« 2011年6月25日(土)テレビ東京◇Eネ!「フィギュアスケートJAPAN OPEN 2011」宣伝番組 | トップページ | 2011年6月23日発売スポーツ雑誌「Number(ナンバー)」フィギュアスケート伊藤みどりのセカンドキャリア(文:野口美惠) »

2011年6月23日 (木)

フジテレビ関東ローカル放送6月26日/フィギュアスケート「ドリーム・オン・アイス2011」

フジテレビにて、フィギュアスケート日本代表エキシビション(アイスショー)「ドリーム オン アイス2011(DOI)」の模様が放送されます。
放送日は公演最終日の6月26日(日)13:00~14:00(1時間)。
DOI公式サイトにて告知(2011.6.21)。
金曜日か土曜日の公演で収録した演技が放送されると思われます。
全国放送ではありません。

番組名:「日曜α」ドリーム・オン・アイス 2011
チャンネル:フジテレビ(関東ローカル)
放送日時:2011年6月26日(日) 13時00分~14時00分
メインキャスター:国分太一、高島彩
解説:荒川静香
実況:鈴木芳彦(フジテレビアナウンサー)

「ドリームオンアイス2011」テレビ放送の告知がフジテレビのサイトにありました。
ドリーム・オン・アイス 2011 - フジテレビ

▽地上波:フジテレビ
2011年6月26日(日)13:00~14:00
メインキャスター:国分太一、高島彩
解説:荒川静香
実況:鈴木芳彦(フジテレビアナウンサー)

▽BS(衛星放送):BSフジ
2011年7月9日(土)19:00~20:55

▽スカチャン:スカパー、ケーブルテレビ
3D ドリームス・オン・アイス2011|スポーツ|スカチャン
(3D映像)
初回放送 7月23日(土) 午後4:00~



昨年は、地上波は公演最終日の昼間にフジテレビ(関東ローカル)で1時間放送。
公演10日後にフジテレビONE(CS)(スカパー、ケーブルテレビなど)で「ドリーム・オン・アイス 2010 」完全オリジナル版(2時間)。
公演から2週間後にBSフジ(衛星放送)「ドリーム・オン・アイス 2010 」(2時間)。
ドリーム・オン・アイス(Dreams on Ice/DOI)2010、フジテレビ・CS・BSで放送予定

フジテレビ
フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト)
BSフジ


「Dreams on Ice 2011 (ドリームオンアイス)」
  ~フィギュアスケート日本代表エキシビション~
(略称:DOI)
公演期間:2011年6月24日(金)・25日(土)・26日(日)全4公演
公演会場:新横浜スケートセンター(神奈川県横浜市)
Dreams on Ice 2011
(公式サイト)

◇ドリームオンアイス2011出演者(予定)6月22日現在
〔男子シングル〕
小塚崇彦/織田信成/羽生結弦/無良崇人/村上大介/田中刑事/木原龍一/中村健人
〔女子シングル〕
安藤美姫/村上佳菜子/鈴木明子/村主章枝/今井遥/庄司理紗/大庭雅/西野友毬
〔ペア〕
高橋成美&マーヴィン・トラン
〔アイスダンス〕
キャシー・リード&クリス・リード
〔シンクロナイズド〕
神宮アイスメッセンジャーズ
[海外ゲスト]
ステファン・ランビエル(スイス)
ナタリー・ペシャラ&ファビアン・ブルザ(フランス)

今年の詳細についてはこちら
2011年6月のアイスショー「Dreams on Ice 2011(ドリームオンアイス)DOI」 (横浜)

チケットぴあ/フィギュアスケートのチケット情報満載!

チケットぴあ

《関連記事》
2011年6月25日(土)テレビ東京◇Eネ!「フィギュアスケートJAPAN OPEN 2011」宣伝番組



フィギュアスケート情報@夏貸文庫

フィギュアスケート関連ニュースサイトリンク@夏貸文庫

日本で行われるアイスショー@夏貸文庫フィギュアスケート

リンク/テレビ放送関連@夏貸文庫

|

« 2011年6月25日(土)テレビ東京◇Eネ!「フィギュアスケートJAPAN OPEN 2011」宣伝番組 | トップページ | 2011年6月23日発売スポーツ雑誌「Number(ナンバー)」フィギュアスケート伊藤みどりのセカンドキャリア(文:野口美惠) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フジテレビ関東ローカル放送6月26日/フィギュアスケート「ドリーム・オン・アイス2011」:

« 2011年6月25日(土)テレビ東京◇Eネ!「フィギュアスケートJAPAN OPEN 2011」宣伝番組 | トップページ | 2011年6月23日発売スポーツ雑誌「Number(ナンバー)」フィギュアスケート伊藤みどりのセカンドキャリア(文:野口美惠) »