« 2005/2006シーズンのフィギュアスケートガイド『オール・アバウ・フィギュアスケート』ぴあMOOK | トップページ | フィギュアスケート/国際B級大会とは »

2011年8月12日 (金)

佐藤信夫『フィギュアスケート入門』1985年改訂新版〔講談社スポーツシリーズ〕

『フィギュアスケート入門』
欧文書名:Figure skating
著者:佐藤信夫
出版社: 講談社〔講談社スポーツシリーズ〕
発売日: 1985年12月 (昭和60年)改訂新版
(初版:1974年(昭和49年))
単行本/A5判変形ソフトカバー: 158ページ横書き
口絵カラー8ページ(世界の名スケーター)
表紙写真:カタリーナ・ヴィット(1985年世界選手権優勝)
裏表紙写真:ナタリア・ベステミアノワ&アンドレイ・ブキン(アイスダンス)
推薦文(カバー見返し):竹田恒徳/佐野稔

フィギュアスケート入門 (講談社スポーツシリーズ)
【アマゾン】

Nobu01




フィギュアスケートインストラクターの佐藤信夫氏が書かれたフィギュアスケートの実技入門書。〔講談社スポーツシリーズ〕の一冊。
初版が1974年(昭和49年)で11年後の1985年(昭和60年)改訂新版が刊行。改訂版では、そのころ人気だったアイスダンスのページが増やされているらしい。

フィギュアスケートの歴史、用具、初歩のスケーティング。シングルスケーティングのコンパルソリー、ジャンプ、スピン。ペアスケーティングとアイスダンスの基本。
とくにシングルスケーティングのコンパルソリーに重点を置いている。
佐藤信夫氏自らがモデルとなって連続写真で実技の見本を見せる(他に女性2人がスケーティングモデル)。
フィギュアスケートの歴史やコラムは往年の名選手の写真も多く掲載され、読み物としても楽しい本。



とうの昔に絶版の本ですが、欲しがっている人は多い。
たまたま刈谷市中央図書館に寄ったら、開架書庫のスポーツ分野の棚にごく普通に並んでいてびっくりしました。「安野光雅の絵本展」目当てで隣の刈谷市美術館に来たついでですが、運がいい。
佐藤信夫氏が世界選手権4位になったとき、外国のスケート雑誌の表紙になったという写真もあってすごく面白い。
佐藤信夫コーチの髪が黒々としている。初版のころの写真とすると1974年。1942年生まれの信夫先生は30歳ぐらい。若いわ。

Nobu02


図書館リンク集(日本図書館協会)
公立図書館・大学図書館などの蔵書検索
古本屋ではあまり見かけませんが、所蔵している図書館は意外とあります。

《関連記事》
安野光雅の絵本展◇刈谷市美術館2011年7月16日~8月28日開催◇ふしぎなえ・旅の絵本



フィギュアスケート情報@夏貸文庫

フィギュアスケート情報雑誌@夏貸文庫

フィギュアスケート関連書籍@夏貸文庫

|

« 2005/2006シーズンのフィギュアスケートガイド『オール・アバウ・フィギュアスケート』ぴあMOOK | トップページ | フィギュアスケート/国際B級大会とは »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/52459400

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤信夫『フィギュアスケート入門』1985年改訂新版〔講談社スポーツシリーズ〕:

« 2005/2006シーズンのフィギュアスケートガイド『オール・アバウ・フィギュアスケート』ぴあMOOK | トップページ | フィギュアスケート/国際B級大会とは »