« 女子フリー滑走順/フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS)2013アメリカ大会(日本時間10月21日5時15分~) | トップページ | 女子シングル試合結果/フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS)2013アメリカ大会(2013年10月18日~20日) »

2013年10月20日 (日)

男子シングル試合結果/フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS)2013アメリカ大会(2013年10月18日~20日)

「スケートアメリカ2013」ISUフィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS) アメリカ大会(第1戦)。
男子シングルの競技結果(総合順位)。

◆フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS)2013アメリカ大会

ISU GP Skate America 2013/Starting Orders / Results (滑走順/競技結果)
(滑走順・競技結果)
採点表(プロトコル)は表右の「Judges Scores (pdf)」にリンク。



《男子総合順位》
1. Tatsuki MACHIDA [JPN] 265.38/SP1・FS1(町田樹)
2. Adam RIPPON [USA] 241.24/SP3・FS3
3. Max AARON [USA] 238.36/SP6・FS2
4. Daisuke TAKAHASHI [JPN] 236.21/SP5・FS4(高橋大輔)
5. Jason BROWN [USA] 231.03/SP2・FS6
6. Takahiko KOZUKA [JPN] 230.95/SP4・FS5(小塚崇彦)
7. Alexander MAJOROV [SWE] 208.72/SP7・FS8
8. Artur GACHINSKI [RUS] 208.16/SP8・FS7



町田樹選手がまさかの覚醒。世界歴代5位の265.38点。
去年までのパーソナルベスト(PB)236.92点(GPS2012中国大会)から一気に30点近く上昇。ぼろぼろだった去年の全日本選手権から、一気に四回転マスターになるとは想像もしなかった。
去年はファイナルの時点で発言がマイナス思考で、自分の言葉に引きずられて実力が出せなくなっていた。
今年は練習を積み重ねた自分に確固たる自信を持ち、発言も前向きで演技もオーラが出ている。
第1戦優勝なら、次の試合で4位以上ならファイナル確定。GPS(グランプリシリーズ)の次の試合が第6戦のロシア大会(11月22日~24日)。それまでに西日本選手権(11月1日~4日)がある。
西日本-ロシア大会-ファイナル-全日本でほぼ2週間隔で公式試合があるけど、やる気がみなぎっているし去年のように失敗はしないでしょう。

高橋大輔選手が236.21点で4位。次のNHK杯で優勝しないとファイナル進出は難しい。
去年は中国杯231.75点→NHK杯251.51点→ファイナル269.40点と20点ずつ伸ばしていたから、今年も何とかなりそうな気がする。ただ、去年よりジャンプの質が落ちているのは確実。得点源の3Aをきちんと跳べるようしないとまずい。

小塚崇彦選手が230.95点で6位。次の中国杯で優勝してもファイナル進出は絶望的。その分、中国杯で全力を出し切ったあと全日本に向けて集中できると考えればいい。
フリーは4Tが2Tになって、3Lz-3T<<(ダウングレード)になったほかは大きいミスがないと思ったけど、意外に点が伸びなかった。演技全体はそれなりにまとまっていたが、ジャンプ構成が去年より難易度を下げている。4回転が1本で3Loを入れていない。SP・FSあわせてセカンド3Tが決まらなかったのも痛い。中国杯までに4回転2本にできるといいが、日数がないな。
とりあえず、FSの衣装が変更されてよかった。シニアに上がったころちょっと披露しただけの衣装らしいから仮衣装だろうけど、薄い色のブラウスという路線は悪くない。全日本までにもっといいブラウスを仕立ててほしい。

ただGPSで230.95点ってそんなに悪い点数じゃない。去年のロシア大会で2位だった小塚選手が229.99点。去年のアメリカ大会3位の町田選手が229.95点。去年のフランス大会で優勝した無良崇人選手が230.68点。去年なら普通にメダルがとれる点数です。
例年グランプリシリーズから本気出すのは日本人選手だけといわれるけど、今年はアメリカ選手も燃えている。アメリカ男子は五輪出場2枠争い。日本より熾烈だわ。

今年はすでに羽生結弦選手と織田信成選手が国際B級大会で総合260点を超えている。無良選手もどこまで伸びるか予想できない。高橋選手も小塚選手もまだ260点超える可能性を持っている。
結局は全日本選手権で表彰台に乗らないとオリンピックには行けない。
町田選手は23歳でまだ一度も全日本3位以内に入ったことがないのが苦しい。他の5人はみんな10代で表彰台に上がっている。



《関連記事》
ISUグランプリシリーズ(GPS)アメリカ大会「スケートアメリカ」(第1戦)大会概要(2013年10月18日~20日)

競技日程/フィギュアスケート国際試合「グランプリシリーズアメリカ大会(第1戦)」2013年10月18日~20日

テレビ放送予定/フィギュアスケートグランプリシリーズ2012アメリカ大会(テレビ朝日・CS・BS)10月19日~21日

2013/2014フィギュアスケートISUグランプリシリーズ(GPS)開催地・日程+日本人選手アサイン

男子ショート滑走順/フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS)2013アメリカ大会(日本時間10月19日8時~)

男子フリー滑走順/フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS)2013アメリカ大会(日本時間10月20日8時~)

|

« 女子フリー滑走順/フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS)2013アメリカ大会(日本時間10月21日5時15分~) | トップページ | 女子シングル試合結果/フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS)2013アメリカ大会(2013年10月18日~20日) »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子シングル試合結果/フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS)2013アメリカ大会(2013年10月18日~20日):

« 女子フリー滑走順/フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS)2013アメリカ大会(日本時間10月21日5時15分~) | トップページ | 女子シングル試合結果/フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPS)2013アメリカ大会(2013年10月18日~20日) »