:ミステリーランド

小野不由美さんは〈十二国記〉シリーズ、「屍鬼」「ゴーストハント(悪霊シリーズ)」などで知られるホラー小説家。
村上勉さんは、佐藤さとるさんの「コロボックル物語」など児童文学の挿絵でおなじみのイラストレーター。

|

« 大学スポーツニュース(フィギュアスケート関連) | トップページ | 平成22年度冬季国体(2011年1月開催)フィギュアスケート出場の有力選手 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/50616724

この記事へのトラックバック一覧です: 『くらのかみ』小野不由美〈講談社ミステリーランド〉:

« 大学スポーツニュース(フィギュアスケート関連) | トップページ | 平成22年度冬季国体(2011年1月開催)フィギュアスケート出場の有力選手 »