« 3月11日の東北地方太平洋沖地震以後のアマゾン物流センター(フルフィルメントセンター)の配送状況 | トップページ | 試合結果◇愛知県フィギュアスケート選手権大会(2011年3月) »

2011年3月16日 (水)

取次から書店への配本(出版物・雑誌・書籍の配送)が隔日に〔東北地方太平洋沖地震〕

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)による混乱の影響で、出版物(雑誌・書籍)の配送が困難な状況になりました。
社団法人 日本出版取次協会は、取次から書店への配本(書籍の配送)を3/16から3/19までの間は、2日に一度の隔日配達とすることに決定しました。それ以降の予定は18日にまた決定するそうです。

社団法人 日本出版取次協会

◇出版物の配送困難の原因
・物資の配送が被災地を優先に手配されていること。
・輸送・配達するためのトラックの燃料(ガソリン)不足。
・計画停電によるコンテナ(鉄道)輸送手段の確保が困難となったことなど。

◇取次会社(とりつぎがいしゃ)とは
一口で言うと、本の問屋・卸売り会社のこと。
出版社と小売書店の中間にあって、書籍・雑誌などの出版物を出版社から仕入れ、小売書店に卸売りする販売会社のこと。
出版取次、取次ともいう。
日本出版取次協会の会員社数は29社(平成22年1月6日現在)
トーハン、日販が出版取次の二大大手。
出版取次全体では100社あまりあるともいわれる。



愛知県では17日、19日、22日の配本とのお知らせを書店店頭で見かけました。

発売日に出ない雑誌やコミックがあるのは残念ですが、数日遅れでも配本していただけるだけ感謝します。
救援活動を最優先とするため、取次から被災地の書店への配達は行わないそうです。
まず必要なのは食料や生活用品と燃料。文化娯楽は後回しです。
1日も早く被災地のライフラインと輸送手段が回復し、日本全国に本がスムーズに行き届くようになりますように。

《関連記事》
3月11日の東北地方太平洋沖地震以後のアマゾン物流センター(フルフィルメントセンター)の配送状況

|

« 3月11日の東北地方太平洋沖地震以後のアマゾン物流センター(フルフィルメントセンター)の配送状況 | トップページ | 試合結果◇愛知県フィギュアスケート選手権大会(2011年3月) »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/51138927

この記事へのトラックバック一覧です: 取次から書店への配本(出版物・雑誌・書籍の配送)が隔日に〔東北地方太平洋沖地震〕:

« 3月11日の東北地方太平洋沖地震以後のアマゾン物流センター(フルフィルメントセンター)の配送状況 | トップページ | 試合結果◇愛知県フィギュアスケート選手権大会(2011年3月) »